Select Language

JR東日本鶴見線の旅《国道駅》

[ Category: 乗り鉄(旅/名物関連)|掲載日時:2007年07月04日 18時54分]
21世紀の現代でもなお、いまだ昭和の雰囲気が色濃くだたよう、駅構内の元商用スペース。その昔、鶴見臨港鉄道の旅客駅として開業した当時は「臨海デパート」という名称で雑貨や食料品店が軒を連ねて賑わっていたそうです。国道(こくどう)駅の駅名の由来は、駅の下に国道15号線があるからとか。国道駅自体、戦前の1930年(昭和5年)に開業とのことですが、いまも駅舎には建設当時の構造や意匠がそのまま残っています。(外壁ではグラマンの機銃掃射によるといわれる弾痕を見ることも出来ます。) このような場所も、再開発が激しい首都圏内ではかなり少なくなってしまいました。保存建築のような特別な建物ではないのに、歴史の重みが感じられる、いまや首都圏内では貴重なスポットです。今回は、そのような雰囲気を克明に捉えるべく、あえて大判カメラで撮影に挑んでみました。

使用機材:エボニー45S

駅構内の券売機周辺。
休日の昼間に立ちよりましたが、構内は真っ暗。看板のある店舗もありますが、今も営業されているかはわかりませんでした。奥の旧店舗部分のいくつかは釣り船屋や住居となっているようです。使用機材:ニコンD200+AF-S DXズームニッコール ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)(この項3点とも)
駅舎外観。アーチ型の構造など当時のまま。青い鉄骨はホームの支柱。このとき訪問した限りの印象では、周辺に住まわれている方よりも、見学にみえたと思われる方のほうの人数がはるかに多かった。建築趣味系/鉄道趣味系の方々の隠れた人気スポットだとしても、納得です。 国道駅のホームより。
1996年までは「クモハ12」というクラシックな車両が走っていたとのことですが、現在は、超現代的な205系のみ運行しています。車両だけ、新しすぎて風景から浮いて見えますねぇ。こういった撮影は、やはり一眼レフデジカメが有利ですね。

 JR鶴見線は、川崎と横浜の中間にある鶴見川周辺の臨海工業地帯を走る路線。電車の中に張ってある東京近郊路線図をみると、真ん中の下の方に、短く枝分かれした小さな路線がありますよね。あの、いつかはいってみたいと思わせる奇妙な形をした路線。それが鶴見線です。沿線には、廃線、廃駅跡などもあり、鉄路の魅力が凝縮された路線でもあります。一日もかからず全線全駅乗降制覇ができるので、全線制覇の入門編(?)としても、おすすめ。
 なお、全線制覇挑戦の際のお弁当は、(東芝工場の敷地内にあるため)駅の外に出られないことで有名な「海芝浦駅」付属の公園で、海を眺めながらがグー。(笑

[ Category: 乗り鉄(旅/名物関連)|掲載日時:2007年07月04日 18時54分]

面白いと思ったらコチラをClick!169票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む