【スプリングバトル】SIGMA 30mm/f1.4 新旧対決! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 








SIGMAから発売されている『30mm/f1.4 EX DC HSM』はAPS-C用大口径標準レンズとして長く親しまれてきた銘レンズですが、この度ARTラインとしてリニューアルされ、『30mm/f1.4 DC HSM』にモデルチェンジされました。SIGMA社自ら"APS-C用標準レンズの会心作"と銘打つ新モデル。どうしても気になってしまうのはその新旧の描写の差ですが…はたしていかほどのものなのか。実際に撮影して、その差を徹底チェックしました!



Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM


まずは平面の建物。パッと見てお分かり頂けるでしょうか?中心部の解像感はどちらもある様ですが、旧型モデルは周辺に行くにつれ光量落ちと滲みが顕著に現れています。また中心も含めた全体の解像力も、拡大すれば一目瞭然の差が。うむむ、これがSIGMA社の自信の現れでしょうか。新モデルでは古いペンキのはがれた質感等もしっかりと再現されています。旧モデルは良く言えば少々オールドレンズ的な滲みが特徴です。












Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM
絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 EX DC HSM

新モデルでは最短撮影距離が10cm短縮されました。常用レンズとしてもう一歩寄りたい!という声の大きかったポイント、この改良は嬉しい限りです。そして近接領域の描写でも、想像以上に顕著な違いが。やはり下の旧モデルでは、花の花弁のピントピークの周りにフレアが伴っています。新モデルではピント面はしっかりとシャープに、ボケは大きく出ますのでメリハリがしっかりと効いている感じです。近接時にはどうしてもボケが大きくなるので、被写体をしっかりと捉えたい時には新型モデルの描写は心強いのではないでしょうか。












絞り:F1.4 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 7D + SIGMA 30mm/f1.4 DC HSM

少し絞り込むと、その描写は最高点に達します。逆光耐性もありますし、色も実に鮮やか。満を持してのリニューアルでしたが、その効果目覚ましいもの。当初に想像していた以上のこの描写、期待を裏切らないモデルチェンジとなった様です。




このレンズのお買い物はこちら このレンズのお買い物はこちら


試写レポート"




[ Category:SIGMA]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【8月23日】Lens Taste 365 【8月23日】Lens Taste 365 2014年08月23日
                                                                                                                                                                                                                                          ...
続きを読む
【SIGMA】 dp2 Quattro、超高画質を体験 【SIGMA】 dp2 Quattro、超高画質を体験 2014年08月22日
ふと目にとまった一瞬を、dp2 Quattroで切り取る。 これまでに見たことのない不思議な外観、形状。 そして、超高画質。 「3,900万画素相当」と謳われるその解像力。 等倍で見てみると、さらに実感!等倍で見ても「緩く」ない。 この辺りを等倍で、 思わずため息が出てしまう。圧倒的解像感。 こんな、超高画質カメラが、片手で持てるサイズで持ち歩けるなんて、とても贅沢! そんじょそこらの一眼レフカメラとも同等?いや、それ以上!? ...
続きを読む
PowerUP 商品ページ パワーアップ!【8月22日号】 2014年08月22日
皆様、こんにちは。 8月22日、本日の商品ページ パワーアップ情報をお伝えいたします! ◇◆◇商品画像を増量しました◇◆◇ var forcia_var = { JAN_CODE: "4545350044992,4548182110804" ,SELL:"new" ,LIMIT: "2" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4549292009873,4905524947946" ,SELL:"new" ,LIMIT: "2" }; 以上の商品の画像を追加いたしました。 ◇◆◇動画を追加しました◇...
続きを読む
X-T1+XF18-135mmキャッシュバックキャンペーン 【FUJIFILM】キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 2014年08月22日
現在、FUJIFILMで実施されているキャッシュバックキャンペーンのご購入対象期間が残すところ10日を切りました! X-T1+XF18-135mmF3.5-5.6 FUJIFUILM初の防塵・防滴レンズ『XF18-135mmF3.5-5.6』の発売を記念したキャンペーンです。 35mm判換算で、広角27mmから望遠206mmまでカバーできる高倍率ズームレンズ。 お手元に一本持っておくと非常に便利です。 描写力に関しても、シャープでコントラスト豊かな表現をしてくれます。 X-T1の有能な相棒レンズとなるのではないでしょうか。 とは言...
続きを読む
【Leica】 Leica M-P 発表! ご予約受付中です。 【Leica】 Leica M-P 発表! ご予約受付中です。 2014年08月22日
ライカより、待ちに待った新しいM型デジタルカメラが発表されました! 正面の赤いライカロゴのマークは無くなり、かわりにトップカバーに筆記体でLeicaの文字とともに「WETZLAR」の文字が刻印され、 ライカがウェツラーに帰ってきたことを強く感じさせてくれます。 そして、向かってレンズ右横にご注目!「フレームセレクター」の復活です! 往年のライカやM9-P等と同じようにフレームセレクターを切り替えて構図の確認をが出来るようになりました。 スペックとして、ライカMと大きく違うのが...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]