StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【SIGMA】fp L 新カラーモード「パウダーブルー」で4K撮影

SIGMA fpシリーズに高画素モデルとなる『fp L』が登場しました。「fp」で評価を得たコンパクトさはそのままに、フルサイズ機としてはトップクラスとなる約6,100万画素のセンサーを搭載。今回は新たに加わったカラーモード「パウダーブルー」で動画撮影を行いました。早速ですが、作例と共に使用感などのレポートをお届けしたいと思います。
 

使用機材:SIGMA fp L 丨 4K 29.97fps / MOV(ALL-I)

 

今回は内部収録を行いましたが、より本格的な動画撮影を楽しみたい方は、対応の外部レコーダーやSSDを使う事で12bitの情報量を持つRAW形式での収録も可能です。動画も写真同様に「RAW現像」で自分好みの画作りを追求したい、「撮って出し」でメーカーが作り込んだ画を楽しみたいなど、ユーザーによってワークフローが選択できるのがfpシリーズの素晴らしい所。多様化する動画撮影ニーズに見事に応えてくれます。

SIGMA独自のカラーモード「スタンダード」「パウダーブルー」「ティールアンドオレンジ」を同じ設定で撮影してみました。カラーモードによる見え方の違いを見てみましょう。

使用機材:SIGMA fp L + SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS / カラーモード:スタンダード

使用機材:SIGMA fp L + SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS / カラーモード:ティールアンドオレンジ

使用機材:SIGMA fp L + SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS / カラーモード:パウダーブルー

海や空など青色の入る被写体との相性が良く、ハイライト側は柔らかい描写となりました。青の透明感が印象的で様々なシーンで楽しめそうです。
次は夕日のシーンで見比べてみました。

使用機材:SIGMA fp L + SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS / カラーモード:スタンダード

使用機材:SIGMA fp L + SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG DN OS / カラーモード:パウダーブルー

夕日と言えば全体的にオレンジトーンを想像しますが、パウダーブルーで撮影するとガラッと世界観が変わります。今回は風景中心でしたが、試せなかった他のカラーモードでも撮影を楽しんでみたいと思いました。
軽量で日常的に持ち歩けるカメラでありながら、フルサイズセンサーならではの描写を写真と動画、垣根なくシームレスに楽しむことができる一台。おすすめです。

[ Category:SIGMA | 掲載日時:21年04月12日 11時00分 ]
+4

RECOMMEND

PAGE TOP