StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】RX1RM2への衣替え

【SONY】RX1RM2への衣替え

私が衣替えをしようかと考えている機種は、FUJIFILM X100FからSONY RX1RM2です。

コンパクトデジタルカメラから、コンパクトデジタルカメラへ。

APS-Cからフルサイズへ。画素数の違いや使い勝手が異なる両機種。

今回衣替えをする前にお借りして、RX1RM2で試写することが出来ました。

RX1RM2の写真を紹介しつつ、なぜ私が衣替えを検討しているかを綴りたいと思います。

まず第一は、APS-Cフォーマットでの画質に不満を持ち始めたことです。

私は、A3ノビで写真を印刷することが多くあるのですが、APS-Cサイズを印刷すると、粗が気になってしまうことが多くあります。

もう少し細かい部分を鮮明に印刷したいと考えたとき、フルサイズボディへの憧れがありました。

上記の写真も、暗所部分がつぶれてしまいがちですが、RX1RM2ですと繊細な描写をしてくれました。

APS-Cサイズも優秀で、X100Fも良い写りをしてくれますが、A3ノビで印刷すると、どうしても不満が出てしまいます。

次に、ボケ感がフルサイズボディの方が強く出ることです。

両機種はどちらも単焦点レンズ35mm換算35mmのF2。

同じ設定で同じように撮影をしても、センサーの関係上、フルサイズの写真の方がボケ感が強くなります。

ですので、上記の写真の通り、ボケ感の強いより独特な世界観を閉じこめることができます。

最後に、両機種とも重量や大きさが著しく差が出ないことです。

私がコンパクトデジタルカメラを使用する理由は、毎日のちょっとしたことを記録するためです。

ですので、毎日のように持ち歩くため、軽量であることは欠かせない条件です。

X100Fは重量が約469gに対して、RX1RM2は約507g。差はわずか38gほどしかありません。

この差でフルサイズ・高画素機を楽しめるのであれば、買い替えるのも悪くない…。

実際に使ってみて、鞄に閉まっても違和感ない大きさで、毎日愛用ができる機種になってくれるなと感じました。

以上の理由から、RX1RM2に衣替えを検討しています。

ただし、X100Fに少し未練が残っており、実際には衣替えに踏みきれていません。

それは、X100Fのアナログ操作の楽しさが魅力的だからです。

ISO感度・シャッタースピード含めた露出に関する設定を、すべて液晶画面内の操作ではなく、ダイヤルで操作します。

その操る感覚が写真を撮る楽しさをより深めてくれ、私がX100Fを使用する理由のひとつとなっております。

 

そんなアナログ操作を好んでいる私が、果たしてRX1RM2が毎日愛用できる機種になってくれるのか、不安があります。

ですが、やはりフルサイズボディを使用したい…。

両機種ともそれぞれの魅力があり、なかなか衣替えができていない筆者ではありますが、X100Fを使用して2年…そろそろ新しい写真の表現を得るために、前に踏み出してみようかなと思います。



[ Category:SONY | 掲載日時:20年10月02日 11時30分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Jaccs限定60回まで金利0% 商品おすすめコンテンツがLINEで受け取れます

RECOMMEND

PAGE TOP