【Leica】 M10 国内発表会レポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




 Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10


2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、
新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。

『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので
その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。


Leica (ライカ) M10

プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。

今回の『LEICA M10』だけでなく、『LEICA Q』や『LEICA SL』、『ズマロン M28mm F5.6』など、
カメラ製品の開発責任者です。


Leica (ライカ) M10

通訳を交えながら『LEICA M10』のプレゼンテーションが進行していきます。

まず大きな特徴として語られたのがボディの厚み。

ステファン・ダニエル氏 「M10は今までのMデジタルの中で最もスリムなカメラになります。トップカバーの厚みは33.7mmとなり、
Typ240と比べて4mm小さくなりました。これはM(Typ240)を使用するカメラマンからフィルム時代のボディの厚みが人間工学上すぐれているとして、Mデジタルでもその厚みを実現してほしいという要望がとても多く寄せられおり、今回のM10でそれを実現しました」

33.7mmという明確な数値を実現するために、バッテリーの小型化、各部品の見直しと配置の変更、
シャッター部品の出っ張りを削るなど、細かな工夫を積み重ねて完成できたと語っていました。


Leica (ライカ) M10

続いてはカメラの画質を決める最も重要なパーツと言えるCMOSセンサーについて。

ステファン・ダニエル氏 「このCMOSセンサーはM10のためだけに特別に開発したもので、すべての画像に関するパラメーターが従来機と比べて多く改善されているのが特徴です。
ダイナミックレンジ・コントラスト・シャープネス・細部の再現性がとても優れたセンサーになっています」

また、このセンサーが搭載されたことで、高感度性能も飛躍的に向上したとの事です。


Leica (ライカ) M10

その他にもシンプルになった操作系、新設されたISOダイヤル、Mデジタル初となるWi-Fi機能や専用アクセサリー類も紹介されました。
 M10はMを使用するカメラユーザーのために意義ある進化を果たしたカメラだという事を感じます。


Leica (ライカ) M10

続いては『LEICA M10』のタッチ&トライ。

まずはビゾフレックス(Typ020)を取り付けたブラッククロームのボディから。

高精細なEVFを搭載するビゾフレックス(Typ020)はアイレベルファインダーとしてだけでなく、
ウエストレベルファインダーとして使えるのも特徴です。


Leica (ライカ) M10

会場ではM10で撮影をするプロカメラマンのムービーも流れていたのですが、
そのプロカメラマンもビゾフレックス(Typ020)を使用して撮影をしていたのが印象的でした。


Leica (ライカ) M10

こちらはシルバークロームのM10に、なんと『ズマロン M28mm F5.6』の組み合わせ。

贅沢・・・そしてメチャクチャ格好いいです。


Leica (ライカ) M10

こちらは純正アクセサリーで登場したサムレスト(親指当て)。

ブラッククローム、シルバークローム共にボディのトップカバーと同じ真鍮素材と塗装を施してあるとの事で、
取り付けた時のマッチングは抜群です。

そしてホールド性がとても良くなりますから、ブレ防止にとても効果のあるアクセサリーと言えます。


Leica (ライカ) M10

こちらは本革製の専用ボディケース。

背面液晶が隠れるカバーも付いているのですが、「内側の三脚ネジに通す」という脱着方法に「なるほど」と感心しました。
液晶面のカバー部はマグネットで固定されるようになっています。


Leica (ライカ) M10

『LEICA Q』で好評だった専用ホルスターもM10には用意されています。

実は案内を担当してくれた方がホルスターの「裏技」を教えてくれました。

M10の33.7mmという厚みに合わせて作っているので、なんとM型フィルム機もぴったり収める事ができるそうなんです!(※M5は不可)

そしてホルスターの内側にはグリップ装着時にも対応できるように、底上げのインナーが付いているのですが、
それを取り外すとライカビットを装着したM型フィルム機がぴったり収まるとの事!

M10がフィルム機と厚みが同じになった事を考えると納得なのですが・・・これは面白いですね。


Leica (ライカ) M10

最後に、プレゼンテーションの終わりに映し出された印象的なコピー。

『LEICA M10. The Camera』

『LEICA M10』の発売日が1月28日(土)に決定しました。

M10は「M型はこうあって欲しい」という多く願いを具現化したカメラになっています。

今までのMデジタルを使用してきた方も、M型フィルム機を使用してきた方も、これからM型を手にされる方も、
すべての人が「M型ライカ」を感じる事のできるカメラです。

皆様のご予約をお持ちしております。







〓〓新製品〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月27日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
ヘリオス44-2 58mm F2 【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く 2018年01月14日
今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ 『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。 冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、 ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。 マニュアルフォーカスレンズの良いところは、 こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。 先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。 ヘリオス...
続きを読む
RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅 2018年01月12日
雲竜渓谷 栃木県日光市の山奥に位置し、 1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。 あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。 フジフイルム の X-E2 と フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。 朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。 夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。 それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。 持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]