【Leica age20】 20代男性、江ノ島へ行く! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica age20】 20代男性、江ノ島へ行く!

[ Category:Leica|掲載日時:2017年02月14日 20時30分]




Leica M(typ240) + Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH
24mm F8 1/180秒 ISO100
皆様こんにちは!
突然ですが、ある程度の年齢を重ねて威風堂々とした人には「貫禄がある」とか
まだ慣れていなくて大変なんです、という人には「初々しい」なんて言いますよね。

写真にも「年齢の違い」って出てくるのでしょうか?

そんな話から始まった今回の企画「Leica age ○○」
マップカメラは幅広い年齢層の人が働いているので
それぞれがLeicaを持って何処かへ旅をしながらパシャリと写真を撮ってくる。
そこに「年齢の違い」は表れるのだろうか。

今回は私、ピチピチの20代後半男性が江ノ島へ行ってきました!

Leica M(typ240) + Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH
24mm F8 1/1000秒 ISO100
駅から江ノ島へ続く橋の道すがら。
コンビニで買ったサンドイッチを食べていたら「彼ら」に目を付けられたようです。

Leica M(typ240) + Leica エルマー M90mm F4 トリプレット
90mm F4 1/2000秒 ISO400
そう、江ノ島と言えば「鳶(トビ)」です。
後ろから音もなく近付き、私の右手からサンドイッチを攫っていったのです。
悔しさのあまり、マニュアルフォーカスで追い掛け回しました。

Leica M(typ240) + Leica エルマー M90mm F4 トリプレット
90mm F11 1/250秒 ISO100
お気に入りスポットからの1枚!
天気がいいと富士山がバッチリ見えます。

Leica M(typ240) + Leica エルマー M90mm F4 トリプレット
90mm F4 1/360秒 ISO100
「何勝手に撮ってるニャ!」と言いたげ。

Leica M(typ240) + Leica エルマー M90mm F4 トリプレット
90mm F5.6 1/125秒 ISO1600
ガラスが3枚しかない「トリプレット」はすごいシャープ。
数十年前のレンズとは思えない写りです。

Leica M(typ240) + Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH
24mm F1.4 1/750秒 ISO400
妖艶な梅の花。
広角レンズでもF1.4なので立体感がすごいです。
さすがズミルックスです!

Leica M(typ240) + Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH
24mm F2 1/3000秒 ISO100
河津桜が咲いていました!
ちょうどいいタイミングでした♪

Leica M(typ240) + Leica エルマー M90mm F4 トリプレット
90mm F4 1/1000秒 ISO200
桜の周りをメジロが飛び交っていました。
我ながらM型でよく撮れたなと思います。

Leica M(typ240) + Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH
24mm F1.4 1/3000秒 ISO200
花壇はすっかり春らしい様相。
ポカポカ陽気もすぐそこでしょうか。

いかがでしたか?
「age20」のナウでヤングな雰囲気は出ていたでしょうか?
今回はあえて定番レンズである35mmや50mmは外しました。

今回はこの辺で、次の方に託すことにします。
次の「age」はどの世代でしょうか…。

それではまた!

↓今回使用した機材はコチラ!↓






また、新品Leica M(Typ240)をご購入いただくと、
先着50名様にBLUE NOTE TOKYOのギフトカード2万円分をプレゼントいたします!


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年02月14日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む
【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 2018年04月02日
皆様こんにちは! その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか? 1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。 レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。 朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。 さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]