Select Language



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:600mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports

シグマから超望遠4倍ズームレンズ『SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM』が発売されました。
今回このレンズの登場で一番驚いたのが、全く同じ焦点距離、同じ開放絞値のレンズがもう1本同時に発表された事です。
ハードな要求に応えきれる高性能、高品位モデルの「Sports」モデルと、機動性と使い勝手を重視した「Contemporary」モデル。
果たしてこの2本の実力差はいかに。まずは先に発売された『SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports』を持って撮影に出掛けてきました。

動きある被写体をしっかり捉える「Sports」ラインのコンセプトに沿ってまずは鉄道写真から。
駅での撮影では三脚が使えませんので、もちろん手持ち撮影。カメラ本体と合わせて3Kgを越える重さはさすがに堪えます。
それでも望遠端でもブレ無く捉えるのはさすが優れた手ブレ補正機能と言わざるを得ません。


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:150mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports


超望遠ズームとは思えない素晴らしい透明感です。
蛍石と同等の性能を誇るFLDガラスなど贅沢な硝材採用のレンズは、コントラストも高く被写体の細部までしっかり捉えているのがよく分かります。
微妙な光の反射による立体感の再現が巨大な橋の重厚感を余す事無く伝えています。


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:150mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:321mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports


ガラス越しに反射光を狙っても、クリア感は損なわれません。
他にも強い日差しを試しましたが、フレアなどの発生の無い優れた光学性能を確認できました。


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:321mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports


自然で綺麗なボケ味が圧縮効果の中でもしっかり奥行き感を伝えます。


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:230mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports


高い防塵・防滴性能と前後のレンズに施された撥水/防汚コーティングのおかげで撮影シーンを選びません。
超望遠レンズなので必要以上に接写する必要はありませんが、しぶきが飛び散る波打ち際でも心置きなくシャッターを切ることができます。


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports


警戒心を露にした野良猫。 少しでも寄ろうものならすぐにも逃げ出しそうな状況でも、超望遠効果でここまで引き寄せる事ができました。 野良猫とは思えないフカフカな毛並みはもちろん、髭の1本1本までしっかり捉えています。青い瞳も綺麗です。


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 焦点距離:150mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports


SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports

その堅牢性が見ただけで伝わる大きなレンズです。手持ちでの撮影はさすがに疲れましたが、持ち運び時には三脚座が取っ手として重宝しました。90°毎にクリックするので角度を変えるのもスムーズです。
高い強度の真鍮製マウントのおかげで、カメラのマウント部に負担かける事無く携帯できるのは嬉しい限りです。
描写も最新レンズらしい素晴らしいもので、「Sports」ラインならではの高性能が実感できました。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:92票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |