【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 








SIGMAから発売されている『30mm/f1.4 EX DC HSM』はAPS-C用大口径標準レンズとして長く親しまれてきた銘レンズですが、この度ARTラインとしてリニューアルされ、『30mm/f1.4 DC HSM』にモデルチェンジされました。SIGMA社自ら"APS-C用標準レンズの会心作"と銘打つ新モデル。どうしても気になってしまうのはその新旧の描写の差ですが…はたしていかほどのものなのか。実際に撮影して、その差を徹底チェックしました!



Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM


まずは平面の建物。パッと見てお分かり頂けるでしょうか?中心部の解像感はどちらもある様ですが、旧型モデルは周辺に行くにつれ光量落ちと滲みが顕著に現れています。また中心も含めた全体の解像力も、拡大すれば一目瞭然の差が。うむむ、これがSIGMA社の自信の現れでしょうか。新モデルでは古いペンキのはがれた質感等もしっかりと再現されています。旧モデルは良く言えば少々オールドレンズ的な滲みが特徴です。












Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM

新モデルでは最短撮影距離が10cm短縮されました。常用レンズとしてもう一歩寄りたい!という声の大きかったポイント、この改良は嬉しい限りです。そして近接領域の描写でも、想像以上に顕著な違いが。やはり下の旧モデルでは、花の花弁のピントピークの周りにフレアが伴っています。新モデルではピント面はしっかりとシャープに、ボケは大きく出ますのでメリハリがしっかりと効いている感じです。近接時にはどうしてもボケが大きくなるので、被写体をしっかりと捉えたい時には新型モデルの描写は心強いのではないでしょうか。












絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

少し絞り込むと、その描写は最高点に達します。逆光耐性もありますし、色も実に鮮やか。満を持してのリニューアルでしたが、その効果目覚ましいもの。当初に想像していた以上のこの描写、期待を裏切らないモデルチェンジとなった様です。




このレンズのお買い物はこちら このレンズのお買い物はこちら


試写レポート"




[ Category:SIGMA]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α PHOTO Vol. 40  E PZ 18-105mm F4 G OSS 編 【SONY】α PHOTO Vol. 40 E PZ 18-105mm F4 G OSS 編 2016年02月11日
18mm F4.5 1/60秒 ISO1250 α PHOTO Vol.40 『E PZ 18-105mm F4 G OSS 』 【α PHOTO】はスタッフが、SONYのAマウント・Eマウントレンズを 持ち出して自由に楽しく撮った写真を皆様にご紹介しております。 今回は数あるSONYのレンズの中でも限られたレンズにしか与えられていない 『G』の称号を冠したE PZ 18-105mm F4 G OSS をご紹介いたします。 SONY製のレンズにおいてカールツァイスレンズと双璧を成すGレンズ。 ミノルタの時代からGレンズといえば拘りのデザイン、高い集光力が実現する...
続きを読む
【Nikon】理想のD600/D610  ~ Nikonの快進撃 Vol.6 ~ 【Nikon】理想のD600/D610  ~ Nikonの快進撃 Vol.6 ~ 2016年02月11日
【Nikonの快進撃がはじまる】 新たなカメラが生まれるたびに、新たな気持ちで始めたくなる。 新たなカメラが生まれるたびに、新しい時代を感じる。 新たなカメラが、その瞬間を変え、その時の行動を決める。 新たなカメラが、新しい時代を動かし、新しい時代となる。 新たなカメラが生まれるたびに進化を遂げるすべてのNikonカメラ! 今ここにNikonの高度なデジタル技術の結晶が明らかになります。 さあ、ここからNikonの快進撃がはじまり、新境地へ向かう新たな...
続きを読む
写真展のご案内  〜『東日本大震災5年 チャリティー写真展』〜 写真展のご案内 〜『東日本大震災5年 チャリティー写真展』〜 2016年02月11日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『東日本大震災5年 チャリティー写真展』- です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Leica (ライカ) X-U(Typ113) 【Leica】Leica X-U (Typ 113) ご予約受付中! 2016年02月09日
ライカ初のアウトドア仕様のデジタルカメラ その名も「Leica X-U (Typ113)」! レンズ先端上部のフラッシュが目を惹く独特のスタイリングですね! ドイツの自動車メーカー「アウディ」のデザインチームによるものです。 大口径レンズ「ライカ ズミルックス f1.7 / 23mm ASPH.(35mm換算判で35mm相当)を採用。 撮像素子は、大型のAPS-Cサイズ有効画素数1620画素のCMOSセンサーを搭載。 このセンサーとレンズの組合わせにより、自然な色再現でディテールまで鮮鋭な描写が可能です。 最...
続きを読む
今再びのCONTAX!Vol.38 CONTAX Distagon T* 15mm F3.5AE 今再びのCONTAX!Vol.38 CONTAX Distagon T* 15mm F3.5AE 2016年02月09日
F5.6 1/400秒 ISO64 皆様こんにちは! 「今再びのCONTAX」です。 今回はヤシカコンタックスマウント最広角レンズ Distagon T*15mm F3.5 AE をご紹介します。 何はともあれ、目につくのは前玉! 見ただけでワクワク感がとまりません!!! 早速、見ていきましょう! F8 1/60秒 ISO64 F8 1/320秒 ISO64 大きな建築物をダイナミックに撮影出来るのは超広角ならでは! α7IIの歪曲収差補正を『切』で撮影しているのですが、 周辺までしっかりと描写されています。 F3...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]