Select Language

第46回:水中から見上げる円形の星空

[ Category: 極私的カメラうんちく|掲載日時:2008年10月20日 00時00分]
一眼レフの交換レンズで、最も画角の広いレンズはフィッシュアイ(魚眼)レンズである。
そのためフィッシュアイレンズは広角レンズの先頭に分類されることが多いが、本来広角レンズとフィッシュアイレンズには決定的な違いがある。広角レンズは文字通り画角が広いレンズを指すが、画面の周辺に至るまで画像の歪み(ディストーション)を徹底的に除去している。一方フィッシュアイレンズは逆に画面周辺のディストーションを大量に残すことで画角を稼いでいる。言ってみれば正確な描写のためにディストーションを取り除くことは、画角を稼ぐ上では不利なのである。そのため焦点距離15mmの超広角レンズの対角線画角が110度程度なのに対して、焦点距離16mmのフィッシュアイレンズの対角線画角は180度である。焦点距離の短い方が画角は広いという法則は、ディストーションがある場合には成り立たない。

現在発売されているフィッシュアイレンズは、唯一シグマから発売されている円周魚眼を除いて、全て対角線魚眼である。対角線魚眼はちょうどフィルムや撮像素子の四隅が最大の画角となるように設計されているので、撮影された画像は四角く切り出されたようになる。これに対して円周魚眼は対角線魚眼に比べてイメージサークルが小さく、四角いフィルムや撮像素子上に日の丸のような円形の画像を結ぶ。両者とも180度の画角は変わらないが、円周魚眼のほうが対角線魚眼では切り捨てられてしまう部分が無い分、写る範囲は広いといえる。しかし円周魚眼はイメージサークルが小さいため、写る大きさ(像倍率)は半分程度になってしまう。
ところでフィッシュアイレンズというと35mm判換算15~16mmの焦点距離で、画角180度のものが殆どだが、実はそればかりとは限らない。最近ではペンタックスやトキナーといったメーカーからは画角が180度~100度のフィッシュアイズームレンズが発売されているし、レンズメーカー製のデジタル専用フィッシュアイレンズは、撮像素子が一番大きいニコン(※1)を基準に設計されているため、他のメーカーのデジタル一眼レフでは180度未満の画角になってしまう。そしてなんと、かつてニコンが発売していたAiフィッシュアイニッコール6mmF2.8Sは、220度の画角を有していたというから驚きである。
(※1)APS-Cサイズクラスの撮像素子において

以前このコラムで、現在のようにデジタル一眼レフ専用レンズが無かった頃、デジタル一眼レフユーザーは超広角ズームを標準ズームとして使用せざるを得なかったという話をしたが、同様の理由で当時はデジタル一眼レフで超広角レンズとして使用できるレンズが存在していなかった。そこで当時多くのデジタル一眼ユーザーが、画角180度を誇るフィッシュアイレンズを、超広角レンズとして何とか利用できないものかと目論んだものである。しかし画角の大半を周辺のディストーションで稼ぎ出すフィッシュアイレンズを、撮像素子の小さなデジタル一眼レフに装着してもディストーションの少ない中心部分しか利用できないため、結果として思ったほどの画角は得られなかったものである。

フィッシュアイレンズの特徴は、周辺画面のディストーションもさることながら、その強烈なパースペクティブ(遠近感)にあるともいえる。近くのものはより大きく、遠くのものはより遠くにあるように写るパースペクティブ効果において、フィッシュアイレンズは超広角レンズよりもさらに強烈な効果をもっている。以前、犬や猫といったペットのポートレートをフィッシュアイレンズで撮影するのが流行したことがあるが、前に出っ張った鼻がことさらに大きく写ったため「鼻デカ写真」などと呼ばれたりもした。これはフィッシュアイレンズの強烈なパースペクティブがあってこその演出効果といえよう。

フィッシュアイレンズの黎明期は一眼レフの黎明期とほぼ同時期である。そして初期の一眼レフ用超広角レンズがそうであったように、当初のフィッシュアイレンズも一眼レフに装着する際には別ファインダーとミラーアップが必要だった。しかし広角レンズと決定的に違うのは、フィッシュアイレンズはレンジファインダー機用として設計されたものを一眼レフ用に転用したものではないことである。一眼レフの黎明期にミラーアップ操作を必要とした広角レンズは、全てレンジファインダー機用のものを転用していたにも関わらず、フィッシュアイレンズは最初から一眼レフ用に設計されていた。そうするとなぜレンジファインダー機用のフィッシュアイレンズが存在しないのかは不明であるが、もしかするとレンジファインダーの視界を遮ってしまうほど大きい、黎明期のフィッシュアイレンズの筐体が原因だったのかも知れない。余談だが、正射影方式を採用した特殊なフィッシュアイレンズとして有名なOP Fisheye-NIKKOR 10mm F5.6もミラーアップを必要とする初期のフィッシュアイレンズであるが、正射影方式を採用するために、一眼レフ用の交換レンズとして世界で初めて非球面レンズを採用したレンズだった。

フィッシュアイレンズの使いこなしは非常に難しいといわれている。余りある画角によって自分の指や足が写真に写り込んでしまうという単純なものから、強烈なディストーションによって何を撮っても同じように見えてしまうという永遠の課題まで難しい理由は様々である。180度もの画角をどう使ったらよいかはすぐには思いつかないが、どうやらその使用目的の多くは天文関連の撮影らしい。オーロラや流星群、天の川など、全天を多い尽くす自然現象を余すところ無く捉える道具となれば、180度の画角は当然必須なものだろう。フィッシュアイの語源は、魚が水中から水上を見上げた景色になぞらえたものだという。水中から見上げると屈折率の関係で水上の景色が円形に見えるのだそうだ。満天の星空を水中から見上げる魚の目に映る景色を想像しながら、秋の夜空をフィッシュアイレンズで撮影するのも、悪くない趣味かも知れない。

[ Category: 極私的カメラうんちく|掲載日時:2008年10月20日 00時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!323票


第55回:デジタル時代のステレオカメラ[2009年09月20日]

液晶モニターであれ、紙であれ、写真は平面で鑑賞するものというのが当たり前の概念である。しかし、フジフイルムから発売されたFinePix REAL 3D W1は3D写真を手軽に撮影ができて、また3D写真の再生も背面液晶でその場で出来るなど、写真の概念さえ大きく書き換えられかねないインパクトを持っている。 FinePix REAL 3D W1が発表されたのは今年3月のPIE(フォトイメージングエキスポ)の会場である。フジフイルムのブース中央にモックアップと試作機が展示されていたのをご記憶の方も多いだろう。 言うまでも無くF...
続きを読む

第54回:大ヒット商品の条件[2009年08月20日]

世に言うヒット商品とは沢山あるが、戦後のカメラ史を紐解いてみると、面白いことにおよそ10年に一度の割合で爆発的なヒット商品が生まれていることがわかる。 ■リコーフレックス III  発売年月:1950年9月  発売時定価:7,300円 二眼レフの定価が3万円前後だった時代に定価7,300円で発売され、爆発的ヒットとなる。カメラの生産台数といえば一機種で数千台が普通だった時代に、当時としては空前の月産1万台を達成した。この大量生産対応のために、ベルトコンベアー方式の生産ラインが導入される。この...
続きを読む

第53回:特殊効果の新時代[2009年05月20日]

アートフィルターを内蔵したオリンパスE-620が人気だ。 アートフィルターの特殊効果は、言ってみればどれも画像処理ソフトがあれば加工が可能なものばかりだが、いかにデジタル画像が加工の汎用性が高いといっても、いざ撮影後の編集環境が万全なユーザーばかりではない。またそういった現状に加え、特殊効果を得ながらも純粋に撮影だけを楽しみたいというユーザーの思惑をうまく捉えたのがアートフィルターだといえる。 アートフィルターは、まさにデジタル世代のために生まれた発想であり、また機能であると...
続きを読む

第52回:駆逐される光学ファインダー[2009年04月20日]

光学ファインダーが駆逐されている。 比較的最近まで、コンパクトデジタルカメラにはフィルムコンパクトカメラのような光学ファインダーが付いていたのを覚えておいでだろうか。往年のコンパクトデジタルカメラには、主に明るい日中の撮影時に液晶モニターが見えづらい場合のために、また長時間液晶モニターを見ながら撮影すると早く電源を消耗してしまうという理由から、現在と同様液晶モニターによるライブビュー撮影も可能な仕様だったにも関わらず、必ずといって良いほど光学ファインダーも付いていた。し...
続きを読む

第51回:ズームレンズあらかると[2009年03月20日]

ズームレンズといえば現在の写真用レンズとして中核的な存在であり、ズームレンズが無ければ写真産業や写真文化はもはや全く成り立たないほどである。現在の交換レンズのラインナップは、特に使用頻度の高い焦点距離領域はズームレンズによって何重にもカバーされている。もちろん単焦点レンズでなければカバーできない領域はある程度残っているにせよ、それもほんの僅かである。また現在、高性能ズームレンズの描写性能は単焦点レンズに匹敵するものとなり、中には単焦点レンズの画質を上回るものさえあるという...
続きを読む