二眼レフは、いかがですか?! 2nd season その2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



ミノルタ オートコード  国産二眼レフ、いいですね!

 大変ご無沙汰しております。 皆様、お変わりありませんか?


「2nd Season 開幕」なんて格好いいこと言っておきながら、このコーナー永らく放置してしまいました。 とはいえ、全くもってサボっていたわけではなく、例年のごとくカメラをぶら下げ、桜を撮ったり、アジサイを撮ったりしていました。 …でもね、如何せん筆が遅くて… 結局、掲載時期を逃してしまうんですよね… 時節ものはスピードが大事なのは、重々承知しているのですが…
 ただ、このままお蔵入りは、ちと勿体ないな。 今年は9月中旬になっても連日夏日が続いているし… そうだ、季節ものはちょっと遅れると旬を外した感が強くなるけど、逆にうんとずらせば、むしろ敢えてやってるように思われるんじゃない?! 「夏の思い出」って感じで、なんか良くない?

 ……いやぁ、本当に今年(2012年)の夏は暑かったですねぇ。 …というか、9月中旬の今でも、まだ暑い!! 何年か後に、たまたまこの記事を読まれ、「そういやぁ、大変な夏だったなぁ…」なんて感慨にふけっている方もいらっしゃるのでは…
そんな2012年の夏を振り返る企画、題して…

往く夏を惜しんで?! ①  鎌倉のアジサイをオートコードで!

null

 さかのぼって、6月の中旬… 薄曇りの天気でしたが、汗ばむような気温のなか、例年のごとく鎌倉にアジサイを見にいってまいりました。 どのくらい「例年のごとく」かは、この記事の右上にある検索欄に「二眼レフは、」と入れてくだされば、過去の記事が並んだ中に散在するアジサイの写真で確認することができます。 過去の様々な二眼レフと比較してみてください。 ……宣伝、宣伝。

 今回のお伴は、ミノルタ オートコード。 国産二眼レフの中でも、特に人気の高い機種です。 
 人気の理由として、撮影レンズ ロッコール75mmF3.5の確かな写りや、ボディ下部に設置された振り子式のフォーカシングレバーの操作性、フィルムの平面性を考慮し走行をローライなどのボディ下部から上に巻き上げる方式ではなく、上部から下に巻く方式にした機能性などが挙げられます。 でも個人的な意見として、見た目ローライフレックスに負けない高級感と、二眼らしいかわいらしさがある点も見逃せません。 上の写真のように、今回そのかわいらしさを引き立てるためと、慣れないと咄嗟のときに間違えてしまうシャッターボタンの位置を確認しやすくするために、マップカメラの旧製品、パステルピンクのMボタンを付けてみました。 うん、かわいい!

null

null

 で、例年のごとく、昼近くにJR北鎌倉駅に到着。 今回はまず、駅近くの「円覚寺」に立ち寄りました。 広大な敷地を持つお寺ですが、アジサイは少なめなのでスルーしてしまうことが多かったのです。

null
  (フジ・プロビア100F 以下、同じ)

null
  ローライナー2使用。 フィルター径はローライコードと同じバヨネットⅠ。 今回フードもローライのものを流用しています。

 修学旅行か遠足か、男子中学生の一団がだらけてました。

null
  まぁ、この年で寺に興味持てっていっても無理あるよねぇ… ちゃっちゃと済ませて鎌倉駅でお土産を物色する方がいいよね。

null
  女子中学生の一団も… こっちの方が元気でした。

 写真にある石垣の前で、ようやくアジサイを撮影。

null

null
  ともにローライナー2使用。 背景のボケも、自然で良い感じ。

 撮影に没頭していると、背後から若い女性の声で「あの…、すみません」
 「はい、はい」 …振り返ると、「私たち、○○小学校の6年生なんですが、アジサイをバックに写真撮ってくれませんか?」
 (ちっ、若過ぎた…)「あ、はい、いいですよ」 渡されたのは、なんか久し振り感もあるレンズ付きフィルム。 リーダー格らしい、ちょっと大人びたその子の号令で、男女6名のグループが私の前に。
 「じゃあ、撮りますよ。」 …カチャ。 「ありがとうございました。」  「いえいえ…」
  去っていく子どもたちを見送りながら、…う~ん、大丈夫だったかなぁ。 もう一歩下がって、もっとアジサイ入れた方が良かったかなぁ… デジカメだったら、すぐ確認できるのに… なんて、普段断然フィルム派なくせに、不安にかられる某カメラ店店員… 情けない…
 ……でも、少なくともあの子たちにとって私は、変なカメラをぶら下げた怪しげなおじさんではなかったわけだ… うん、そうだよね、声掛かったわけだし、みんなでお礼もしていったし、ふふふ…… 自然と笑みがこぼれます。 …いかん、怪しげだ…

null
  ホント、背景はローライよりも乱れなくきれいな気がします。


 そして、明月院(あじさい寺)へ。 相変わらずの盛況ぶりでした。

null
  ローライナー1使用。

null
  天候のせいか、ここまでの写真はちょっと地味めな発色でしたが、本当は奥の赤のようなこってりした色味が出せるレンズです。

 撮影に没頭していると、またまた背後から女性の声が、「あの、すみません… 写真撮ってもらえますか?」
 「はい、はい」 …振り向くと、コンパクトデジカメを持った若いカップルが… (ちっ…)
 「撮りますよ~、は~いっと」 …カシャ。 「ありがとうございます。」 「い~え~」
 今度はちゃんと撮れたのかって? …さぁ、明るすぎて液晶良く見えなかったけど、まぁ大丈夫なんじゃない…

 別料金を払い、奥の庭園へ。

null
  この紫もいい色味。 ただマミヤのC220などと比較すると、背景の圧縮感が強い気がします。

null
  上のアップは、かなり無理な体勢でようやく撮った1枚。 望遠のない身では、うまく切り取ることができなかったので、こんな1枚。 菖蒲とおじさんカメラマン。

null
  庭園を出て、小道沿いのアジサイを撮りたかったのですが、なかなか前が開かず、こんな1枚。 アジサイとお姉さんカメラマン。

null
  そして、いつもの竹林バック。 ローライやC220の五角形光源ではなく、丸みを帯びたボケになってます。 なんか感動…


 明月院を後にしたら、線路を渡り、これまたお決まりのコース、浄智寺のガクアジサイと東慶寺を。 すみません、また中に入らなかった…

null
  ローライナー1使用。

null
  これなんかも、背景がかなり近い気がします。

null

 1駅を電車で移動し、鎌倉駅に。 混雑する人の流れを巧みによけながら、一目散に向かったのは、いつもの「中村庵」。 そして、いつもの大冷やしなめこそば。

null
  このカット、はたして何回目だろう。 決して使いまわしではありません。

 お腹も満たされ、いつもならこの後、江ノ電へとなるのですが… 「なんか、疲れちゃった… いいや、明日にしよう!」 そう、今回なんと2連休。 電車で1時間ほどなのをいいことに、全くの無計画。 気分で2日続けての日帰り鎌倉旅行が決まりました。
というわけで、次回も鎌倉です。 多分…



続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:09月19日 17時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]