Select Language

京急電鉄創立110周年記念ラッピング電車(その1)

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2008年02月29日 01時02分]
2月25日、京急電鉄は会社創立110周年の記念日を迎えました。
最近鉄道会社では、記念企画に車両を昔のカラーに戻すのが流行っているらしく、京急電鉄でも1000系車両の2編成を、2種類の旧塗装ラッピングを施し運転を始めました。
京急電鉄のホームページによるとラッピング列車は、昭和26年に登場した赤と黄色のツートンカラーの500形車両をイメージした6両編成と、大正13年に登場した茶色い半鋼製電車のデ51形の塗装をイメージした4両編成の2種類。
前者の赤と黄色のツートンカラーの6両編成は主に京急本線の普通列車として、また後者の茶色い4両編成は主に京急大師線を運転しています。

早速、記念列車を撮りに行くことを決めたものの、調査不足で赤・黄色の本線普通列車の運用(時間)が分かりません。ひとまず簡単に見つかる大師線の茶色い車両を撮りに出掛け、運がよければ赤と黄色も...。と軽い気持ちで神奈川県川崎市へ行って来ました。

案の定、大師線のラッピング列車はすぐに遭遇できました。
ラッピングBの1000系(京急川崎〜港町)
大正〜昭和初期に活躍していた車両塗装をイメージしてラッピングされた1000系。
京急川崎〜港町にて 使用機材:Nikon D200+TAMRON AF17-50mmF2.8XR Di II
港町駅停車中のラッピングB1000系
港町駅停車中のラッピング1000系。 使用機材:Nikon D200+AF-SED80-200mmF2.8D
茶色いラッピング車両は、想像よりも紫が強い感じ。
ドア部分の木製扉柄のラッピングが妙に浮いて見えます。
ラッピングB1000系正面通常1000系正面
ラッピングされた1000系(写真左)と通常カラーの1000系(写真右)
京急川崎~港町にて 使用機材:Nikon D200+AF-SED80-200mmF2.8D

京急大師線(7駅・4.5km)には日中3編成の列車が運用されており、撮影に訪れた日は3編成全てが異なるデザインでした。ちょっと得をした気分です。
通常1000系(川崎大師駅にて)京急1500系
通常カラーの1000系(写真左:川崎大師駅にて)と1500系(写真右;京急川崎~港町にて)

茶色いラッピング列車の撮影後、晴天に誘われて多摩川の土手を散歩。京急本線の鉄橋を目指して歩きました。
目の前の鉄橋をいろんな形式の列車が通過して行きますが、残念ながらもうひとつの赤と黄色のツートンカラーには遭遇できませんでした。
多摩川を渡る京急800系
多摩川を渡る800系 使用機材:Nikon D200+TAMRON AF17-50mmF2.8XR Di II
多摩川を渡る京急新1000系
多摩川を渡る新1000系 使用機材:Nikon D200+TAMRON AF17-50mmF2.8XR Di II

人気の無い土手の上で写真を撮っているのに妙な視線を感じ、辺りを見回してみるとあちらこちらに野良猫が。
野良猫子猫の兄弟
平日の昼間にぶらぶらと...。よっぽど不審に見えたのか、めっちゃ睨まれていました。

京急電鉄は川崎大師への参拝客輸送を目的とした「大師電気鉄道(六郷橋〜川崎大師)」として発足したと記されています。
せっかく川崎まで来たので、昔を振り返る意味で川崎大師にもお参りに行ってきました。
川崎大師大山門川崎大師本殿五重塔と観音像
川崎大師は、成田山新勝寺、高尾山薬王院とともに関東三山と呼ばれ、厄除け大師として有名です。
川崎大師駅を降りてから、参道・仲見世を抜け大山門(写真左)、そして本堂(写真中央)へ。
山門と本堂の間には五重塔(写真右)を見ることができます。
都心に位置しているにも関わらず、この周囲は妙な静けさに包まれています。まさに霊験あらたかという感じでしょうか。

次回はもう一つのラッピング列車に挑戦したいと思います。

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2008年02月29日 01時02分]

面白いと思ったらコチラをClick!159票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む