Select Language




Nikon D750 焦点距離:120mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR

Nikon D750

ニコンからまたまたフルサイズデジタル一眼レフカメラがリリースされました。
新製品『Nikon D750』は、その型番が示すとおり「D610」と「D810」の間に位置するモデルで、「D610」の軽快さと「D810」の高画質がバランスよく調和されています。
今年に入ってすでに3モデル目。ほぼ3ヶ月おきに新製品をリリースするというハイペースから生まれた新製品の実力はいかに。さっそく撮影に出掛けてきました。


Nikon D750 焦点距離:60mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / エフェクト:ハイキー / 使用機材:Nikon D750 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED


「D750」の大きな特徴に、フルサイズ機では初めて可動式液晶モニターを採用している点が挙げられます。
チルト機能を搭載したことでモニター部が厚くなったものの、内部基盤のレイアウトを見直したことによりカメラ自体がとてもスリムになり、全体でも「D610」と比べて約4mm薄くなっているのには驚きます。

早速、チルト機能を利用して秋桜をローアングルから撮影。これもフルサイズ機では初となるエフェクト機能を合わせて使用しました。
逆光を配置しながらの細かな構図調整では、チルト機能がとても重宝しました。
またカメラのスリム化によりグリップ部分がり自然にフィットするようになり、グリップ性能も大きく向上。片手での撮影でもブレを心配せずシャッターを切れるのは大きな魅力です。
逆光で黒く潰れるのをハイキーエフェクトで優しい色に持ち上げる事でカバー。薄紅の花が秋の日だまりに揺れている様子を上手く表現できました。


Nikon D750 焦点距離:55mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


搭載されたセンサーは2432万画素の新開発CMOSセンサー。
ローパスフィルターが採用されているとの事ですが、言われても気づかない見事な鮮鋭感です。
モアレの心配も少ないので静止画はもちろん、動画での用途も広がることでしょう。


Nikon D750 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR



Nikon D750 焦点距離:92mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


オートーフォーカス機能も、最新フラッグシップ機譲りの高スペックです。
動きに強いグループエリアAFが、しっかり被写体を捉えてくれます。
フォーカスポイントがやや中央に寄っている感があるものの、肉眼でさえ定かには見えにくい-3EVの低照度下でもピント合わせが可能になったのは魅力です。


Nikon D750 焦点距離:60mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED


チルト機能によって使いやすくなった液晶モニターは、視認性も向上しています。
「D810」と同等の122.9万ドット、RGBW配列は明るい日中下でもクリアーな画で、被写体の細部まで確認できます。
ローアングルからでも、細い雄しべを何本も持つ彼岸花の狙った所にピントを合わせることができました。


Nikon D750 焦点距離:120mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:400 / エフェクト:ミニチュア効果 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


先にも触れたエフェクト機能。撮影モードダイヤルから、簡単に設定できるのでより気軽に楽しむ事ができます。
フルサイズ機の特徴でもある大きなボケ味をより強調するなど、さらに作品の幅が広がることでしょう。


Nikon D750 焦点距離:52mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


数百メートル離れたビルの展望台より撮影した東京タワー。
ガラス越にも関わらず、タワーの細部までしっかり描写しているのが分かります。
データ容量も加味すれば、使いやすくバランスの取れた解像力と言えます。


Nikon D750 焦点距離:100mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


他にも上位モデル譲りの機能が多数搭載されています。
一眼レフの最大特徴でもあるメインミラーに、フラッグシップ機と同等の多層コートミラーを採用。
ファインダー内でよりニュートラルな色味が確認できます。暗い池の底から浮上してきた鯉の鮮やかな色もしっかり認識できました。
薄い蓮の葉の質感、葉上の水滴の立体感。高精細な画質をファインダー内でイメージできるので、撮影がとても楽しくなります。


Nikon D750 焦点距離:120mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:12800 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


常用での高感度域はISO 12800。
他のモデルと比べると多少物足りなさも感じますが、ISO 12800でこのクリアーな画質なら申し分ありません。
常用域全てを常用できるのは嬉しい限り。これなら拡張域もためらう事無く使用することができそうです。


Nikon D750

四角い接眼部やモードダイヤルから一見「D610」の後継機かと思えた「D750」ですが、使い込むにつれ恩恵を感じる機能の多さに、700番台の名称が付けられた理由が見えてきました。
他にもWi-Fi通信機能の内蔵やフルHDで記録できるHDMI出力など、ライバル社のカメラを相当意識して作られているのが分かる意欲作です。

上位モデルに迫る高画質と多彩機能は、撮影者のイメージを忠実に再現してくれる最強のパートナーになることでしょう。

Photo by MAP CAMERA Staff







Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:137票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む
435:ソニーの最先端技術の結晶『SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM』 435:ソニーの最先端技術の結晶『SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM』 2017年07月30日
焦点距離:16mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM 今回のKasyapaでは、ソニーG Masterレンズシリーズに新たに加わった『SONY FE 16-35mm F2.8 GM』をご紹介いたします。 同じ焦点距離である『Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS』の評判が良かったこともあり本レンズは使う前から期待値がかなり高かったのですが、実際に使用してみると期待...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |