マップカメラ鉄道倶楽部

マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > コリドラスの夏休み旅行記(その2)

コリドラスの夏休み旅行記(その2)

こんにちは。コリドラスです。
今回も前回に引き続きコリドラスの夏休み旅行記(その2)として「旭山動物園見学記」を掲載させていただきます。

あまりに有名でご存じの方も多いと思いますが、旭山動物園は北海道旭川市にある日本最北の動物園です。
旭川は北海道第二の都市でラーメンが有名な街ですが、最近では動物園が北海道を代表する観光スポットとなり、さらに多くの観光客が訪れています。

この人気に目をつけたJR北海道は旭山動物園へ向かうお客様のために、今年の4月28日から臨時特急「旭山動物園号」をデビューさせました。
この臨時特急はJR20周年記念として9月30日まで、夏休みと土日祝日を中心に68日間運転しています。
一応(※)、期間限定とのことなので乗ってみました。

※:一応としたのは1998年、青函トンネル開業10周年記念として運転した青函トンネルの「ドラえもん海底列車」を好評につき延長として9年間も続けた前科があるからです。2年目に乗車したときにトンネル内を案内してくださった方が「今回のお客様は2匹目のドジョウです。」と言ったのを今でも覚えています。

旭山動物園号
札幌駅入線の旭山動物園号(写真)。電化されているのにやってきたのは気動車特急キハ183系。
4両編成の車両には、元旭山動物園の飼育係で現在絵本作家のあべ弘士さんのデザインでそれぞれ動物のイラスト
(1号車:ホッキョクグマ、2号車:ライオン、3号車:チンパンジー、4号車:ペンギン)が書かれています。

札幌駅電光表示板動物園号とスーパー宗谷
札幌駅の発車案内板にもペンギンのマーク(写真左)が付きます。
札幌駅で同じ函館本線の特急「スーパー宗谷」と並ぶ(写真右)。
スーパー宗谷は4分後に札幌駅を出発するのですが、途中の厚別駅で豪快に追い抜かれます。
これも過密?ダイヤの合間の臨時特急の悲しさ。
こんなのんびり特急の旅ですが、車内は動物園にちなんだ飾り付けで全く退屈しません。

ペンギン号デッキ部動物園号4号車ペンギン号
ホッキョクグマ(1号車)シマフクロウ(1号車)ライオン(2号車)キリン(2号車)
チンパンジー(3号車)カンガルー(3号車)ペンギン(4号車)アザラシ(4号車)
どうぶつシート乗車証明書
私が乗車したのは4号車のペンギン号。中も外もペンギンだらけ。(写真上段)
一般シートの動物カバー(写真左下)とは別に、各車両に2台づつ計8種類の記念写真用のぬいぐるみシート「ハグハグチェア」(写真中段)が設置されています。車内はこのシートを巡って子供達が大騒ぎ。
また乗車記念にもらえる「乗車証明書」(写真右下)に、車内に設置された記念スタンプを押すために通路には長い行列ができます。

モグモグコーナー誤植?のドア
さらに1号車「ホッキョクグマ号」の車端部にはおやつを食べたりする広場モグモグコーナーがあります。(写真左)
よく見ると乗務員室へ続くドアに誤植?とおもうようなコメントが...。(写真右)
「よりかからないで」が、北海道弁になると「よしかからないで」となるそうです。

さて肝心の旭山動物園。

札幌から旭川まで旭山動物園号で約1時間40分。そこから路線バスに乗り換えて約30分。2時間ちょっとの長旅です。
台風の影響で相変わらずの雨空でしたが、建物の中から見学できる動物も多く、また予想より空いていたので楽に見学できました。
聞けば台風の影響で前日の飛行機の大半が欠航になったため「今年一番空いている日」だったそうです。

ホッキョクグマ1ホッキョクグマのお尻
ホッキョクグマ館の水槽では2匹のホッキョクグマが目の前で元気にじゃれ合って、こんなところまで見せちゃうの?と思うようなポーズをいっぱい見せてくれます。サービス満点!!

水中を飛ぶぺんぎん水中を廻るあざらし
塔を登るおらんうーたんチンパンジーとら
この他にもペンギンのやアザラシ等、たくさんの動物を見ることができます。
他の動物園でもよく見る動物ばかりですが「行動展示」と呼ばれる展示方法は、今まで知らなかった動物本来の動きがよく分かり、とても参考になります。そして、生き生き動く姿に時間を忘れて見入ってしまいます。
気が付けば17mの高さまで登った、オランウータンの周りには300名近い人だかりが...。
さすが今、日本で一番人気がある動物園!納得です。決して近くありませんが一見の価値ありの動物園です。

さて、もう一度鉄道の話しに戻しましょう。

札幌〜旭川間には現在「ホワイトアロー」「ライラック」「オホーツク」「宗谷」「サロベツ」等、数多くの特急が走っていますが、10月1日のダイヤ改正で「ホワイトアロー」と「ライラック」が無くなり「スーパーカムイ」に生まれ変わります。
スーパーホワイトアローSWA(スーパーホワイトアロー)
今月いっぱいで見納めのスーパーホワイトアロー。
変に派手なカタカナとイニシャル表記の切替式カラーLEDヘッドマークがあまり好きになれなかったのですが、これも懐かしいと思う日がくるのでしょうか?

(使用機材:Nikon D200+AFED80-200mmF2.8D(New) & TAMRON AF17-50mmF2.8XR Di II)

written by コリドラス
この記事のカテゴリーは『乗り鉄(旅/名物関連)』です | この記事は2007年09月21日現在の情報です。


2013年02月22日
東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅のすぐ先から地下へ潜るための工事が行われています。 渋谷は「谷」というだけあって凹んだ土地です。地...
この記事を面白いと思った人 270人
2013年02月04日
毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間で運転されます。 かつて利根川を利用した水運の街として賑わった佐原や銚子ですが、巨大アウトレットモー...
この記事を面白いと思った人 252人
2012年11月27日
千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと分かったらもう時間がありません。ラストランを迎える旧型車両を見に行ってきました。 久留里線で活躍し...
この記事を面白いと思った人 247人
2012年09月01日
青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。 蟹田からさ...
この記事を面白いと思った人 238人
2012年08月27日
昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを目指し青森へ向かいました。 もちろん青森への足は東北新幹線の最新型E5系。 飛行機のファースト...
この記事を面白いと思った人 254人
マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > コリドラスの夏休み旅行記(その2)

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号