Select Language

東京総合車両センター「夏休みフェア」見学記

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2007年08月27日 01時18分]
8月25日、東京都品川区の「JR東日本 東京総合車両センター」で一般公開が行われました。
東京総合車両センターの一般公開は「夏休みフェア」と称し、毎年8月の最終土曜日に行われている人気のイベントです。
今年は今話題の馬インフルエンザの影響で、予定されていた乗馬イベントが中止になるアクシデントもありましたが、最寄りの大井町駅から続く長い行列は大盛況を物語っていました。

東京総合車両センター入口検車中の京浜東北線209系
台車組み立てモーター組み立て
東京総合車両センターは首都圏を走る車両のメンテナンスをおこなっている車両工場(旧大井工場)と山手線の車庫(旧山手電車区)の機能をもっています。
一般公開では普段見られない工場内部の様子や電車の部品を詳しく見ることができます。

車体上げ下ろし実演
車体上げ下し作業の実演を見学。車体持ち上げることによって台車(車輪とモーター部)を外します。
最近の車両は軽量化が進んでいるとはいえ、5分程度で移動完了。
大きな車両が目の前で持ち上がる姿は圧巻なのですが、あっというまの出来事に少々物足りなさも。

山手線地下車両基地車両洗浄装置洗浄線から見る工場
山手線の車庫からの車両洗浄装置体験にも乗車してみました(写真左)。
東京総合車両センター内の山手線の車庫は2階建てになっていて、普段外から見える部分は上層部にあたります。
今回、洗浄体験の為に設けられた乗り場は普段見ることのできない地下層。ここに降りれただけでもテンションがあがります。
そして、ガソリンスタンドにある自動洗車機に似た大きなブラシの中を徐行運転で通り抜けます(写真中)。
ほんの一瞬の出来事なんですが、ものすごい水圧でガラス越しでも腰が引けてしまいます。
洗浄後車庫内を進んでいくと濡れた窓越に昔なつかしい101系の姿を見ることができました(写真右)。

車両展示コーナーには旧型車両から普段乗り慣れた車両が勢揃い!
クモハ12形
いずれもクモハ12形と呼ばれる車両で1930年代に製造され96年まで鶴見線で運用されていました。
60年以上も活躍していたなんて今のステンレス車両では考えられない長寿電車です。

現在首都圏で活躍の車両達
左から中央線E233系、東海道線E231系、横須賀総武快速線E217系、南武線209系。
普段一緒に並ぶことのない組み合わせはある意味新鮮です。
(使用機材:Nikon D200+TAMRON AF17-50mmF2.8XR Di II)

今回、東京総合車両センターに行ったのは実に19年ぶり、当時はまだ山手電車区と大井工場に別れていました(2004年に合併)。
今も昔も子供たちに人気の電車ですが、昔はもっと自由に列車に触れることができた気がします。
安全に配慮すると仕方ないことですが、久しぶりの工場見学で期待が大きかった分残念です。
山手線103系山手線205系と103系
19年前の懐かしい車両を思い出して...
1988年山手電車区にて撮影(使用機材:Nikon F501+AF35-70mmF3.3-4.5S)



[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2007年08月27日 01時18分]

面白いと思ったらコチラをClick!229票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む