StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【RICOH】GRIIIと訪れる上野・国立科学博物館

【RICOH】GRIIIと訪れる上野・国立科学博物館

関東にようやく訪れた梅雨。
見事なもので、またたく間に天気予報には傘マークが乱立するように。
休日にスナップ撮影を楽しむこともままなりません。

そんな折、久しく訪れていなかった上野の「国立科学博物館」へ行かないかとの誘い。
冷房の効いた屋内で、地球の歴史に思い馳せるのも一興。という事で行って参りました。

「国立科学博物館」には日本の歴史を巡る「日本館」と、地球の成り立ちを学ぶ「地球館」があります。
どちらも見どころが多く、尚且つとっても広い。ゆえに、全てを一日で回るのは至難の業です。
地球館は様々な生き物たちが精巧に再現されており、動物園よりも接写を楽しむことが出来ます。

今回も、相棒は『RICOH GRIII』です。
大好きな「ハイコントラスト白黒」を館内でも炸裂させております。
パキッと描かれたカマキリですが、なんともユーモラスなポージングで面白い一枚となりました。

展示も見事ですが、なにより建物が素晴らしい。建築物としても一級です。
思わず撮りたくなるのはやはり階段ですね。窓から射す光が演出に一役買ってくれています。

上からこちらを見下ろしているラッコ、何でしょう。可愛すぎます。
「垂れラッコ」とでも名付けましょうか、ぽわっとした表情に夢中になってしまいます。

風が吹き抜ける気持ちの良い屋上庭園。ここは私もお気に入りの場所です。
いつか家族が出来たら、子供たちとジュースを飲みながら一家団欒したいな…などとあらぬ想像をしてくつろいでいました。
忙しく飛び回るハチを見つけ、気を付けながらパシャリ。意外と寄っても逃げられないものです。

さて、博物館を後にして遅い昼食を頂きます。
昔、どこかの文献で「寿司は寄るほど旨そうに撮れる」という格言を見かけました。
お店でサッと出して撮れる『RICOH GRIII』は最強の「寿司撮りカメラ」なのかもしれません。

 

この梅雨が終われば、暑い夏がやってきます。
楽しみなような、でも暑いのも大変だなぁと悩ましいような。
無事に迎えることが出来た2021年後半も、気を付けながらカメラライフを送りたいと思います。

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:21年07月03日 14時58分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP