Select Language

第44回:オリンピック報道とカメラ

[ Category: 極私的カメラうんちく|掲載日時:2008年08月20日 00時00分]
オリンピックとカメラには密接な関連がある。

オリンピックといえば世界最大のスポーツイベントであり、その記録や報道を目的として使用される映像機材は数も種類も世界最大級である。オリンピック会場には最新かつ最も信頼性の高い機材が厳選され集結し、またそれらの機材を扱う人々もまた選ばれた人間であり、彼らにとってのオリンピック取材は、それ自体が一つの到達点と呼べるほどのステータスである。
いわば報道関係者なら誰もが色めき立つオリンピックイヤーには、報道需要を見込んだカメラや交換レンズの新製品が発売されることが多い。オリンピックの取材に使用されることは、報道関係者に絶大な宣伝効果を持っているためである。
その宣伝効果は40年も前から実際に利用されてきた。
キヤノンF-1は1971年に発売されたが、その開発の背景にあったのは報道系プロカメラマンの殆どがニコンを使用していた当時の事情であった。当時の報道系プロカメラマンの間ではニコンFこそが絶大な信頼をもって受け入れられていたのである。F-1はニコンFが独占する報道系プロカメラマンのシェアを奪還すべく開発されたと言ってもよいが、F-1がいかに優れた性能であってもいったん出来上がっていたニコンFへの信頼性は厚く、その牙城を切り崩すのは並大抵のことではなかった。
そこでキヤノンがとった戦略がオリンピックを利用することだった。プロ用機F-1の堅牢製と機動性をさらに売り込むべく、当時としては驚異的だった秒間9コマの撮影が可能なF-1高速モータードライブを1972年のミュンヘンオリンピック開催に合わせて開発し、ノーマルタイプのカメラボディやその交換レンズ共々、世界中の報道系プロカメラマンにそのアドバンテージを売り込むことによって、一気に形勢を挽回しようと考えたのである。
さらにその後もオリンピックとキヤノンの関係は続き、モントリオールオリンピック(1976)とレイクプラシッドオリンピック(1980)では、F-1がオリンピック公式カメラに認定され、F-1の外装に大会のシンボルマークが刻印された公式カメラ認定の記念モデルが一般に発売された。さらに後継機のNewF-1になってからもロサンゼルスオリンピック(1984)の記念モデルが発売されている。かくして今では、ニコンとの二枚看板としてあらゆるスポーツイベントの取材風景にキヤノンの一眼レフの姿は欠かせないものとなっている。

一方、ニコンもオリンピックにかける情熱はキヤノンに負けてはいない。
大口径超望遠レンズの象徴である現在の300mmF2.8(サンニッパ)の元祖とも言えるレンズが、札幌オリンピックのスキー競技を撮影するために開発されたのは有名な話である。このレンズの開発によって低分散ガラスの研究と実用化が一気に進んだのである。また時代は遡るが、ニッコールオート時代の400mm~1200mmの超望遠レンズの殆どは東京オリンピックのために開発されたものだという。現代に通じる一眼レフの大口径超望遠レンズラインナップはまさしくこのオリンピックイヤーに産声を上げたのだ。
また、1996年10月に発売されたニコンF5は発売直前の最終試作機が8月のアトランタオリンピックにデモ機として提供されて好評を得たという。見方を変えればF5の発売がアトランタオリンピックに間に合わなかったとも受け取れるが、いずれにせよF5がアトランタオリンピックを照準に開発されたことは間違いない。言ってみれば最終試作機をかき集めても報道系プロカメラマンに使って欲しいほど、オリンピックは新製品の激烈な宣伝場所であると同時に、初めて実戦でその性能が評価される重要な実験場なのである。

しかし、オリンピックは新製品の開発を加速するばかりではない。

1960年代を境にして、報道系プロカメラマンの使用機材の趨勢がレンジファインダー機から一眼レフに移行してきたことはご存知の通りである。ニコンのレンジファインダー機の生産も、1960年頃をピークとして、その後は次第に一眼レフにシフトしてゆくことになる。
レンジファインダー機ニコンS3は1958年に発売されるが、翌年発売される最新鋭一眼レフ「ニコンF」の台頭によって急速にその需要を失い1960年10月にいったん生産を終了する。しかし1964年の東京オリンピックの翌年1965年に限定再生産を行っている。これが有名なS3オリンピック(再生産型)だが、なぜオリンピックの翌年に生産された再生産型S3が「オリンピック」と呼ばれるのかというと、実は東京オリンピックの前年に報道機関向けにレンジファインダー機ニコンSPの再生産が行われており、その時SPに装着されていた新設計のレンズ(50mmF1.4)が後にオリンピックレンズと呼ばれた。そして1965年の再生産型S3にもそれと同じレンズが装着されていたため、「S3オリンピックレンズ付き」と呼ばれるようになったというのが定説である。
ここで重要なのは、オリンピックの前年に既に生産を終了していたニコンSPの再生産があった事である。これは筆者の想像だが、1963年当時既にレンジファンダー機が斜陽となっていたことは確かだが、おそらくは報道系プロカメラマンにも根強いユーザーがいて、オリンピックによってその需要が再び急激に喚起されたのではないだろうか。そしてその熱意がニコンを数年ぶりの再生産へと動かしたのではないかと想像できる。40年以上前の話ではあるが、オリンピックが旧製品の需要を喚起した一例である。新製品の檜舞台としてのオリンピックのもう一つの顔がここにはあった。
そして再生産型のニコンS3は、シドニーオリンピックの開催年の西暦2000年にS3リミテッドとしてもう一度生産されることになる。かつてオリンピックの名を冠したS3にとって、これは単なる偶然ではなかったのかも知れない。

今年の北京オリンピックでは、ニコンD3やD300またD700といった最新型機が大いに活躍したことだろう。またキヤノンからも北京オリンピック開催直前に200mmF2や800mmF5.6といったプロ向けの大口径超望遠レンズが発売され、オリンピック報道に参加している。
オリンピックの会場では、競技者と同様、報道用機材の世界でも熾烈な戦いが今も昔も繰り返されているのである。

[ Category: 極私的カメラうんちく|掲載日時:2008年08月20日 00時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!398票


第55回:デジタル時代のステレオカメラ[2009年09月20日]

液晶モニターであれ、紙であれ、写真は平面で鑑賞するものというのが当たり前の概念である。しかし、フジフイルムから発売されたFinePix REAL 3D W1は3D写真を手軽に撮影ができて、また3D写真の再生も背面液晶でその場で出来るなど、写真の概念さえ大きく書き換えられかねないインパクトを持っている。 FinePix REAL 3D W1が発表されたのは今年3月のPIE(フォトイメージングエキスポ)の会場である。フジフイルムのブース中央にモックアップと試作機が展示されていたのをご記憶の方も多いだろう。 言うまでも無くF...
続きを読む

第54回:大ヒット商品の条件[2009年08月20日]

世に言うヒット商品とは沢山あるが、戦後のカメラ史を紐解いてみると、面白いことにおよそ10年に一度の割合で爆発的なヒット商品が生まれていることがわかる。 ■リコーフレックス III  発売年月:1950年9月  発売時定価:7,300円 二眼レフの定価が3万円前後だった時代に定価7,300円で発売され、爆発的ヒットとなる。カメラの生産台数といえば一機種で数千台が普通だった時代に、当時としては空前の月産1万台を達成した。この大量生産対応のために、ベルトコンベアー方式の生産ラインが導入される。この...
続きを読む

第53回:特殊効果の新時代[2009年05月20日]

アートフィルターを内蔵したオリンパスE-620が人気だ。 アートフィルターの特殊効果は、言ってみればどれも画像処理ソフトがあれば加工が可能なものばかりだが、いかにデジタル画像が加工の汎用性が高いといっても、いざ撮影後の編集環境が万全なユーザーばかりではない。またそういった現状に加え、特殊効果を得ながらも純粋に撮影だけを楽しみたいというユーザーの思惑をうまく捉えたのがアートフィルターだといえる。 アートフィルターは、まさにデジタル世代のために生まれた発想であり、また機能であると...
続きを読む

第52回:駆逐される光学ファインダー[2009年04月20日]

光学ファインダーが駆逐されている。 比較的最近まで、コンパクトデジタルカメラにはフィルムコンパクトカメラのような光学ファインダーが付いていたのを覚えておいでだろうか。往年のコンパクトデジタルカメラには、主に明るい日中の撮影時に液晶モニターが見えづらい場合のために、また長時間液晶モニターを見ながら撮影すると早く電源を消耗してしまうという理由から、現在と同様液晶モニターによるライブビュー撮影も可能な仕様だったにも関わらず、必ずといって良いほど光学ファインダーも付いていた。し...
続きを読む

第51回:ズームレンズあらかると[2009年03月20日]

ズームレンズといえば現在の写真用レンズとして中核的な存在であり、ズームレンズが無ければ写真産業や写真文化はもはや全く成り立たないほどである。現在の交換レンズのラインナップは、特に使用頻度の高い焦点距離領域はズームレンズによって何重にもカバーされている。もちろん単焦点レンズでなければカバーできない領域はある程度残っているにせよ、それもほんの僅かである。また現在、高性能ズームレンズの描写性能は単焦点レンズに匹敵するものとなり、中には単焦点レンズの画質を上回るものさえあるという...
続きを読む