StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
908: チャンスへの執着『Canon RF200-800mm F6.3-9 IS USM』

908: チャンスへの執着『Canon RF200-800mm F6.3-9 IS USM』

2023年12月23日

焦点距離:800mm / 絞り:F10 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:8000
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 

焦点距離200mmから800mmをカバーする超望遠ズームレンズ『Canon RF200-800mm F6.3-9 IS USM』をご紹介します。800mm域まで達するのは、フルサイズミラーレスカメラ用AFズームレンズとして世界初。キヤノンが開発した手振れ補正機構「イメージスタビライザー(IS)」を冠するということは、この焦点距離域で手持ち撮影を十分楽しめるのです。ボディー内手振れ補正もあわせればさらに強力な手振れ補正効果を得ることができます。
つい「800mm」のインパクトで望遠端に注目しがちですが、広角端も実はご注目いただきたいのです。200mm側の最短撮影距離は80cmと短く、少し椅子を引けば立ちあがることなくテーブルの上も撮れれるとあれば、いかに幅広く活躍するレンズかわかるというものです。このレンズが重宝するシーンは、野鳥・野生動物、動物園、飛行機、モータースポーツなどすぐに思い浮かびます。例えば野鳥撮影において突然近くの枝に鳥がとまったとしても、取らなければならない距離はわずか80cmですからチャンスを逃しません。レンズ交換していたらシャッターチャンスを逃してしまうでしょう。さらに焦点距離を伸ばしたい場合は、別売りのエクステンダーを使えば1600mmまで拡大できます。エクステンダーがなくても手軽な選択として1.6倍クロップの設定をして1280mm相当にもできます。重さは約2050g、全長約314.1mmと焦点距離800mmとは思えない小型・軽量に仕上がっていることに加え手振れ補正もありますから、携行性・機動力もピカイチなのです。UDレンズ3枚を効果的に配置した11群17枚の新規光学設計により、ズーム全域で色収差を補正し、色にじみの少ない鮮明な描写を実現しています。まさに使い心地も高画質も譲れないハイアマチュアにピッタリな1本です。このレンズが最も活躍する場所のひとつである動物園で手持ち撮影してきました。フォトプレビューをどうぞご覧ください。
 
 

焦点距離:800mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:16000
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
格子の近くに来たサーバルキャット。「RF200-800mm F6.3-9 IS USM」に興味があるのかこちらを見ていたので、瞳が隠れないよう位置を調整してシャッターを切りました。感度16000と決して低感度ではないのですが、サーバルキャットの魅惑的な瞳の模様がしっかり写っています。ぜひクリックしていただき、リサイズしかしていない写真をご覧ください。
 
 

焦点距離:672mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:2500
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 

焦点距離:371mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:10000
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 

焦点距離:600mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:12800
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
大人気のレッサーパンダ。2枚目はアクリル板越しですが、ペロッと出た舌の瑞々しさがよく捉えられていると思います。
 
 

焦点距離:268mm / 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:1600
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 

焦点距離:600mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:10000
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
 

焦点距離:800mm / 絞り:F10 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:5000
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
大きなケージの中、奥の網に取り付けられた巣箱にいるインコ。警戒心が強く近寄ると逃げてしまいましたが、本レンズならば一番奥にいる小さなインコを、インコが安心する距離で撮ることができました。こんなに離れているにも関わらず、くちばしのシワまで写っています。
 
 

焦点距離:200mm / 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:10000
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
親子らしきビーバー。お父さんかお母さんかわかりませんが、手前の大きい方が葉の付いた枝を持ち、子が寄り添って泳いでいます。この後は食事の時間でその様子も可愛らしかったのですが、並んで泳いでいるのもまたよいものです。
 
 

焦点距離:800mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 

焦点距離:500mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:500
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
センダンの実でしょうか。葉がないので青空が背景となり、自然ならではの美しい色合いになりました。
 
 

焦点距離:200mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:25600
使用機材:Canon EOS R3 + RF200-800mm F6.3-9 IS USM

 
すっかり日が暮れて、あっという間に真っ暗になってしまいました。少し都心から離れると街灯が少なく、より光の存在を感じるようになります。暗い道の端に浮かび上がるおしゃれなベンチ。もし標準レンズを持ってきていたらこのアングルでは撮らなかったと思います。本レンズだから切り取れた一枚です。
 
 

チャンスへの執着

メーカーは本レンズを「ハイアマチュア向け」と位置付けていますが、このレンズであればプロこそ使いたいのではないかと思いました。また今回の撮影でEOS Rシステムの優秀さを改めて実感しました。EOS Rシリーズカメラのために作られているのだから当然と言えばそうかもしれませんが、それでもボディとの組み合わせで増幅する「無敵感」と呼びたいもの。それが本レンズにはあるのです。シャッターチャンスを逃さないことに良い意味で「執着」したい方にこそ、このレンズを使ってほしいです。
 
Photo by MAP CAMERA Staff
 

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

先取/下取15%UP 新品アウトレット

RECOMMEND

PAGE TOP