Select Language



Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F10 / シャッタースピード:8秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM


SIGMAのレンズコンセプト「Art」ラインは"芸術的表現を叶える最高の光学性能と豊かな表現力"をベースに開発された高性能モデル。先に発売済みの『A 35mm F1.4 DG HSM』が開放からの繊細な解像力・美しいボケ味で、いわゆる純正レンズキラーとして名を馳せています。この評判の高さをみるにつけ、誰しもが〝次は標準画角の50mmを〟と切望したことでしょう。 そんな要望に沿うように登場した『50mm F1.4 DG HSM』の「Art」ラインモデル(文中ではこの後『A 50mm F1.4 DG HSM』と呼称)は、既存のSIGMA 50mmとは焦点距離・開放F値こそ同じものの、全く異なるレンズ構成で新規設計され、その開発にかける熱意が垣間見えます。こうして我々の前に登場した新時代の50mmは、おおよそ「50mm F1.4」というスペックとは思えないような、ボリュームはありつつもラグジュアリーな風格をまとった重量級レンズ。810gという重量は軽いとは言えない分、描写性能について期待がかかります。 従来50mmといえばガウスタイプをベースとした光学設計のものが多く、近接撮影時ににじみが起きやすいのが〝味〟と言えます。こちらの『A 50mm F1.4 DG HSM』は解像力を重視しつつも、ボケ味とのバランスをとるべく設計がされているそうですが、遠景時においては球面収差を完全補正とし、均整のとれたかっちりとした描写をしてくれます。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

近接での撮影時には球面収差の補正を意図的に和らげ、後ボケのやわらかさを実現しています。 「50mm F1.4」と言えば開放絞り付近のにじみを伴った柔らかい描写と、絞り込んだ際の急激なシャープネス向上で楽しむものが多いですが、この『A 50mm F1.4 DG HSM』に関しては近距離ではボケを重視した柔らかく繊細な描写、遠景では線は細く描きながらも切れ込みを重視といった二面性を持ったレンズに仕上がっているようです。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

こちらは開放F1.4で撮影したカット。ピントを合わせた花弁は開放絞りとしては申し分ないシャープネスに感じます。後ボケを見るためうるさい背景を選択しましたがいかがでしょう。アウトフォーカスの境界に近い部分にはやや煩雑なところも見えますが、後ろに行くほどになだらかなボケ味です。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

50mmという焦点距離はポートレート撮影においてもやはり自然に扱える〝標準画角〟。また、レンズの性能から女性の肌特有のウェットな質感も感じられるように思います。撮られる方からすれば中々大仰なレンズになるでしょうが、撮影者のモチベーションを高めてくれる魅力的なレンズです。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1250 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

旅館の女将さんが毎朝作ってくれるというしじみ汁とこの温泉地域ではおなじみの温泉たまご。さすがにしじみは沈んで見えませんが、まだまだ冷え込みのある春の明け方の空気感が写り込んでくれたように思えます。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

個人の感覚により差異はあれど、50mmと言えばふと目に付いた風景を描いた印象通りに切り取れる万能画角。私も含め、写真を趣味にする人々は欲しいレンズの欲にまみれる日々であると思います。何か一本〝スペシャルなレンズを〟こう思った時にはまずはこの『A 50mm F1.4 DG HSM』がいかがでしょうか?きっとイメージをイメージ以上に。期待を上回る働きを見せてくれることでしょう。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

こちらはひと絞り絞り込んだF2でのカット。明るめの露出もありますが、まだまだ柔らかさを残した落ち着いた描写です。手鞠の編み込まれた糸が、適度な消失感でなだらかにボケれくれます。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

ふとした瞬間を思い通りに切り取る。それを行うにはやや重量級のカメラとの組み合わせでしたが、〝50mm〟という慣れ親しんだ画角が頭を整理してくれ、それを可能にしてくれます。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

画素数やレンズ解像力だけではない、空気感のようなもの。うまく説明ができませんが、そう言ったものが写る機材が世にはあるようです。機材、適切な露出設定、被写体。様々な要素が絡み合い目には見えない要素を写しとめることができるのでしょうか。




Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS-1DX +SIGMA A50mm F1.4 DG HSM

かなりの逆光。シルエット的に描いてみましたが、気になるゴーストも出ておらず引き締まった暗部。逆光性能は良しと言って差し支えないと思います。






新プロダクト・ラインを提唱し、魅力的なレンズ群を提供してくれるSIGMA。今回発売された『A 50mm F1.4 DG HSM』も抜群の高性能を誇る意欲作となっています。もちろん実写性能だけではなく、テイストの異なる外装部材を用いた鏡筒デザインや、AFレンズとしては抜群に操作をしやすい重みのあるピントリング。大口径レンズ使用時はAFの微細なずれも気になりますが、『USB DOCK』を用いて細かく追い込みが可能。試すことは叶いませんでしたが、今回のレンズからはフルタイムMF時の動作、AFからピントリング操作でMFに切り替わるタイミングなども調整が可能。〝SIGMAレンズを使って欲しい〟そんな熱意とこだわりを存分に感じます。



Photo by MAP CAMERA Staff


Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:176票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |