Select Language



Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:67mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100
Canon EF24-70mmF2.8L II USM

その高い描写性能から、プロ御用達レンズとして愛され続けてきた「Canon EF24-70mm F2.8L USM」が約10年ぶりにリニューアルし生まれ変わりました。旧モデルも優れた性能だったことから、より高画質を実現したという触れ込みに否応なしに期待が膨らみます。

実際に撮影した画像を見れば納得の高画質です。最高画質機の”EOS 5D Mark III”を使用したこともありますが、花の蘂までしっかり描写する驚きの解像力と奥行きを感じる柔らかいボケ味はさすが最新大口径レンズという感じです。




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:35mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100

このモデルチェンジで一番驚いたのは小型軽量化されたその大きさです。13群16枚から13群18枚とレンズ枚数が増えたにも関わらず約15%の軽量化を実現。機材を持ち運ぶにあたっては、やはり軽いに超したことはありません。軽量ボディのフルサイズ機の登場を控えていることもあり、この軽量化は大きな魅力です。




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:28mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:1600

細かい彫刻と木の質感を手前から奥まで実に美しく再現しています。広角側でも枠の直線が真っ直ぐで、画面周辺の収差を改善し画面全域での大幅な画質向上を実現したというのが実感できます。




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100

太陽を入れた意地悪な撮影でも、フレアの発生が良く抑えられている事が分かります。それ以上に驚いたのが逆光にも関わらず、花の色や葉の細かい模様までしっかり描写している事。厳しい条件下でも安定した撮影ができる頼もしさも向上したように感じました。




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100

フードの装着場所もレンズ先端に異動した事で、コンパクトなフードになりました。今までは深さ8cmの大きなフードで、PLフィルターなどの操作に悩まされていましたがこれも解決。使いづらいと感じていた部分を1つ1つ潰していった様な細かい配慮も見られるモデルチェンジです。




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:44mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:800




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:53mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:3200




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:55mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100




Canon EF24-70mmF2.8L II USM 焦点距離:63mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200

雲の隙間から差す僅かな光のトーンから石畳の強烈な反射まで明暗のコントラストが実に美しく、入射した光を上手くコントロールしているのが分かります。低感度から高感度まで光の感度を自在に操られるようになったデジタル時代に相応しい進化ではないでしょうか。



Canon EF24-70mmF2.8L II USM

前モデルの性能が高かったために外観以外の変化を感じづらい印象でしたが、口径の大きさや絞りバネの枚数など細かいスペックの変化によって確かに 描写性能は向上していました。防塵防滴の耐久性の向上に加え、逆光など撮りづらいシーンも安心して使える光学性能は、とても信頼がおけます。 軽量化され持ち運びやすくなったレンズは、その性能の高さから他のレンズの出番をも奪ってしまうのではと心配したくなる頼もしいレンズです。




Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Canon EOS 5D Mark III +EF24-70mm F2.8L II USM




Kasyapaトップへ戻る"


カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:141票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |