Select Language

新しくなった羽田空港

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2010年11月02日 10時45分]
2010年10月21日、羽田空港の新国際線旅客ターミナルが開業しました。
世界の主要都市を結び、深夜便も設定された国際空港は時間を有効に使う上でもとても便利です。また都心から
のアクセスが良い点も忘れてはいけません。
都心と羽田空港を結ぶ2つの路線、京浜急行電鉄と東京モノレールにも国際線ターミナルに隣接した新駅が誕生す
るなど、改良された部分があったので変更前と後の様子を見比べに行ってきました。

まずは京浜急行電鉄。
新駅「羽田空港国際線ターミナル」駅の開業に伴い、今までの「羽田空港」駅が「羽田空港国内線ターミナル」駅
に改名されました。
旧羽田空港
新駅開業前の羽田空港駅。駅名は「羽田空港」。

国際線ターミナル駅 国内線ターミナル駅
これが「羽田空港国際線ターミナル」駅が開業したことによって「羽田空港国内線ターミナル」に変わりました。

羽田空港行き表示のアクセス特急
ただ列車の行先表示は「羽田空港」のまま。
京成電鉄との相互乗入れで成田空港にも乗入れている事から、向かう空港名を明確にする必要があった為と思わ
れます。

国際線ターミナル駅の改札口
新駅の国際線ターミナル駅を降りて、新しい空港内を少し見学してみました。

地下ホームを降りエレベーターで出発ロビーのある3階へ上がると、最初に飛び込んでくるのは、もう一つの空港
アクセスである東京モノレール。
東京モノレールの記念ラッピング
モノレールのホームは出発ロビー階にあるので、フラットな移動だけで済むのは大きな魅力です。窓際に寄れば
モノレールが目の前を通り過ぎてゆきます。
丁度、新駅誕生を記念して花柄にラッピングされた車両がやってきました。

外の景色をよく見てみると、分断されたモノレールの軌道が見えます。
これは新ターミナルに乗り入れるため、軌道のルートを作り直した為なのです。
取り壊し中の旧軌道 軌道の橋脚の色違い
国内線ターミナル方面を見てみると、急カーブをして元の軌道に戻っていく様子が分かります。
軌道を支える橋脚の色が年季の入った部分と、そうでない部分を表していました。

さて空港見学の続き。
国際線出発ロビー 国際線カウンター
高い天井と大きな窓は、自然光を多く取り込みとても開放的なイメージを持ちます。
国際定期便の運用は10月31日からということで、航空各社のカウンターは寂しい限り。
ただターミナルの人出は半端ではありません。ここ数日いろんなニュースで取り上げられていたので、多くの観
光客が訪れているようです。と私もその1人ですが…。

最上階の展望デッキに上がると広大な滑走路を望む事ができます。ここも凄い人。
展望デッキ 国際線ターミナルから望む国内線ターミナル
そして滑走路を挟んだ奥には国内線ターミナルを見ることができました。
肝心の飛行機は、ほとんどが国内線ターミナルに向かってしまいます。
当たり前と言えばそれまでなのですが、もう少し間近で飛行機が見たくなり、列車で国内線ターミナルへ向かい
航空写真にチャレンジしてみることにしました。
スカイツリーとANA
航空写真と呼べるかどうかわかりませんが、まずは建設中のスカイツリーを背景に。

全日空カラー
昔懐かしいカラーの全日空機。

着陸したJAL
タイヤから煙を上げて着陸するシーンなどを楽しむ事ができました。

線路のある列車と違って微妙に走行ルートが変化する飛行機は、なかなか思った構図に収まらない難しさがあり
だんだん撮影にのめりこまれ、あっという間に日没を迎えてしまいました。
逆光で国際線ターミナル
日の短くなった夕方から冬の訪れを感じながら、西日と新しい国際線ターミナルを背景にラストカットで。


使用機材:Nikon D700
     Nikon AF-S ED28-70mmF2.8D
     SIGMA APO150-500mmF5-6.3DG OS HSM

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2010年11月02日 10時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!136票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む