StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SIGMA】SIGMA fp ×「パウダーブルー」

【SIGMA】SIGMA fp ×「パウダーブルー」

いよいよ発売が迫る『SIGMA fp L』
今回はシグマの現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6.8.0」へのバージョンアップのお知らせにより
『SIGMA fp』でも新カラーモード「パウダーブルー」や「デュオトーン」を使えるようになりました。

そんなわけで早速『SIGMA fp L』ですっかり気に入ってしまった「パウダーブルー」を過去に撮った写真に当ててみました。
街中の昼から夜までの「パウダーブルー」の色の変わりようをご覧ください。

このカラーモードはフレアゴーストのシチュエーションも映えるだろうなぁと思っていましたが予想通りでした。
フレアで柔らかくなった光と「パウダーブルー」の相性は抜群です。

プライベートな写真を撮っているときはこんな写真ばかりかもしれません。
「image」という言葉は色んな像の意味を含みますが、より曖昧なものが好きかもしれません。

陽が傾き始めた時間帯。
「パウダーブルー」の色が混ざりフィルムライクな色に変わってきます。

冒頭の写真よりもやや日が沈む前の時間帯。
夕日の色が青で中和され全体的に「パウダーブルー」の世界観に染まりました。

青に青を重ねる。
もっと真っ青になってしまうかなと思ったので少し予想外の結果に。

隣の女の子の視線が気になりつつもピントはブリキの人形に。
本当はかなり暖色系の照明だったのですが、中和される感じで室内の色が白くなっています。

夜の色にうっすらと青が混じり、ややシネマチックな色調になりました。
自分で調整する色合いではないからこそ、こんな仕上がりも有りだな。と思えました。

——————————————————

というわけで今回はバージョンアップした「SIGMA Photo Pro 6.8.0」で
『SIGMA fp L』に追加された新カラーモード「パウダーブルー」を『SIGMA fp』で現像してみました。

逆光×昼間×パウダーブルーは今後の撮影スタイルに大きな変化を与えてくれるものじゃないでしょうか。
ちょうど写真の時期は7月半ばの夏頃です。
柔らかい日の時間帯もいいですが、ギラギラと輝く太陽の日にどんな写りがするのか今から楽しみです。

『SIGMA fp L』発売に伴い『SIGMA fp』シリーズに注目してみましたが
どちらのカメラを選んでもニューカラーモードは100%楽しめます。
ご自身の使用感に合った『fp』で撮影を楽しんでいただけたらと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  

▼ Kasyapaのレビューも公開中です

674:『SIGMA fp L』

 

▽▽▽今回の機材はコチラ▽▽▽

[ Category:SIGMA | 掲載日時:21年04月14日 18時07分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 新品オリジナルセット
 

RECOMMEND

PAGE TOP