マップカメラ店長がカメラについてアレコレ語る『極私的カメラうんちく』

第50回:閃光装置のなまえ

スチルカメラ用の閃光装置は「フラッシュ」や「ストロボ」または「スピードライト」などと呼ばれる。日本語として通りが良いのは前者の二つのどちらかだが、スピードライトとはカメラをよく知らない人にとってはあまりピンと来ない言葉である。

現在意味するところの「フラッシュ」は、エレクトロニックフラッシュという単語が短縮した言葉だが、元々電気で発光するエレクトロニックフラッシュの登場以前には、フラッシュといえば「フラッシュバルブ」を意味する時代があった。フラッシュバルブとは日本語では「閃光電球」と翻訳され、マグネシウムなどの金属繊維と酸素を電球(バルブ)のような容器に封入し、内部の金属の燃焼によって閃光を得る方式である。フラッシュバルブはその燃焼(発光)時間によってフォーカルプレンシャッター用のFP級、レンズシャッター用のM級に別れ、FP級はフォーカルプレンシャッターの幕の走行時間をカバーするため燃焼時間が長く、M級はレンズシャッターの高速シャッターにも対応するために燃焼時間が短く設計されていた。
ちなみに現在のデジタル一眼レフにも、シャッター速度に「bulb(バルブ)」という、シャッターボタンを押している間はシャッターが開きっぱなしになるポジションがあるが、この呼び方は手動でフラッシュバルブの発光タイミングを測っていたころの名残である。現在のように最適な発光タイミングを自動で制御してくれる「シンクロ接点」の機構がシャッターに内蔵される以前は、シャッターを「bulb」のポジションで全開にしてから、手動のタイミングでフラッシュバルブを発光させていたのである。

フラッシュバルブに対し、エレクトロニックフラッシュはキセノンガスを封入したガラス管による放電現象によって閃光を得るものである。フラッシュバルブは一回の発光ごとにバルブを交換する必要があったが、エレクトロニックフラッシュは何度でも連続して発光が出来るメリットがある。現在私たちは当たり前のようにエレクトロニックフラッシュを便利に使用しているが、初期の製品は大光量の発光になるとコンデンサーへの蓄電に時間が掛かり発光間隔が非常に長かった。また重たい電源を持ち歩く不便から、職人芸のようにすばやくフラッシュバルブを交換していた当時のカメラマンからはむしろ敬遠された時期もあったという。そのため小光量発光はエレクトロニックフラッシュ、大光量発光はフラッシュバルブという使い分けがなされた時期もあったが、エレクトロニックフラッシュの改良とともに光量が大きくなる一方で発光間隔(リサイクルタイム)は短くなり、また外部自動調光などの便利な機能が一般化するにつれてフラッシュバルブの需要は次第に減っていった。

ところでデジタル一眼レフなどのフォーカルプレンシャッター機の仕様書を見ると、シャッター関連の項目に「X接点(えっくすせってん)」や、単に「X=(えっくすイコール)」などと表記されるシャッター速度が記載されているが、ここで言う「X」とはキセノンを意味し、つまりそのカメラでエレクトロニックフラッシュが使用できる最高速のシャッター速度を意味しているのである。X接点はフォーカルプレンシャッターが全開する限界速度であり、その速度は速ければ速いほど有利な撮影条件が得られる。そのためX接点はシャッターの性能を評価する上で非常に重要な要素である。

そして「ストロボ」という呼び方は、元々はアメリカのストロボ・リサーチ社が販売していたエレクトロニックフラッシュの商品名だったが、ホチキスやシャチハタなどと同様、社名が一般名称として使われるようになった例である。かつて1950年代には商標として登録されていたが、現在は失効しており誰が使用してもよい言葉になっている。現在「ストロボ」という呼称は一眼レフメーカーではPENTAXが使用しているが、オリンパス、ソニー、シグマが「フラッシュ」を使用している。面白いのはパナソニックで、汎用の外光オートのPEシリーズには「ストロボ」の呼称を使用しているのに対して、LUMIXの純正アクセサリーでは「フラッシュライト」という言葉を使用している。またキヤノンとニコンでは仲良く「スピードライト」という呼称をそれぞれ使用している。スピードライトには「すぐに光る」という意味があるらしいが、英語表記にするとキヤノンがSPEEDLITE、ニコンがSPEEDLIGHTと微妙に異なっているのは永遠のライバルメーカー同士の意地なのだろうか。

ほぼ同一の機能を持った製品同士が、これほどまでメーカーによって呼称が一致していない例も珍しいと思うが、それぞれの呼称を採用した理由は、またそれぞれのメーカーにあるに違いない。例えて言えば、これも永いカメラの歴史の一端を垣間見ているというべきなのだろうか。

written by ストロベリー小野
この記事のカテゴリーは『極私的カメラうんちく』です | 2009年02月20日

2009年09月20日
液晶モニターであれ、紙であれ、写真は平面で鑑賞するものというのが当たり前の概念である。しかし、フジフイルムから発売されたFinePix REAL 3D W1は3D写真を手軽に撮影ができて、また3D写真の再生も背面液晶でその場で出来るなど、写真の概念さえ大きく書き換えられかねないインパクトを持っている。 FinePix REAL 3D W1が発表されたのは今年3月のPIE(フォトイメージングエキスポ)の会場である。フジフイルムのブース中央にモックアップと試作機が展示されていたのをご記憶の方も多いだろう。 言うまでも無くF...
この記事を面白いと思った人 337人
2009年08月20日
世に言うヒット商品とは沢山あるが、戦後のカメラ史を紐解いてみると、面白いことにおよそ10年に一度の割合で爆発的なヒット商品が生まれていることがわかる。 ■リコーフレックス III  発売年月:1950年9月  発売時定価:7,300円 二眼レフの定価が3万円前後だった時代に定価7,300円で発売され、爆発的ヒットとなる。カメラの生産台数といえば一機種で数千台が普通だった時代に、当時としては空前の月産1万台を達成した。この大量生産対応のために、ベルトコンベアー方式の生産ラインが導入される。この...
この記事を面白いと思った人 370人
2009年05月20日
アートフィルターを内蔵したオリンパスE-620が人気だ。 アートフィルターの特殊効果は、言ってみればどれも画像処理ソフトがあれば加工が可能なものばかりだが、いかにデジタル画像が加工の汎用性が高いといっても、いざ撮影後の編集環境が万全なユーザーばかりではない。またそういった現状に加え、特殊効果を得ながらも純粋に撮影だけを楽しみたいというユーザーの思惑をうまく捉えたのがアートフィルターだといえる。 アートフィルターは、まさにデジタル世代のために生まれた発想であり、また機能であると...
この記事を面白いと思った人 323人
2009年04月20日
光学ファインダーが駆逐されている。 比較的最近まで、コンパクトデジタルカメラにはフィルムコンパクトカメラのような光学ファインダーが付いていたのを覚えておいでだろうか。往年のコンパクトデジタルカメラには、主に明るい日中の撮影時に液晶モニターが見えづらい場合のために、また長時間液晶モニターを見ながら撮影すると早く電源を消耗してしまうという理由から、現在と同様液晶モニターによるライブビュー撮影も可能な仕様だったにも関わらず、必ずといって良いほど光学ファインダーも付いていた。し...
この記事を面白いと思った人 508人
2009年03月20日
ズームレンズといえば現在の写真用レンズとして中核的な存在であり、ズームレンズが無ければ写真産業や写真文化はもはや全く成り立たないほどである。現在の交換レンズのラインナップは、特に使用頻度の高い焦点距離領域はズームレンズによって何重にもカバーされている。もちろん単焦点レンズでなければカバーできない領域はある程度残っているにせよ、それもほんの僅かである。また現在、高性能ズームレンズの描写性能は単焦点レンズに匹敵するものとなり、中には単焦点レンズの画質を上回るものさえあるという...
この記事を面白いと思った人 449人

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号