Select Language



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/100秒|ISO:640|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

パナソニックから4K動画が撮影できるネオ一眼スタイルのデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ1000」(以下、FZ1000)が登場した。しかも、ただの超望遠撮影が得意なネオ一眼ではなく、2020万画素の新しい「1.0型イメージセンサー」を搭載している。一般的なコンパクトデジカメに使用されている1/2.3型のイメージセンサーより大きい、1.0型となるとレンズも新設計となる。

搭載されるレンズは35mm判換算25-400mmの光学16倍ズームで、F値は広角端2.8-望遠端4.0と明るい。流石にこれだけの要件を満たすための大口径レンズは鏡筒が太くならざるを得ないが、望遠端400mm F4.0とは思えないほどコンパクトで、特に意識する来なく「普通」に望遠撮影ができてしまう。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


FZ1000は、中級デジタル一眼レフカメラのボディーに等しい重さ約831gで、広角から超望遠まで幅広い撮影範囲をカバーするレンズが搭載されているのだから驚きだ。とは言え、これだけの大きさ重さがあるとデジタルカメラとしての性能も気になる。

まずはこの1.0型のセンサーの性能だが、大型のセンサーという事もありコンパクトデジタルカメラとは全く画質が異なる。具体的にはコンパクトデジタルカメラはノイズリダクションでパサパサになって立体感が失われることが多いのだが、FZ1000はごく普通に写真としての立体感や階調が再現されている。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


1.0型のイメージセンサーと400mm F4レンズの組み合わせは、大型イメージセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラのように大きなボケをもつ写真撮影も可能だ。これは静止画でも動画でも応用することができるため、創作意欲がくすぐられる要素の一つ。

さらにFZ1000の良さを感じられる要素は高速オートフォーカスだ。空間認識AFと専用レンズの組み合わせで発揮されるこの高速オートフォーカスは、広角でも望遠でも迷わずスッ機能する。まるでデジタル一眼レフカメラを使っているかのようなストレスフリー撮影体験ができる。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.3|シャッタースピード:1/20秒|ISO:1600|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


背面にはフリーアングルの液晶モニターとEVF(電子ビューファインダー)がある。フリーアングルの液晶モニターはタッチパネルこそ非搭載だが、細かいオートフォーカスモード設定やマニュアルフォーカスアシスト機能によって快適に撮影が可能だ。EVFの見えは大きく広く見えて使いやすい。今回の撮影ではこのEVFを多用してみたが、大変見やすく使いやすかった。

EVFによる撮影は低速シャッター時でも顔でカメラを固定できるためブレのない撮影が可能だった。もちろん、レンズには光学式手ブレ補正「OWER O.I.S.」が搭載されているため相乗効果でブレの少ない写真撮影となる。ローポジションの撮影ではフリーアングル液晶モニターが役立った。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/800秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.8|シャッタースピード:1/1000秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


FZ1000は、「レンズ」「イメージセンサー(画質)」「高速オートフォーカス」が高いレベルで融合しているのでデジタル一眼レフカメラのサブ機ではなく、ファーストカメラとして十分な価値があるように思う。各種撮影モードとドライブモードが独立したダイヤルとなっているため、現在の設定の視認性の良さと、設定変更が容易な点も良い。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F4|シャッタースピード:1/125秒|ISO:250|露出補正:0|アートフィルター:ジオラマ|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000



Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.9|シャッタースピード:1/640秒|ISO:125|露出補正:0|シーンモード:料理|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


本格的な写真を楽しむためのRAW記録も可能な点も紹介しておこう。RAWデータは約22MBと巨大だ。なお、このRAWデータを現像できるようSilky Pixの専用版が付属する。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000 絞り:F3.7|シャッタースピード:1/1250秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Panasonic LUMIX DMC-FZ1000






ミラーレス一眼のような感覚で快適に撮影でき、しかも4K(3840×2160ドット)の高解像度な動画撮影も楽しめる。運動会などのイベントにはこれ一台で静止画も動画も高画質で残せる。そう思うとコストパフォーマンスはかなり高い。


Panasonic LUMIX DMC-FZ1000


FZ1000はカメラとしての基礎体力が高く、撮影でストレスを感じることはなかった。しかもそれを裏切らない高画質な静止画と4K動画の美しさが確認できた。この存在は超望遠撮影が得意なネオ一眼というニーズだけではなく、デジタル一眼カメラを脅かすそんな存在になるのではないだろうか。


Photo by MAP CAMERA Staff






Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:117票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |