Select Language



ハッセルブラッド『X1D』発表!!

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年06月23日 16時00分]

HASSELBLAD X1D

HASSELBLAD X1D

日本時間6/22の21:00にハッセルブラッドの中判デジタルカメラ『X1D』が発表されました。注目すべきは中判デジタルの圧倒的な画質性能を小型ミラーレス機として作り上げてきたことでしょう。他メーカーのフルサイズ一眼レフよりもはるかに小さなボディに『デジタルバック CFV-50c』と同等と言われているセンサーサイズ43.8 x 32.9mmの5000万画素CMOSセンサーを搭載しています。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D

操作系はシンプルかつ明快。ボディの厚みを見ても、とても中判サイズのCOMSセンサーが入っているとは思えない薄さです。ミラーレス機になったことでフランジバックが短い“Xマウント”と呼ぶ新規のもの採用しています。その専用レンズはレンズシャッター内蔵AFレンズシリーズ「XCDレンズ」。最初に用意されるXCDレンズは45mm F3.5と90mm F3.2の2本で、シャッター速度は1/2,000〜60分、ストロボは全速同調。AFはコントラスト検出式とのことです。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D

フルサイズ一眼レフとサイズ比較したイメージ画像ですが、『X1D』の正面デザインを見てハッとされた方も多いのではないでしょうか。グリップ部分を隠すとまるで500シリーズを彷彿とさせるカメラデザインになっているのがわかります。今もなおハッセルブラッドといえば500シリーズのイメージが強く、プロカメラマンも現役で使用してる方が多いカメラです。そんなハッセルブラッドが好きなユーザーが待ち望んでいた『ハッセルブラッドらしいカメラ』をそのまま体現したのが『X1D』と呼べるかもしれません。



HASSELBLAD X1D
HASSELBLAD X1D


外形寸法 : 150.4×98.1×71.4mm

重 量 : 約725g(バッテリー含む)

撮像素子 : 5,000万画素CMOSセンサー(16bit・ダイナミックレンジは14ストップ・HD動画記録)

ISO感度 : ISO100〜25600

シャッタースピード(レンズシャッター) : 1/2000秒〜60分

撮影間隔 :1.7〜2.3枚/秒

EVF(電子ビューファインダー) : 236万画素

背面液晶モニター : 3型92万ドットのタッチパネル式(チルト式ではない)

記録メディア : SDカード(デュアルスロット)

撮影枚数 : フル充電で約350枚

接 続 : USB 3.0 Type-Cコネクタ、ミニHDMI、オーディオ入力/出力

その他 : Wi-Fi・GPS機能内蔵、塵や埃に対する高い密閉性、縦横比を変えて撮影ができるマルチプルイメージフォーマット

対応レンズ : XCDレンズ 45mm/F3.5、90mm/F3.2

専用のマウントアダプターを発売予定しており、それを使用することでハッセルブラッドHシステム全12レンズ、そこにCFレンズアダプターを重ねることでVシステムのレンズを使用することが可能になります。


HASSELBLAD X1D
 

東京発表会の様子はこちら










[ Category:HasselBlad|掲載日時:2016年06月23日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む
null 【FUJIFILM】雨色景色 2018年05月26日
GWも終わりいよいよ本番。 そうです。梅雨です。 ジメジメ、ムシムシ、洗濯物は乾かなくて大変な季節。 そんな時だからこそ気分転換に写真を撮りに行きましょう! と言ってもカメラが濡れてしまうのは気がひける。と言う方に今回は室内でも撮れる雨色景色のご紹介となります。 今回、撮影を行った機材はFUJIFILM X100F。 X100Fは筆者が今1番欲しいカメラですが試用したことでより購入意欲が湧いてしまいました。 今回の雨色景色は仕事帰りです。 帰り際に雨だった為、ちょ...
続きを読む
お気に入りの撮影地 【Nikon】お気に入りの撮影地 2018年05月25日
5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。 気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。 海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできま...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]