Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » LEICA新製品発表会 
Select Language


LEICA 新製品発表会



先日『Photokina 2012』からお送りしたLEICA社の新製品レポートですが、今回日本でもその新製品ラインナップのお披露目会が催されました。会場は銀座『Leica Professional Store Tokyo』。多くの関係者が集まる本発表会、その模様と追加の新情報が入りましたのでお知らせ致します。




LEICA 新製品発表会

新生『LEICA M』や『LEICA S』、『LEICA M-E』などなど、今年のLEICA社発表の新製品は話題に欠かないものが多く、会場も大盛況。各機種についての詳しいレポートはこちら>>をご覧頂ければと思いますが、改めて見ても圧巻のオールスターです。




LEICA 新製品発表会

満席となった会場、いよいよ新製品発表会のスタートです!Photokinaでも使用されたスライドショーを用いながら、各製品についての説明が行われます。今回の発表会にはドイツのLEICA本社から2名のプロダクト責任者の方が出席。こちらはMシステムやSシステムに関してご説明頂いたステファン・ダニエル氏。各プロダクトの目指す方向性について熱のこもった説明が繰り広げられます。



LEICA 新製品発表会

こちらはD-LUXシリーズやX2などのご説明を頂いたヘルムート・ハイラー氏。X2リミテッドエディションのデザインを担当したポール・スミス氏のビデオメッセージ等も絡め、会は進んでいきます。



LEICA 新製品発表会



今回は『LEICA M』用の新しいCMOS素子についてもより詳しい説明が頂けました。CMOSIS(シーモシス)社とライカ社で『LEICA M』専用に設計を行った『Leica MAX CMOSセンサー』。素子自体はダイオードとカラーフィルターの距離を可能な限り縮め、光量ロスやノイズの発生を抑えるなど各所に工夫を重ねた作り。LやMマウントだけでなく、今回はアダプターを介したRマウントの使用も前提に設計を行ったとの事で、その描写には大いに期待がかかります。




LEICA 新製品発表会

センサーの構成の違い、手前が『Leica MAX CMOSセンサー』です。奥に図示されている従来のものと比べ、カラーフィルタとダイオードの間が薄いのがお分かり頂けるでしょうか。また今回のセンサーは消費電力も大幅に下がり、そのお陰で発熱量も大変少ないそうです。連射に限らず、ライブビュー撮影や動画撮影時などにもボディが加熱する事を防いでくれそうですね。




LEICA 新製品発表会

『LEICA M-E』や『マルチファンクショナルグリップ M』についても説明があります。今回はストロボ撮影の重要性も考慮し、アクセサリーシューをEVFで塞いでしまっても『マルチファンクショナルグリップ M』の接点を使用すればストロボ撮影が可能。右の写真でダニエル氏が持っている様に、自由な角度からストロボ撮影が可能です。また新設のフィンガーグリップは想像以上に柔らかく手にフィット。サイズも手のサイズに合わせて『L・M・S』と3種類あり、ホールド感はしっかりと安定感のあるものでした。



LEICA 新製品発表会



『LEICA S』システムに関しては、前回レポート出来なかったクローズアップレンズ『LEICA ELPRO-S 180mm』が出品されていました。近接撮影には中間リングという手もありますがF値が暗くなってしまいます。『LEICA S』の機動性の高さを損なわない様、F値の変わらないクローズアップレンズを採用したとの事。ただし画質についても妥協無く、『LEICA APO ELMAR-S 1:3.5/180mm』専用設計とした事により高画質を維持できるとの事です。実際使用してみても40cmの最短撮影距離の差は大きく、マクロ的な撮影域までカバー出来るのは実に使い勝手の良いものでした。




LEICA 新製品発表会

そして、こちらは前回もレポートした『LEICA TS-APO-ELMAR-S 120 mm f/5.6 ASPH.』こちら前回ティルトレンズとしてご紹介してしまいましたが、実際はご覧の様にティルト、そしてシフトとも可能なレンズ。訂正してお詫び申し上げます。



LEICA 新製品発表会

LEICA社のご好意により、試作品での撮影をさせて頂きました。ボディは『LEICA S2』。レンズ自体は試作品ですので本来のスペックとはいきませんが、参考としてご覧頂ければと思います。このカットは通常状態での撮影。シャープに椅子の縫い目等も捉えています。



LEICA 新製品発表会

こちらがシフト、フォールした状態ですので一見アングルを変えた様ですが、レンズのパースが上方へ変化した状態です。もちろん撮影位置は同じです。



LEICA 新製品発表会

こちらはティルト。逆ティルトした状態ですのでボケの範囲が広く、ピント範囲が狭くなっています。被写体が少々分かりにくく恐縮ですが、3カットとも開放F5.6での撮影ですのでボケ量などの違いをご覧頂ければと思います。



LEICA 新製品発表会

外観を見てもかなり有機的な動きをするこのレンズ。各部動作は精密感を感じるしっかりとしたものでした。一般撮影向きとは言いがたいですが、商品撮影等に威力を発揮するテクニカルな1本でしょう。



LEICA 新製品発表会

被写体を変えて1枚。逆ティルトした状態でピント範囲を狭めています。実画像を見てもピントの薄さは驚くべきもので、解像力も非常に高い濃厚な写りです。ここから更に各部収差、描写力に手を加えブラッシュアップしていくとの事ですから、製品版の登場が待たれます。



LEICA 新製品発表会

説明会ではビデオにて『LEICA S』の使用風景も紹介。雪山での撮影など実に過酷なシチュエーションで使用されており『LEICA S』の想定しているフィールドの広さを感じさせます。



LEICA 新製品発表会

『LEICA S』より内部メニューの項目も変化。『LEICA M』と同じデザインのメニューが採用され、ジョグダイヤルの追加とあいまってより使い易いインターフェースを実現しています。



LEICA 新製品発表会





LEICA 新製品発表会

発表会が終了しても会場では多くの質問が飛び交い、LEICA新製品についての関心の高さが感じられます。また会場には実際に撮影された写真が多く飾られており、Photokina同様のLEICA社の写真と機材をトータルに捉えるスタンスが感じられました。

LEICA社の新製品については今後も情報が入り次第、皆様にお伝えする予定です。



LEICA 新製品発表会


Reported By MAP CAMERA Staff


LEICA M

LEICA M-E



コンテンツカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"







カテゴリー:Special Contents  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年07月04日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年7月4日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]