Select Language




OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


『M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro』、『M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO』、『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』と話題のレンズ3本がつい先日オリンパスから発売されましたが、今回のKasyapaではその中の1本である『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO』をご紹介いたします。
F1.2…と目にすると大きくて重たいレンズを皆さん想像するかと思いますが、このレンズは想像よりずっとコンパクト。更には35mm判換算で50mm相当と、明るくて使いやすい大口径単焦点レンズとなっています。

冒頭の写真をご覧いただくとわかるように、追及されたボケ味はまさに「美しい」の一言で、手前から奥にかけてのなだらかなボケの層には思わずうっとり。
強い光を放っているので通常だったらフレアやゴーストの影響を受けてもおかしくなさそうな状況ですが、開放で撮影をしているのにも関わらず、ご覧の通り目立った影響は見られません。
また、電球中央のフィラメント部分が、うっすらとではありますが白トビせずに残っていたのには驚きでした。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


今回使用したボディは2016年12月22日発売予定の『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II』。
こちらはまだ発売前の新製品なのですが、タッチシャッターの精度が非常に高く、F1.2の薄いピント面でも難なくピントを合わせてくれるので使っていてとても頼もしかったです。
精度の高いタッチシャッター+強力な手ブレ補正のおかげで、ストレスなく開放での撮影を楽しむことが出来ました。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


つい先日、都内で初雪が観測されました。11月に都内で雪が降るのは54年ぶりとのこと。去年の冬は暖冬だったのでそれほど厳しい寒さではありませんでしたが、今年の冬は寒くなりそうですね…。
通勤・通学の際に雪が降ると困ってしまいますが、休みの日に雪が降るのは大歓迎です!いつもとは違って雪化粧をした街中を撮るチャンスですから。
本レンズは11箇所に密封シーリングが施された防塵・防滴設計なので、雨の日はもちろんのこと雪の日でも安心して撮影を行うことが出来ます。-10℃までの耐低温性能もあるので、雪撮影が捗りますね!


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


AF駆動音がとても静かなので、こういった室内での撮影でも大いに活躍してくれます。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


こちらの写真は開放で撮影をした友人の後姿なのですが、1枚撮影をしただけで「このレンズは間違いなくポートレートでも活躍するぞ」と確信せざるを得ませんでした。立体感が素晴らしく、被写体をしっかりと浮き立たせてくれます。髪の毛やファーの部分の細かな描写も、さすがPROレンズですね。ちなみにこのレンズの最短撮影距離は30cm。ワーキングディスタンスは19.5cmなので、かなりの近接撮影が可能です。

本レンズはAFの精度が高いので今回MFを使う機会はありませんでしたが、例えば最短撮影距離+開放で綿密なピント合わせを行う場合、わざわざ画面でAF/MFの切り替えを行う必要はありません。「マニュアルフォーカスクラッチ機構」が搭載されているため、ピントリングをカメラ側に引っ張るだけでAF→MFに切り替えることが出来るのです。(設定をすれば自動でピント拡大も可能です!)


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


なんだか食べ物の写真ばかりですみません…。素敵な店内だったので会計待ちの間に少しだけ撮影をしました。バリアングル液晶+タッチシャッターのおかげでローアングル撮影も楽々行えます。
それにしてもオリンパスは本当に撮って出しの色が綺麗ですね。こういった日常のスナップ写真だったら、まずRAW現像の必要はないと感じてしまうほどです。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


さて、ここからは別日に撮影をした晴れの日の写真をご紹介いたします。向かった先は鎌倉。12月初旬の鎌倉はとても綺麗に紅葉していて、私以外にもたくさんの人がカメラを構えて思い思いに撮影を楽しんでいました。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


開放F1.2での撮影時はしっかりとピントが合っていながらも優しい描写が魅力でしたが、少し絞るだけでご覧のとおりキリッとシャープな描写に。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F4 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


この日の鎌倉の海は遠浅で、まるで大きな鏡のようでした。拡大をしてみると、西日に照らされた砂浜がきらきらと美しく光り輝いているのがよくわかります。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


海を見ながらぶらぶらと撮影をしていたのですが、ふと足元を見ると可愛い光景が。砂浜をお散歩をしていたのでしょうか…。あまりの可愛さに思わずシャッターを切ってしまいましたが、灯台下暗しとはまさにこのこと。魅力的な被写体は意外と近くに転がっているのかもしれません。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO 絞り:F8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:5000 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


帰りがけに酉の市に寄った際の1枚です。ここはぐっと絞って高感度で!まっすぐきれいに伸びた光芒が美しいですね。
実はこれISO5000で撮影をしているのですが、とてもそんな高感度で撮ったとは思えません…。これぞ本体の高感度耐性とレンズの圧倒的描写力のなせる業。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO』いかがでしたでしょうか。
開放での高い解像感を実現するため、19枚のレンズを贅沢に使用したこのレンズの実力は伊達ではありません。2016年12月6日現在、オリンパスPROレンズの中でここまで枚数を使用したレンズは『M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO』の1本だけ。しかも19枚のうち8枚が特殊レンズというのですから、オリンパスのこのレンズにかける思いが伺えます。
スナップ、風景、ポートレートと様々な楽しみ方の出来る汎用性の高いレンズであると共に、プロユースにも耐えうる堅牢な作りも頼もしい限りです。

「F1.4」のレンズは数あれど、「F1.2」のレンズはなかなかありません。暗い所で活躍してくれる明るいレンズであるということはもちろん、大きく美しいボケ味を楽しむことが出来るのも「F1.2」の魅力のうちの1つ。ぜひお手に取って試していただきたい1本です。「F1.2」の世界の美しさに魅了されること間違いありません。


Photo by MAP CAMERA Staff







カテゴリー: OLYMPUS   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:31票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |