【Carl Zeiss】Batis 135mm F2.8 5月12日発売!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Carl Zeiss
「Batis 135mm F2.8」本日発売!!



人気のBatisシリーズの新レンズ「Batis 135mm F2.8」が本日発売となりました。

ポートレートや静物撮影に使いやすい「135mm」の画角と「F2.8」の明るさを備えた
「11群14枚」「APO-Sonnar」タイプのレンズとなっております。

もちろん、高速オートフォーカスや光学式手ブレ補正機能もあり、
最短撮影距離も「0.87m」最大撮影倍率にして約0.19倍となかなか寄れるレンズ。

Eマウント機に合わせて使うことを意識してか「614g」とボディとバランスを取りやすい重量になっているのもポイント。
α7IIに装着した状態で持ってみましたが、想像以上に軽く感じます。

更に「APO」の名を冠したレンズということでアポクロマート(Apochromat)仕様、
つまりは「軸上色収差補正」がキチンと成されているレンズということになりますので
卓越した色表現階調表現が可能なレンズとなります。

APO

さて、軸上色収差とはなんぞや?というお客様も
いらっしゃるかもしれませんが、それの一種である
「パープルフリンジ」
という単語には「ああ!あれね!」となるお客様も多いのではないでしょうか。

レンズを通った光が像を成す際に色ごとに結像する面が異なる為に
この様な色ズレが発生しており、これが偽色として写真に現れるのが「色収差」と呼ばれているものです。
色収差にも「軸上色収差」「倍率色収差」の2種類がございますが
今回は前者に焦点を当ててお話します。

この中でも「パープルフリンジ」は光軸上に結像位置が異なる
「軸上色収差」が原因で発生していると言われています。

この軸上色収差、絞る事で低減させることはできるのですが
特に大口径でF値の小さいレンズでは開放付近だと光学設計上出てしまう事が多く
「せっかくの明るいレンズなのに色ズレが出てしまう」
暫し撮影者の悩みの種となります。
更にこの色ズレ、実はアウトフォーカス部のボケの輪郭にも
生じているため被写体によってはとても目についてしまいます。

ですがごく最近の、最新設計の大口径レンズではこの軸上色収差にも配慮し
絞り開放からくっきりシャープに、色乗りも良くしかも色ズレも少ないといったレンズが登場してきております。
同じCarlZeiss製レンズですと「Otus」シリーズなどはその頂点に位置すると言っても過言ではありません。

そして今回の「Batis 135mm F2.8」
この「色ズレ」を徹底的に廃したのがポイントのひとつとなっています。

現代の技術で新規設計されたこの「APO-Sonnar」の写りは
Mapcameraスタッフがお届けする作例サイト『Kasyapa』でも紹介しております。
今回の内容にも登場した「軸上色収差」の部分もチェックしながらご覧になってみてください。
Batis 135mm F2.8


非常に高価なレンズとなっていますが、開放から十分にシャープで色乗りも良く
更に色ズレも殆ど発生しないということで、ポートレートにスナップに
様々なシーンで極上の表現が行えるレンズです。

↓お求めはこちらから↓





ハイクオリティなレンズにはハイクオリティなプロテクターを。
今回はとびきりの上玉ですから、なるべく元のレンズの性能を損なわないものを並べてみました。


マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:05月11日 20時29分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SONY A7M2+Nokton 40mm f1.2 【Voigtlander】昼下がりのお散歩レンズ。Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount 2017年12月18日
とある平日の午後。 ふと思い立って浅草に向かいました。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount」 定番の浅草寺みて、ふらふらと歩き出すと小さな神社を見つけました。 開放で鳥居にピントを併せて一枚。 嬉乃森稲荷神社の名前が浮かび上がります。 この辺りは昔は森があったのだろうかと都会の谷間に思いをはせます。 小さな路地を歩くと鮮やかな緑の扉の建物がありました。 柔らかな午後の光に浮かび上がる扉、柔らかにボケる懐かしい消火器入...
続きを読む
【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 2017年12月17日
先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。 今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。 今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。 この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。 機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR。 三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。 とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E F...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]