新品カメラ・新品レンズ・中古カメラ・中古レンズ情報!

D300,D700,D3セットアップ例



こんにちは,Nikon AFコーナです。

本日は上級機でありながら普及率の高い思われるD300,D700,D3。
これらの3機種の高性能機である故に複雑な設定の中から,
今回はAFの部分とマイメニュー登録についてオススメ設定をお話ししたいと思います。

撮影時に触れるボタンの振り分けこそD3のみ異なりますが,設定方法は上記3機種とも同じです。
AF設定の部分は至って簡単。三箇所ほど設定をいじり,ボディの操作レバーの位置を変えるくらい。
単純ではありますが,ちゃんと毎回撮影用途に合わせておかないとカメラの力を出し切れません。


①シングルAFサーボ
厳密なピント位置調整ができる静物撮り向けの設定。初期設定ではピントがきっちりと合うまではシャッターが切れません。


ピントを確実に合わせる事を前提としてフォーカスを優先に設定。
ピントが合って初めてシャッターが切れます。


AFロックオンを「しない」だとAFの食いつきが悪い事があるため,ここは「強」に設定。


ここは当然の事ながらシングルAFサーボの「S」に合わせる。


最後はフォーカスエリア設定のつまみをワンポイントフォーカスに合わせる。

上記設定なら自分の意図に合わせ,
マルチセレクターの操作で51点の中からピントを合わせる位置を決められます。


②コンティニュアンスAFサーボ
動体予測追従モード。最初にピントが合った位置から被写体が外れても別の測距点で補足し続けるため,動体撮影向けの設定になります。


まずはAF-C時はレリーズ/フォーカス優先(連写速度を多少犠牲にして,連写の間にピント調整を入れる)
もしくはレリーズ優先(ピントが合っていなくともとにかくシャッターが切れる。秒間8コマ時におすすめ。)


ロックオンを強めると被写体の横の動きには強いものの,一旦外れた時のリカバリーに時間が掛かるため,
とにかく複雑に動くものにはロックオン「しない」を推奨。


ここで設定されるのは最初にピントを合わせた一点の測距点から被写体が外れた時に,
その周りのいくつの測距点を駆使して被写体を追従するです。
51点が良さそうですが点数が増えるほど内部の演算が大変で予測が鈍るためか,
9点を選び,最初にピントを合わせたAFエリアの周りの9点の中に被写体を捕らえ続ける努力をするのが一番精度が高いです。


動体追従にするにはコンティニュアンスAFサーボの「C」に合わせる。


フォーカスエリアは真ん中のダイナミックAFエリアに設定。

上記の設定を基本とし、被写体の動き方に応じてAFロックオンの強弱や,
測距情報を参照する測距点数を変えて対応します。

③3Dトラッキングモード
②をカスタマイズした設定になりますが,最初にピントを合わせた被写体の色情報をカメラが認識し,
51点全てのAFエリアの中の一点がファインダー内で移動して被写体を捕らえつづけます。
奥行きのある移動には対応し切れないところがありますが,横の動きなら結構捉えてくれます。
応用すれば,最初にAFロックしてからカメラを動かして構図を整えたりだとか,
被写体にピントを合わせながら縦位置に持ち替えたりと動き物以外の撮影にも活かせます。


3Dトラッキング時はAFロックオンは「強」をおすすめします。
「しない」や「弱」にすると,すぐに被写体を見失ってしまいます。


ダイナミックAFエリアは「3Dトラッキング」に設定するのをお忘れなく。


こちらの場合もコンティニュアンスAFサーボ「C」に設定。


最後にダイナミックAFエリアに設定。


上記設定はほんとに細かい部分ですが,この細かい違いが撮影時に大きく影響します。続きは次の記事へ

written by マップカメラ_1号店5階
この記事のカテゴリーは『デジタル一眼レフ』です | この記事は2008年10月05日現在の情報です。


2013年07月31日
マップカメラでは店頭、Webで『トレジャーハンティング』を開催中!! SIGMA DP2 α99 Nikon S3リミテッドエディション PENTAX MX-1 RICHO GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO (※こちらはバラでそれぞれ販売している商品です) そして、インターネットからはコチラ! Thanks 19th Anniversary『WEB版トレジャーハンティング』! ポイントが通常1%のところ3%になっている中古商品がWEB上のどこかに隠れています! 商品名についた『◆◆◆』が目印です! ...
この記事を面白いと思った人 132人
2013年07月30日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは まうもと個展「すべてきみに宛てた手紙」 です。 是非足をお運び下さい。
この記事を面白いと思った人 135人
2013年07月30日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは"東京写真教室 Photons***ビギナークラス写真展『colors of life』/蛎崎洋個展『monochord』"です。 是非足をお運び下さい。 日時:平成25年8月27日(火)~9月1日(日) 11:00~19:00(最終日17:00) 会場:渋谷ギャラリールデコ2・3F(受付2F) 渋谷区渋谷3-16-3ルデコビル 電話:03-5485-5188 入場:無料 お問合せ:東京写真教室 Photons*** 写真展広報担当 齊藤大介 E-mail:message2dai@gmail.com...
この記事を面白いと思った人 138人
2013年07月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日は松井洋子写真展「風知草と草雲雀」 をご紹介します。 是非足をお運び下さい。 http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/minigallery/13072603.html
この記事を面白いと思った人 139人
2013年07月25日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日はコニカミノルタプラザ 8月の写真展をご紹介します。 いずれの写真展も入場は無料です。 是非足をお運び下さい。
この記事を面白いと思った人 134人

バックナンバー

  • 2013年07月の記事
  • 2013年06月の記事
  • 2013年05月の記事
  • 2013年04月の記事
  • 2013年03月の記事
  • 2013年02月の記事
  • 2013年01月の記事
  • 2012年12月の記事
  • 2012年11月の記事
  • 2012年10月の記事
  • 2012年09月の記事
  • 2012年08月の記事
  • 2012年07月の記事
  • 2012年06月の記事
  • 2012年05月の記事
  • 2012年04月の記事
  • 2012年03月の記事
  • 2012年02月の記事
  • 2012年01月の記事
  • 2011年12月の記事
  • 2011年11月の記事
  • 2011年10月の記事
  • 2011年09月の記事
  • 2011年08月の記事
  • 2011年07月の記事
  • 2011年06月の記事
  • 2011年05月の記事
  • 2011年04月の記事
  • 2011年03月の記事
  • 2011年02月の記事
  • 2011年01月の記事
  • 2010年12月の記事
  • 2010年11月の記事
  • 2010年10月の記事
  • 2010年09月の記事
  • 2010年08月の記事
  • 2010年07月の記事
  • 2010年06月の記事
  • 2010年05月の記事
  • 2010年04月の記事
  • 2010年03月の記事
  • 2010年02月の記事
  • 2010年01月の記事
  • 2009年12月の記事
  • 2009年11月の記事
  • 2009年10月の記事
  • 2009年09月の記事
  • 2009年08月の記事
  • 2009年07月の記事
  • 2009年06月の記事
  • 2009年05月の記事
  • 2009年04月の記事
  • 2009年03月の記事
  • 2009年02月の記事
  • 2009年01月の記事
  • 2008年12月の記事
  • 2008年11月の記事
  • 2008年10月の記事
  • 2008年09月の記事
  • 2008年08月の記事
  • 2008年07月の記事
  • 2008年06月の記事
  • 2008年05月の記事
  • 2008年04月の記事
  • 2008年03月の記事
  • 2008年02月の記事
  • 2008年01月の記事
  • 2007年12月の記事
  • 2007年11月の記事
  • 2007年10月の記事
  • 2007年09月の記事
  • 2007年08月の記事
  • 2007年07月の記事
  • 2007年06月の記事
  • 2007年05月の記事
  • 2007年04月の記事
  • 2007年03月の記事
  • 2007年02月の記事
  • 2007年01月の記事
  • 2006年12月の記事
  • 2006年11月の記事
  • 2006年10月の記事
  • 2006年09月の記事
  • 2006年08月の記事
  • 2006年07月の記事
  • 2006年06月の記事
  • 2006年05月の記事
  • 2006年04月の記事
  • PAGE TOP

    お問い合わせ

    QA

    フリーダイアル 0120-15-3383

    買取・下取交換に関するお知らせ

    トレードセンター
    03-3342-3383
    受付時間10:30〜20:00

    オンライン査定はこちら

    サービス紹介・よくあるご質問

    当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

    マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
    All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号