StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【CONTAX】望遠スナップのススメ『Sonnar T*135mm F2.8』

【CONTAX】望遠スナップのススメ『Sonnar T*135mm F2.8』

「鉄道写真家」や「ポートレートカメラマン」など、自分の得意ジャンルを確立して撮影されている方が多いです。
私はまだまだ歴が浅く「これが好き!こういう被写体が得意!」と声を大にして言えるものがないので、もっぱら街頭スナップを撮っています。いつの日か得意ジャンルが見つかるといいな…などと遠い日を見つめているのです。

「スナップに適したレンズ」というと、GRで有名な28mmや準広角35mm、応用の利く標準50mmなどが挙げられることが多いでしょうか。
今回は”望遠スナップのススメ”と題して、お気に入りのレンズ『CONTAX Sonnar T*135mm F2.8 MM』で撮影した少し前の写真を振り返ってみました。

カメラには『FUJIFILM X-H2』をチョイス。APS-Cセンサー機に取り付けることで、フルサイズ換算でおよそ200mmの焦点距離となります。非常に見やすいファインダーでマニュアルフォーカスでもピントの山がつかみすく、すいすいとスナップ撮影を進めることができます。

普段なら広角レンズで撮りに行くのがお約束という撮影スポットにも赴いてみました。あいにくの天気だったためちょっと暗めではありますが、質感というか空気感というのか、どっしりとしたものが伝わってきます。

雨の日は写真を撮るには大変なことが多いですが、雨でなければ撮れないシチュエーションも確かに存在します。水滴の美しさ、傘のカラフルな色合い。そんな事に気付けるのもスナップの魅力です。

日が変わって明くる休日。しっかりと晴れてくれたので用事を済ませるべくお出掛けへ。せっかくなので同じ機材を持っていきました。

目的地の数駅手前で電車を降り、少し足を使って写真を撮ります。しばらく路地を進んだところで気になる神社を発見。森の中、光差す階段に吸い込まれるように向かってみます。決まった場所で決まった被写体を撮るのではなく、歩いていく中でワクワクする場所を見つけて撮ってみる、というのが私は大好きです。

望遠スナップゆえ画面に収められる要素を絞ることになりますが、その中にどれほど自分が「綺麗だな」「格好良いな」と思えるエッセンスを入れられるかが勝負のポイントという気がします。端正な『CONTAX Sonnar T*135mm F2.8 MM』の描写は、そういった撮影者の意図を組んで誇張せずすんなりと馴染ませてくれるような気がします。

二日間にかけて撮ったスナップを振り返ってみました。普段より被写体の魅力にググっと迫ることができる望遠スナップ。次はどんなレンズにしてみようか、今から楽しみです。

[ Category:Carl Zeiss & Voigtlander FUJIFILM | 掲載日時:23年04月08日 10時30分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP