StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【RICOH】GR IIIx 先行展示 体験レポート

【RICOH】GR IIIx 先行展示 体験レポート

「ワイシャツのポケットに入る超薄型オートフォーカスコンパクトカメラ」というコピーとともに誕生した
「リコーGR1」が発売されてから約25年。GRデジタルシリーズから約15年半。最新の「GR III」が発売されてから約2年半。

そして、まさに青天の霹靂「GR」史上初となる35mm判換算焦点距離40mmとなる「RICOH GR IIIx」の発表。

このニュースはGRユーザーのみならず多くのカメラ好きに衝撃を与えたのではないでしょうか。
「GR」の長い歴史の中でも初めての存在となる「RICOH GR IIIx」の発表。気にならないわけがありません。
実機が先行展示されているリコーイメージングスクエア東京へ早速体験レポートに行ってまいりました。

1996年発売の元祖「RICOH GR1」が傍らに展示されているのも個人的には「ニクい」演出。
「RICOH GR IIIx」だけでなく「GR III」との比較画像も併せて詳細を見ていきたいと思いますので是非ご覧ください。

それではまず「RICOH GR IIIx」のスペックからご紹介いたします。
レンズ構成は焦点距離が変わったことで「GR III」の4群6枚(非球面レンズ2枚)から5群7枚(非球面レンズ2枚)に変更されています。
35mm判換算焦点距離40mm。GRレンズの設計ポリシー「画像処理に頼らずレンズによる光の結像性能を高める」ことにこだわり、歪曲収差補正を前提としたレンズ設計にはせず、コンパクトなボディに収めたということです。
GRのもう一つの個性ともいえる「マクロ」にもこだわり、マクロモードでは40mmながら最短約0.12mという接写機能を実現させています。
さらに「クロップ機能」を使えば50mm、71mmという中望遠の距離まで撮影可能に。「GR III」が35mm、50mmのクロップ機能を持っているため、ここでも差別化がされています。
新機能として「AF時の瞳検出」や「プログラムラインに深度優先(深い)」の追加、カメラ内RAW現像やスマホ・タブレット転送時、画像を自動で小さくするオートリサイズ機能。JPEGの画質調整など様々な機能が追加。今後「GR III」にも機能拡張ファームアップとして反映される機能もあるということです。

それでは次に「RICOH GR III」、「RICOH GR IIIx」の外観比較をご覧ください。と言ってもこうして見るだけでは違いなど全く分かりません。
では一体どこが変わったのかというと

実はこの2つのカメラ、サイズの違いはたった「2mmの厚み」のみ。レンズ構成が変わりレンズ枚数が増えているにもかかわらず、誤差のような違いしかありません。ポケットサイズカメラ「GR」としてのコンセプトは絶対にぶらさない。とでも言うようなメーカーの熱い情熱を感じます。

ただ重量は少しだけ重くなりました。レンズ枚数が増えているのですから仕方のないことです。
そう思ってスペック表を確認してみると「GR III」が約257gに対し「RICOH GR IIIx」は約262g。
そう、たったの5グラムの違いしかありません。

また今回「RICOH GR IIIx」専用のレンズアダプター「GA-2」、テレコンバージョンレンズ「GT-2」が発売されます。

レンズアダプター「GA-2」の電子接点によりテレコンバージョンレンズ「GT-2」を自動検知し、クロップや手ぶれ補正の最適化が行われます。
テレコンバージョンレンズ「GT-2」は3群5枚のレンズ構成で、50mmクロップの状態で識別され、75㎜相当の焦点距離に。71㎜クロップ時は、107㎜相当の焦点距離になります。

そして案内をしていただいたスタッフの方が特に熱く語ってくれたのが「RICOH GR IIIx」専用の40㎜画角相当の外部ファインダー「GV-3」
今までの外部ファインダーはフレームが「4:3」となっていたところを今回「3:2」のフレームに変更。

ファインダーを覗いて撮る派のGRユーザーにとってはとても喜ばしい情報ではないでしょうか。

「GR」の特徴でもあるオリジナルカラーリング。
今回はスタンダードのブラック以外にアクセサリーとしてメタリック仕上げの「ダークグレーカラー」「ブロンズカラー」が販売されます。
写真に写っているのは左から通常仕様の「ブラック」「ダークグレーカラー」そしてご購入キャンペーン先着限定のプレゼントの「オリジナル PURPLEリングキャップ」です。
冒頭の写真でも手に持っているようにPURPLEリングの実物を見てきましたが、想像以上にとてもいい色でした。

スナップにとても適した画角として「焦点距離28mm」を大事にしてきた「GR」。
その「GR」という存在はずっと変わらないもの、ということに安心もしつつ、新しい画角を手に入れた「RICOH GR IIIx」というカメラにまた新たな可能性を感じた今日。そんな「RICOH GR IIIx」の発売が今から楽しみで仕方ありません。

発売予定日は2021年10月1日。只今絶賛ご予約受付中です。
GRを使い続けてきたユーザーはもちろん、40mmという焦点距離の「GR」で興味を持った方もぜひご検討ください。

  






[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:21年09月16日 17時51分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

指定の中古商品にお買い替えなら買取見積額最大15%UP 中古HalloweenSALE

RECOMMEND

PAGE TOP