【Leica】 M10 国内発表会レポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




 Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10


2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、
新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。

『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので
その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。


Leica (ライカ) M10

プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。

今回の『LEICA M10』だけでなく、『LEICA Q』や『LEICA SL』、『ズマロン M28mm F5.6』など、
カメラ製品の開発責任者です。


Leica (ライカ) M10

通訳を交えながら『LEICA M10』のプレゼンテーションが進行していきます。

まず大きな特徴として語られたのがボディの厚み。

ステファン・ダニエル氏 「M10は今までのMデジタルの中で最もスリムなカメラになります。トップカバーの厚みは33.7mmとなり、
Typ240と比べて4mm小さくなりました。これはM(Typ240)を使用するカメラマンからフィルム時代のボディの厚みが人間工学上すぐれているとして、Mデジタルでもその厚みを実現してほしいという要望がとても多く寄せられおり、今回のM10でそれを実現しました」

33.7mmという明確な数値を実現するために、バッテリーの小型化、各部品の見直しと配置の変更、
シャッター部品の出っ張りを削るなど、細かな工夫を積み重ねて完成できたと語っていました。


Leica (ライカ) M10

続いてはカメラの画質を決める最も重要なパーツと言えるCMOSセンサーについて。

ステファン・ダニエル氏 「このCMOSセンサーはM10のためだけに特別に開発したもので、すべての画像に関するパラメーターが従来機と比べて多く改善されているのが特徴です。
ダイナミックレンジ・コントラスト・シャープネス・細部の再現性がとても優れたセンサーになっています」

また、このセンサーが搭載されたことで、高感度性能も飛躍的に向上したとの事です。


Leica (ライカ) M10

その他にもシンプルになった操作系、新設されたISOダイヤル、Mデジタル初となるWi-Fi機能や専用アクセサリー類も紹介されました。
 M10はMを使用するカメラユーザーのために意義ある進化を果たしたカメラだという事を感じます。


Leica (ライカ) M10

続いては『LEICA M10』のタッチ&トライ。

まずはビゾフレックス(Typ020)を取り付けたブラッククロームのボディから。

高精細なEVFを搭載するビゾフレックス(Typ020)はアイレベルファインダーとしてだけでなく、
ウエストレベルファインダーとして使えるのも特徴です。


Leica (ライカ) M10

会場ではM10で撮影をするプロカメラマンのムービーも流れていたのですが、
そのプロカメラマンもビゾフレックス(Typ020)を使用して撮影をしていたのが印象的でした。


Leica (ライカ) M10

こちらはシルバークロームのM10に、なんと『ズマロン M28mm F5.6』の組み合わせ。

贅沢・・・そしてメチャクチャ格好いいです。


Leica (ライカ) M10

こちらは純正アクセサリーで登場したサムレスト(親指当て)。

ブラッククローム、シルバークローム共にボディのトップカバーと同じ真鍮素材と塗装を施してあるとの事で、
取り付けた時のマッチングは抜群です。

そしてホールド性がとても良くなりますから、ブレ防止にとても効果のあるアクセサリーと言えます。


Leica (ライカ) M10

こちらは本革製の専用ボディケース。

背面液晶が隠れるカバーも付いているのですが、「内側の三脚ネジに通す」という脱着方法に「なるほど」と感心しました。
液晶面のカバー部はマグネットで固定されるようになっています。


Leica (ライカ) M10

『LEICA Q』で好評だった専用ホルスターもM10には用意されています。

実は案内を担当してくれた方がホルスターの「裏技」を教えてくれました。

M10の33.7mmという厚みに合わせて作っているので、なんとM型フィルム機もぴったり収める事ができるそうなんです!(※M5は不可)

そしてホルスターの内側にはグリップ装着時にも対応できるように、底上げのインナーが付いているのですが、
それを取り外すとライカビットを装着したM型フィルム機がぴったり収まるとの事!

M10がフィルム機と厚みが同じになった事を考えると納得なのですが・・・これは面白いですね。


Leica (ライカ) M10

最後に、プレゼンテーションの終わりに映し出された印象的なコピー。

『LEICA M10. The Camera』

『LEICA M10』の発売日が1月28日(土)に決定しました。

M10は「M型はこうあって欲しい」という多く願いを具現化したカメラになっています。

今までのMデジタルを使用してきた方も、M型フィルム機を使用してきた方も、これからM型を手にされる方も、
すべての人が「M型ライカ」を感じる事のできるカメラです。

皆様のご予約をお持ちしております。







〓〓新製品〓〓

[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SAMYANG】AF 35mm F2.8 FE 本日発売! 2017年07月28日
SAMYANG SONY Eマウントフルサイズ対応レンズ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE (ソニーFE用) 本日発売! 【特長】 コストパフォーマンスに優れたレンズを多くリリースしているSAMYANGから フルサイズのEマウントボディに対応した、オートフォーカスレンズの第3弾が発売です! 重量約85g、長さ3.3cmと小型で、携帯性抜群!! 韓国を代表し、約40年間の長い歴史を誇るSAMYANGのノウハウを集結したことで、小型でありながら優れた光学性能を発揮。 ウルトラマルチコート技術と非球面レン...
続きを読む
【Leica】ズマロンM28mmF5.6 今なら在庫ございます!! 【Leica】ズマロンM28mmF5.6 今なら在庫ございます!! 2017年07月27日
Leica ズマロン M28mm F5.6 受注生産でなかなか手に入らないレンズでしたが... 只今僅かに在庫ございます! こちらは銘玉と名高い通称”赤ズマロン”と呼ばれている ズマロン 28mm F5.6(L39マウント)の構成を 一切変更せずにそのままMマウントへリデザインし復刻したレンズ。 レンズ構成は絞りを中心に前後対称にレンズを配置した4群6枚のガウスタイプで 当時の佇まいを残した外観を現代風にフォーカシングロックボタンの形状、絞りリングなどをアップデート。 まさに現代に蘇った...
続きを読む
【FUJIFILM】GFX-50S各種レンズお試し頂けます! 【FUJIFILM】GFX-50S各種レンズお試し頂けます! 2017年07月26日
マップカメラ本館地下では FUJIFILM GFX-50Sと 現在発売中の全てのFUJIFILM GFレンズを お試しいただけます! 発売して間もない フジノン GF23mm F4 R LM WR フジノン GF110mm F2 R LM WR こちらの2本も、もちろんお試し頂けます!! SDカードをご持参いただくと、 店内にて撮影したデータのお持ち帰りも可能です。 じっくり検討していただけます。 是非一度手にとってお試し下さい! マップカメラはこちら マップカメラスタッフが撮影したフォトプレビューも是非ご覧...
続きを読む
【Nikon】創立100周年 おめでとうニコンフェア開催中! 【Nikon】創立100周年 おめでとうニコンフェア開催中! 2017年07月26日
~祝 Nikon創立100周年~ 1917年の創立以来、ニコンはレンズを通じて 様々な文化、学術、産業の発展に貢献し、 また私たちにとって魅力的なカメラやレンズを提供して下さっています。 マップカメラではNikon100周年を記念し 「おめでとうニコンフェア」 を開催中です!! 指定の新品ニコン製品にお買い替えなら買い取り見積額15%UP!! 新品大特価製品も多数あり! さらに今ならD750/D500/D7500をお求めの方に予備バッテリープレゼント!!! さらにさらに店頭限定、N...
続きを読む
null 【Leica】M6そしてM7さらにMPが今ならあります!! 2017年07月26日
お急ぎ下さい。 今ならこの3台・・・あります。 早い方がいいと思います。 なので多くは語りません。 先ずはお問い合わせ下さい。 早い者勝ちです。 SOLD OUTになってしまった場合は何卒ご容赦下さい。 ※Leica MP 0.72 ブラックペイントボディはネット限定でもう1台あります。 ネットでのご注文はこちらからお願いいたします。 var forcia_var = { JAN_CODE: "2201030000222,4548182105466,4548182103028" ,LIMIT: "7" ,SELL:"used"...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]