Select Language

がんばれ銚電

[ Category: 乗り鉄(旅/名物関連)|掲載日時:2006年12月12日 13時17分]
銚子電鉄の悲しい噂を耳にしました。
噂とは、非常に厳しい経営状態から、鉄道車両の検査資金の不足で車両検査が出来ず、年明け早々に運行できる車両が不足し、現行ダイヤでの運行ができなくなるおそれがある。というもの。もしそうなれば運輸局からの運行停止処分も心配されます。
そうなる前にもう一度乗っておこうと思い、先日銚子まで行ってきました。実に20年ぶりに...。

デキ3
Nikon D200 + AFED80-200mmF2.8D(New)

最初に目にした1001系、どこかで見た記憶が...。そう銀座線のお古です。
車内の換気扇は外されていたものの、車内灯が消えた際に点く非常灯の跡がまだ残っていてちょっと懐かしい気分になりました。

総武線のホームの先にある乗り場から停車中の列車に乗り込み車内で1日乗車券「弧廻手形」620円を購入しました。この「弧廻手形」にはぬれ煎餅の引換券が付いています。
ぬれ煎餅は、銚子電鉄資金調達の為の立派な社内事業で、多くの方が銚子電鉄を守るために購入しています。先日までは通信販売で購入も出来たそうなのですが、注文が多すぎて生産が間に合わなくなってしまい、一部の店舗でしか購入できないみたいです。
その人気商品早速、引き換えて食べてみました.....。うっ!しょっぱい....。
でも、さすが醤油の町だけあって、なかなかやみつきになる味です。温かいお茶と一緒ならけっこういけます。

銚子から一つ目の駅「仲ノ町」には車庫があり、日本で一番小さな電気機関車「デキ3」が留置されています。

1001系
Nikon D200 + Tokina AT-X270AF PRO

でも、仲の町駅で一番驚いたのはぬれ煎餅出荷ダンボールの山。在庫豊富なマップカメラのバックヤードもびっくり!ホームも待合室もダンボールだらけで、どこで電車を待ったら良いのかわかりません。ってくらいです。
乗車券とは別に仲ノ町駅の入場券を購入すれば車庫内を見学できます。入場券は懐かしい硬券切符で絵柄が違う2種類あります。

きっぷ

帰りに、ぬれ煎餅を買おう思ったら完売でした。銚子電鉄の駅売店はすぐに売り切れてしまうそうです。なるべく早い時間に購入するか、駅周辺のお土産売場で購入するしかないようです。私はさんざん探して銚子駅の側のコンビニで購入しました。
後日、家の近所の落花生屋さんで銚電ぬれ煎餅発見した時はかなりショックでした。
総武線沿線には購入できる店舗多いみたいです。もしよかったら、一度ご賞味ください。
そして、来年も元気な銚子電鉄が見れる様、陰ながら応援していきたいと思います。

[ Category: 乗り鉄(旅/名物関連)|掲載日時:2006年12月12日 13時17分]

面白いと思ったらコチラをClick!140票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む