Select Language



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/100秒|ISO:640|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

パナソニックから4K動画が撮影できるネオ一眼スタイルのデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ1000」(以下、FZ1000)が登場した。しかも、ただの超望遠撮影が得意なネオ一眼ではなく、2020万画素の新しい「1.0型イメージセンサー」を搭載している。一般的なコンパクトデジカメに使用されている1/2.3型のイメージセンサーより大きい、1.0型となるとレンズも新設計となる。

搭載されるレンズは35mm判換算25-400mmの光学16倍ズームで、F値は広角端2.8-望遠端4.0と明るい。流石にこれだけの要件を満たすための大口径レンズは鏡筒が太くならざるを得ないが、望遠端400mm F4.0とは思えないほどコンパクトで、特に意識する来なく「普通」に望遠撮影ができてしまう。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


FZ1000は、中級デジタル一眼レフカメラのボディーに等しい重さ約831gで、広角から超望遠まで幅広い撮影範囲をカバーするレンズが搭載されているのだから驚きだ。とは言え、これだけの大きさ重さがあるとデジタルカメラとしての性能も気になる。

まずはこの1.0型のセンサーの性能だが、大型のセンサーという事もありコンパクトデジタルカメラとは全く画質が異なる。具体的にはコンパクトデジタルカメラはノイズリダクションでパサパサになって立体感が失われることが多いのだが、FZ1000はごく普通に写真としての立体感や階調が再現されている。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


1.0型のイメージセンサーと400mm F4レンズの組み合わせは、大型イメージセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラのように大きなボケをもつ写真撮影も可能だ。これは静止画でも動画でも応用することができるため、創作意欲がくすぐられる要素の一つ。

さらにFZ1000の良さを感じられる要素は高速オートフォーカスだ。空間認識AFと専用レンズの組み合わせで発揮されるこの高速オートフォーカスは、広角でも望遠でも迷わずスッ機能する。まるでデジタル一眼レフカメラを使っているかのようなストレスフリー撮影体験ができる。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.3|シャッタースピード:1/20秒|ISO:1600|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


背面にはフリーアングルの液晶モニターとEVF(電子ビューファインダー)がある。フリーアングルの液晶モニターはタッチパネルこそ非搭載だが、細かいオートフォーカスモード設定やマニュアルフォーカスアシスト機能によって快適に撮影が可能だ。EVFの見えは大きく広く見えて使いやすい。今回の撮影ではこのEVFを多用してみたが、大変見やすく使いやすかった。

EVFによる撮影は低速シャッター時でも顔でカメラを固定できるためブレのない撮影が可能だった。もちろん、レンズには光学式手ブレ補正「OWER O.I.S.」が搭載されているため相乗効果でブレの少ない写真撮影となる。ローポジションの撮影ではフリーアングル液晶モニターが役立った。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/800秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.8|シャッタースピード:1/1000秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


FZ1000は、「レンズ」「イメージセンサー(画質)」「高速オートフォーカス」が高いレベルで融合しているのでデジタル一眼レフカメラのサブ機ではなく、ファーストカメラとして十分な価値があるように思う。各種撮影モードとドライブモードが独立したダイヤルとなっているため、現在の設定の視認性の良さと、設定変更が容易な点も良い。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/125秒|ISO:250|露出補正:0|アートフィルター:ジオラマ|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.9|シャッタースピード:1/640秒|ISO:125|露出補正:0|シーンモード:料理|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


本格的な写真を楽しむためのRAW記録も可能な点も紹介しておこう。RAWデータは約22MBと巨大だ。なお、このRAWデータを現像できるようSilky Pixの専用版が付属する。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.7|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000






ミラーレス一眼のような感覚で快適に撮影でき、しかも4K(3840×2160ドット)の高解像度な動画撮影も楽しめる。運動会などのイベントにはこれ一台で静止画も動画も高画質で残せる。そう思うとコストパフォーマンスはかなり高い。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


FZ1000はカメラとしての基礎体力が高く、撮影でストレスを感じることはなかった。しかもそれを裏切らない高画質な静止画と4K動画の美しさが確認できた。この存在は超望遠撮影が得意なネオ一眼というニーズだけではなく、デジタル一眼カメラを脅かすそんな存在になるのではないだろうか。


Photo by MAP CAMERA Staff






Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:112票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |