Nikon D750 焦点距離:120mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR

Nikon D750

ニコンからまたまたフルサイズデジタル一眼レフカメラがリリースされました。
新製品『Nikon D750』は、その型番が示すとおり「D610」と「D810」の間に位置するモデルで、「D610」の軽快さと「D810」の高画質がバランスよく調和されています。
今年に入ってすでに3モデル目。ほぼ3ヶ月おきに新製品をリリースするというハイペースから生まれた新製品の実力はいかに。さっそく撮影に出掛けてきました。


Nikon D750 焦点距離:60mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / エフェクト:ハイキー / 使用機材:Nikon D750 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED


「D750」の大きな特徴に、フルサイズ機では初めて可動式液晶モニターを採用している点が挙げられます。
チルト機能を搭載したことでモニター部が厚くなったものの、内部基盤のレイアウトを見直したことによりカメラ自体がとてもスリムになり、全体でも「D610」と比べて約4mm薄くなっているのには驚きます。

早速、チルト機能を利用して秋桜をローアングルから撮影。これもフルサイズ機では初となるエフェクト機能を合わせて使用しました。
逆光を配置しながらの細かな構図調整では、チルト機能がとても重宝しました。
またカメラのスリム化によりグリップ部分がり自然にフィットするようになり、グリップ性能も大きく向上。片手での撮影でもブレを心配せずシャッターを切れるのは大きな魅力です。
逆光で黒く潰れるのをハイキーエフェクトで優しい色に持ち上げる事でカバー。薄紅の花が秋の日だまりに揺れている様子を上手く表現できました。


Nikon D750 焦点距離:55mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


搭載されたセンサーは2432万画素の新開発CMOSセンサー。
ローパスフィルターが採用されているとの事ですが、言われても気づかない見事な鮮鋭感です。
モアレの心配も少ないので静止画はもちろん、動画での用途も広がることでしょう。


Nikon D750 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR



Nikon D750 焦点距離:92mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


オートーフォーカス機能も、最新フラッグシップ機譲りの高スペックです。
動きに強いグループエリアAFが、しっかり被写体を捉えてくれます。
フォーカスポイントがやや中央に寄っている感があるものの、肉眼でさえ定かには見えにくい-3EVの低照度下でもピント合わせが可能になったのは魅力です。


Nikon D750 焦点距離:60mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED


チルト機能によって使いやすくなった液晶モニターは、視認性も向上しています。
「D810」と同等の122.9万ドット、RGBW配列は明るい日中下でもクリアーな画で、被写体の細部まで確認できます。
ローアングルからでも、細い雄しべを何本も持つ彼岸花の狙った所にピントを合わせることができました。


Nikon D750 焦点距離:120mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:400 / エフェクト:ミニチュア効果 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


先にも触れたエフェクト機能。撮影モードダイヤルから、簡単に設定できるのでより気軽に楽しむ事ができます。
フルサイズ機の特徴でもある大きなボケ味をより強調するなど、さらに作品の幅が広がることでしょう。


Nikon D750 焦点距離:52mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


数百メートル離れたビルの展望台より撮影した東京タワー。
ガラス越にも関わらず、タワーの細部までしっかり描写しているのが分かります。
データ容量も加味すれば、使いやすくバランスの取れた解像力と言えます。


Nikon D750 焦点距離:100mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


他にも上位モデル譲りの機能が多数搭載されています。
一眼レフの最大特徴でもあるメインミラーに、フラッグシップ機と同等の多層コートミラーを採用。
ファインダー内でよりニュートラルな色味が確認できます。暗い池の底から浮上してきた鯉の鮮やかな色もしっかり認識できました。
薄い蓮の葉の質感、葉上の水滴の立体感。高精細な画質をファインダー内でイメージできるので、撮影がとても楽しくなります。


Nikon D750 焦点距離:120mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:12800 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S 24-120mm F4G ED VR


常用での高感度域はISO 12800。
他のモデルと比べると多少物足りなさも感じますが、ISO 12800でこのクリアーな画質なら申し分ありません。
常用域全てを常用できるのは嬉しい限り。これなら拡張域もためらう事無く使用することができそうです。


Nikon D750

四角い接眼部やモードダイヤルから一見「D610」の後継機かと思えた「D750」ですが、使い込むにつれ恩恵を感じる機能の多さに、700番台の名称が付けられた理由が見えてきました。
他にもWi-Fi通信機能の内蔵やフルHDで記録できるHDMI出力など、ライバル社のカメラを相当意識して作られているのが分かる意欲作です。

上位モデルに迫る高画質と多彩機能は、撮影者のイメージを忠実に再現してくれる最強のパートナーになることでしょう。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:112票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

370:微細な世界をつかみとるマクロレンズ『CarlZeiss Milvus 50mm F2 M』 370:微細な世界をつかみとるマクロレンズ『CarlZeiss Milvus 50mm F2 M』 2016年07月18日
絞り:F2 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 Milvusシリーズ6本目の本レンズを、待ち焦がれていたお客様も多いのではないでしょうか?今回ご紹介するのは『Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 50mm F2 M』です。 最短撮影距離は24cm。1:2のマクロ撮影を行うことができる本レンズ。開放での近接撮影はなかなかピント合わせがシビアではありましたが、写りはさすがのMilvusシリーズ。ヌケがよく重厚感のある写りが目...
続きを読む
369:唯一無二のミラーレス機『SIGMA sd Quattro』 369:唯一無二のミラーレス機『SIGMA sd Quattro』 2016年07月13日
絞り:F11/ シャッタースピード:30秒 / ISO:100/ 使用機材:SIGMA (シグマ) sd Quattro + A 30mm F1.4 DC HSM CP+2016で初公開された衝撃から約5ヶ月、今回のKasyapaは遂に発売された『SIGMA sd Quattro』をご紹介いたします。近年のシグマはユーザーを驚かすような製品を多く出してきましたが、この『SIGMA sd Quattro』を初めて見た時「ヤバいカメラが出てきた」と久々にワクワクしました。まず驚いたのがsdシリーズがミラーレス機になった事。シグマ製のレンズ交...
続きを読む
Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH. 368:ライカの名に恥じない大口径広角レンズ『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.』 2016年07月08日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX DMC-GX8 ボディ+LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH. さて、冒頭から夏らしい風鈴の写真で始まりましたが、今回ご紹介するのはPanasonicの大口径広角レンズ『Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.』です。 35mm判換算で24mmという、風景撮影だけではなくスナップ撮影にも使いやすい焦点距離が嬉しい本レンズは、名称にも入っている通りライカの厳し...
続きを読む
LAOWA 60mm 367:2倍マクロは楽しさも2倍『LAOWA 60mm F2.8 Ultra-Macro』 2016年07月05日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +LAOWA 60mm F2.8 Ultra-Macro(1.5倍マクロ撮影) 昨年11月、幕張メッセで行われた国際放送機器展『Inter BEE 2015』へ取材に訪れた際、サイトロンジャパンブースで見つけた「LAOWA」レンズに触れたことを覚えていらっしゃいますでしょうか? その内の1本『LAOWA 60mm F2.8 Ultra-Macro』がKasyapaチームに届きました。外観は少し地味なデザインですが、接写能力に優れた本レンズは等倍から2倍のマクロ...
続きを読む
366:撮れる世界が圧倒的に広がる超広角『Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5』 366:撮れる世界が圧倒的に広がる超広角『Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5』 2016年07月04日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III フォクトレンダーからソニーEマウント用の「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III」が発売されました。 すでにライカ用のVMマウントレンズが昨年春に発売されており、マウントアダプターを介して利用されている方もいらっしゃると思いますが、専用設計に生まれ変わったことにより色かぶりの軽減や使い勝手が向上したとの事。早速、...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Fujifilm | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | Pentax | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |