Select Language

ほどよい面倒くささは絶妙のスパイス!

[ Category: 文と写真|掲載日時:2010年03月29日 23時00分]


突然ですが、皆さんはピントを合わせるのはお得意ですか?実は私はピントを合わせるのが苦手です。オートフォーカス(AF)があたりまえの時代、「ピントなんてカメラが合わせてくれるんじゃないの?」というご意見もおありでしょうが、デジタル一眼(当然オートフォーカス)で撮る場合でも「本当にこの位置で良いのだろうか?」と、つい何度もフォーカスし直してしまう傾向があります。そのせいでシャッターチャンスを逃す事も数限りなくありました。
なぜフォーカスし直したくなるか考えてみると、なんとか自分の意思をもぐりこませたい!という意識がそうさせるのではないか?という気がします。



最近はレンジファインダー機や銀塩一眼レフで使っていたMFレンズをアダプターを介してマイクロフォーサーズ機に使用する楽しみを知り、どんなレンズでも撮影 → 即デジタルデータという手軽さから本来の機種での撮影よりもそちらでの撮影比率が急上昇。

液晶ビューファインダーの拡大表示機能を使ってのピント合わせは結構時間がかかり、どうしても「じっくり考えて」撮るというスタイルになります。
まず全体の構図を確認し、カーソルをメインの被写体に移動してクローズアップ。念入りにピントを合わせたらシャッターボタン半押しで全体表示に戻し、ボケなども確認してようやくレリーズ、という運びになります。
正直どちらかというと「面倒な」操作性と言えるのですが、この面倒くささこそが、写真に何かを与えているような気がします。

「新宿御苑の寒桜」


LUMIX G1 Leitz Summitar 5cm f2/f2 AE


LUMIX G1 Leitz Summitar 5cm f2/f2 AE


第一に「じっくり考えて」撮っているのであとから見直した場合でも、その写真を撮ったときの状況を比較的良く覚えています。
第二にピントを合わせる対象を自分で選ぶ必要があるので、カメラが決めたのではなく確かに自分の意思で決めたという意識が残ります。
つまり「面倒くささ」が一種の「充実感」に変換されているようです。

「これは何かに似てるな」と考えてみると思い当たるのがマニュアル車でのドライブ。例えばちょっとしたワインディングロードを走る場合の、とあるコーナーでのギアの選択、そこに意味を持たせる事、例えばなぜそこで3速に落とすのか、という事などが「自分の意思で車を操っている」という充実感につながるのに少し似ている気がします。



LUMIX G1 YASHICA ML MACRO 55mm f4/f5.6 AE


LUMIX G1 YASHICA ML MACRO 55mm f4/f4 AE


LUMIX G1 YASHICA ML MACRO 55mm f4/f4 AE


LUMIX G1 YASHICA ML MACRO 55mm f4/f5.6 AE


絞り、シャッター、巻上げなど全てを自分の手で行う銀塩カメラでの撮影をクラッチ操作の必要なマニュアル車の運転だとすれば、マニュアルでピントを合わせるものの絞り優先AEでの撮影であり多くの部分で自動化されているマイクロフォーサーズ機+マウントアダプターでの撮影はマニュアルモード付きAT車のドライブのようなものかもしれません。
それでもそこに自分の意思が入っているという思いこそが撮れた写真への「愛着」につながっているような気がします。
さらに古いレンズを使って撮った場合は「○十年前のレンズで・・・」というロマンティシズムも加味されてさらに「愛着」は深まります。

マイクロフォーサーズ機+マウントアダプターのほどよい「面倒くささ」はなかなか気持ちのよいものです。ふだんは銀塩一辺倒の皆様も、またデジタルオンリーの皆様も、もしよかったら是非体験してみてください。もしかしたら新しい世界がひろがるかもしれません。

LUMIX G1のショッピングはこちら

各社マウントアダプターのショッピングはこちら

[ Category: 文と写真|掲載日時:2010年03月29日 23時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!76票


null

【モノクロ道】その6 暗室でプリントに挑戦!ベタ焼きも♪[2012年08月11日]

モノクロード、それはモノクロ撮影・現像・プリントを極める道・・・! 過去の記事はこちらからどうぞ! ↓ 【モノクロ道】その1 モノクロ始めます!プロローグ 【モノクロ道】その2 モノクロフィルムをつめて撮影! 【モノクロ道】その3 モノクロフィルムで浅草撮影! つづき 【モノクロ道】その4 インタビュー!魅力、カラーとの違いとは 【モノクロ道】その5 ダークレス現像に初...
続きを読む
title

七夕はいつも雨・・・[2012年07月06日]

こんにちは! EC営業グループの岡田です。 明日は7月7日、七夕です。 地方によっては旧暦の7月7日や、月遅れの8月7日に行うところもありますが、 マップカメラのある東京では、おおむね新暦の7月7日に七夕の行事が行われています。 近所の駅にも七夕飾りが出ていました。 七夕といえば、天の川をへだてて暮らす織姫と彦星が一年に一度だけ会える大切な日。 でも、この時期、東京は梅...
続きを読む
title

金環日食のご報告[2012年05月25日]

こんにちは! マップカメラEC営業部の岡田です。 先日の金環日食は、本当にたくさんの方々が見られていたようで、 インターネット上には、素晴らしい写真や動画がたくさんアップされていました。 高倍率のコンパクトデジタルカメラや、スマートフォンで 一眼カメラ顔負けの写真を撮られている方もいらっしゃって、 時代の移り変わりを感じました。 さて、私もご多分に漏れず、眠い目をこすり...
続きを読む
title

世紀の大イベント、金環日食を安全に楽しもう![2012年05月18日]

こんにちは! マップカメラEC営業グループの岡田です。 数日後にせまった5月21日の金環日食ですが、皆様、準備はお済みでしょうか。 まだ、という方も、特別な器具を使わずに、安全に日食を観察する方法をご紹介いたします! どこでも言われていることですが、太陽はとてもまぶしいので、裸眼で直接見てはいけません。 太陽を見た部分の網膜が焼き付いて、いつまでも視界に影が残ったり(日食網...
続きを読む
ツポレフTu-114とジュピター12

ツポレフTu-114とジュピター12[2012年05月02日]

実は雨のシーズンでもある春。撮りに行くぞ!と思ったていたのにどんよりなお天気。仕方がないので机の上に愛用のボディ、レンズを並べてみたら楽しくなってしまい、思わず「テーブルフォト」を撮り始めてしまった、なんてことはありませんか?EC営業グループ パウセカムイです。そんなわけでこの前の休日に撮ったこの写真。激しく後玉の突出したこのレンズは旧ソビエト製35mmf2.8レンズ「Jupiter12」のLマ...
続きを読む