Select Language




OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


オリンパスのM.ZUIKO PREMIUMレンズから、2本目となるマクロレンズ『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro』が登場しました。既に発売されているマクロレンズ『M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro』と比べて焦点距離が半分ということで、マクロレンズとしてはもちろんのこと、スナップ撮影にも向いているレンズですね。

マクロレンズと言えば、どうしてもピントが迷ってしまうイメージがあります。ある程度はAFで合わせて、あとはMFに切り替えて細かいピント調節をする…といった方も多いのではないでしょうか。私も普段マクロレンズを使うときはそういった使い方をすることが多いので、正直マニュアルフォーカスクラッチ機構の付いていない本レンズに少し不安を感じていました。
…が、実際に撮影をしてみると、あまりにもスムーズにピントが合うのでびっくり!これには良い意味で驚かされました。初めに言っておきますが、今回の撮影でMFは一度も使用していません。
2016年12月22日発売予定の最新機種『OM-D E-M1 Mark II』との組み合わせであるというのも理由のうちの1つではありますが、それにしてもマクロレンズなのにも関わらずここまでスイスイとピントが合ってしまうのには感動せざるを得ませんでした。

冒頭の写真も例に漏れずAFで撮影をした1枚です。撮影したのはルドベキアというガーベラ程の大きさの花なのですが、本レンズの最大撮影倍率はなんと2.5倍。ルドベキアがまるでひまわりに見えてしまうくらいの大迫力です。そして、撮影をした時には気付かなかったのですが、花びらの間に小さな虫が隠れていました。普段見れない世界を見ることが出来る。これぞマクロレンズの醍醐味と言えるでしょう。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


この日はとても天気が良く、このレンズのボケ味の美しさをより楽しむことが出来ました。多少絞って撮影をしても綺麗な円形ボケを描いてくれます。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


冒頭のマクロの写真、2枚目の中望遠を生かした椿の写真、そして風景全体を捉えたこちらの3枚目と、汎用性の高いレンズであることはこの流れをご覧いただければ一目瞭然なのではないでしょうか。
これだけ使い勝手が良く、写りも良いレンズが3万円以下とは…。オリンパスさん、やりますね。
(※価格は2016年12月11日現在のマップカメラの新品価格を参考にしています。)


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro





OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


今回訪れた撮影地は、下町の情緒あふれる街並みが美しい月島です。風に揺れる柳の音がとても気持ち良く、しばらくぼーっとしていたくなる…衝動を抑えて、引き続き被写体を探しながら歩き回ります。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


毛むくじゃらな花のつぼみを見つけたので撮影。手前から奥にかけてのやわらかなボケの層がとても美しいです。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


レンズを少し下に向けてみると、そこにはつぼみと同じく細かい毛に覆われた茎が姿を現しました。拡大をして見てみると、茎の細かい部分まで余すことなく捉えてくれていることがよく分かります。
マクロは何を撮っても新鮮な発見があって面白いですが、やっぱり草花を撮るのが一番楽しいですね。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


歪みも開放時の周辺部の光量落ちも、とてもよく抑えられています。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro





OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


揺れるススキにもぐりこむようにして撮影をした1枚です。川沿いだったので風がとても強く、厳しい戦いとなりました…。連写した中で「これだ!」と思った1枚をチョイス。たんぽぽの綿毛のようにふわふわとした部分が光に透けて美しいですね。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


冬になるとよく見かけるこちらの赤い実の名前はピラカンサ。おいしそうに見えて、実は毒を持っているのだとか。マクロレンズで撮ると梅干しのようなサイズに写ってますますおいしそうに見えますね…。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro





OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro





OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


以前アンティークショップで購入したヴィンテージのミルクキャップを最短撮影距離で撮影しました。本当に「被写体にぴったりくっついてしまうのでは」と思うくらい近くまで寄って撮っています。それもそのはず、このレンズのワーキングディスタンスは14mm!14cmではありません。1.4cmなのです。
最短+開放だとご覧の通りだいぶ被写界深度も浅くなってきますが、それでもAFで容易にピントを合わせることが出来ました。


OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro


『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro』いかがでしたでしょうか。
開放からしっかりと解像・軽量コンパクト・そして何よりリーズナブル!総合的なコストパフォーマンスを見ると、個人的に☆5つでも足りないくらいです。
マクロレンズとしてはもちろん、キットレンズと一緒に持つ初めての単焦点レンズとしても十分におすすめできる1本のご紹介でした。


Photo by MAP CAMERA Staff







カテゴリー: OLYMPUS   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:32票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |