Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » マップカメラ20周年記念モデルを発売 
Select Language








LEICA M 20th Anniversary Map Camera
20周年を記念してMap CameraオリジナルライカMの限定バージョン『LEICA M 20th Anniversary MAP CAMERA』を2015年1月に世界限定20台で発売致します。
正面背面

ライカのフラッグシップ機『M』をアレンジ。
ベースはシルバークロームで外装レザーは通常のラインナップにはない爽やかなカプリブルーをチョイス。
地中海を連想させる青はシルバークロームのボディに映え、男性・女性問わずスタイリッシュにお持ちいただけます。


トップカバー2つのライカロゴ

トップカバーには通常の『M』には入らないライカクラッシックロゴを刻印。
前面のLeicaロゴと二つを併せ持つ機体はとても希少なモデルです。
ライカの生誕の地「WETZLAR」の印が長年にわたりこの名機を生み出してきたドイツの誇りを感じさせます。


シリアル20周年記念刻印

レリーズ周辺には「20th Anniversary Map Camera」の筆記体ロゴを入れさせていただきました。
またトップシュー部には限定生産20台を示す特別のシリアルナンバーを刻印しています。
















皆様のご愛顧によりマップカメラは20周年を迎えることができました。
またライカブティックとしてまもなく2年を迎えます。
これからも多くの方々にカメラの代名詞たる「LEICA」の魅力を楽しんでいただけるよう
「Kasyapa for LEICA(LEICA専門フォトプレビューサイト)」の充実
LEICA Boutique MAPCAMERA SHINJUKUの運営に誠心誠意努めてまいります。


※レンズは商品に含まれません、予めご了承ください。





商品のご注文はこちらから







カテゴリー:Leica Body  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica TL2 Leica TL2 2017年07月20日
絞り:F5/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica TL2 + ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH. 他に類を見ない独創的かつスタイリッシュなデザインが目を引くライカTLシステムから、新たに『Leica TL2』が発表されました。 2014年に基盤となる『T(Typ701)』が発売され、2016年にはマイナーチェンジモデルである『TL』が発売されたライカTLシステム。TからTLではほとんど変化がありませんでしたが、今...
続きを読む
Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年07月04日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年7月4日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]