【Carl Zeiss】Batis 135mm F2.8 5月12日発売!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Carl Zeiss
「Batis 135mm F2.8」本日発売!!



人気のBatisシリーズの新レンズ「Batis 135mm F2.8」が本日発売となりました。

ポートレートや静物撮影に使いやすい「135mm」の画角と「F2.8」の明るさを備えた
「11群14枚」「APO-Sonnar」タイプのレンズとなっております。

もちろん、高速オートフォーカスや光学式手ブレ補正機能もあり、
最短撮影距離も「0.87m」最大撮影倍率にして約0.19倍となかなか寄れるレンズ。

Eマウント機に合わせて使うことを意識してか「614g」とボディとバランスを取りやすい重量になっているのもポイント。
α7IIに装着した状態で持ってみましたが、想像以上に軽く感じます。

更に「APO」の名を冠したレンズということでアポクロマート(Apochromat)仕様、
つまりは「軸上色収差補正」がキチンと成されているレンズということになりますので
卓越した色表現階調表現が可能なレンズとなります。

APO

さて、軸上色収差とはなんぞや?というお客様も
いらっしゃるかもしれませんが、それの一種である
「パープルフリンジ」
という単語には「ああ!あれね!」となるお客様も多いのではないでしょうか。

レンズを通った光が像を成す際に色ごとに結像する面が異なる為に
この様な色ズレが発生しており、これが偽色として写真に現れるのが「色収差」と呼ばれているものです。
色収差にも「軸上色収差」「倍率色収差」の2種類がございますが
今回は前者に焦点を当ててお話します。

この中でも「パープルフリンジ」は光軸上に結像位置が異なる
「軸上色収差」が原因で発生していると言われています。

この軸上色収差、絞る事で低減させることはできるのですが
特に大口径でF値の小さいレンズでは開放付近だと光学設計上出てしまう事が多く
「せっかくの明るいレンズなのに色ズレが出てしまう」
暫し撮影者の悩みの種となります。
更にこの色ズレ、実はアウトフォーカス部のボケの輪郭にも
生じているため被写体によってはとても目についてしまいます。

ですがごく最近の、最新設計の大口径レンズではこの軸上色収差にも配慮し
絞り開放からくっきりシャープに、色乗りも良くしかも色ズレも少ないといったレンズが登場してきております。
同じCarlZeiss製レンズですと「Otus」シリーズなどはその頂点に位置すると言っても過言ではありません。

そして今回の「Batis 135mm F2.8」
この「色ズレ」を徹底的に廃したのがポイントのひとつとなっています。

現代の技術で新規設計されたこの「APO-Sonnar」の写りは
Mapcameraスタッフがお届けする作例サイト『Kasyapa』でも紹介しております。
今回の内容にも登場した「軸上色収差」の部分もチェックしながらご覧になってみてください。
Batis 135mm F2.8


非常に高価なレンズとなっていますが、開放から十分にシャープで色乗りも良く
更に色ズレも殆ど発生しないということで、ポートレートにスナップに
様々なシーンで極上の表現が行えるレンズです。

↓お求めはこちらから↓





ハイクオリティなレンズにはハイクオリティなプロテクターを。
今回はとびきりの上玉ですから、なるべく元のレンズの性能を損なわないものを並べてみました。


マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む
null USED HALLOWEEN SALE開催中!! 2017年10月17日
a:hover img { opacity: 0.7; filter: alpha(opacity=70); -ms-filter: "alpha(opacity=70)"; } 気付けば10月も半ば・・・。 近頃では国民的イベントとなったハロウィン・・・。 マップカメラも盛り上げていきますよ~! 指定中古カメラ・レンズがお買い得な USED HALLOWEEN SALEが開催中です! ↓↓↓気になる対象商品はこちらをクリック↓↓↓ しかもハロウインセールの対象商品は期間中、随時追加されます! 欲しい商品が、セール対象商品でなかった時は、「欲しいリスト」を是...
続きを読む
null 【Canon】PowerShot G1X Mark III 発表!予約受付中! 2017年10月16日
中央にEVFを配置、外観は一眼スタイル! しかもAPS-Cセンサー搭載! PowerShot G1X Mark IIIが登場します! 外観デザイン的にG5X MarkⅡ..なのかな? と思いつつ、スペックをよく見るとセンサーがAPS-Cサイズじゃないですか! しかもG1X MarkⅡよりかなり小さく軽くなっているようです。 これだけのスペックをコンパクトボディに詰め込んだのは驚きです! "いつでも気軽に持ち出せる一眼デザインの新しいPowerShot" Canonさんは、コンパクトでも本格的なものをつくるのう...
続きを読む
【Nikon】一眼で秋を撮ろう!キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 【Nikon】一眼で秋を撮ろう!キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 2017年10月16日
【I AM SPECIAL AUTUMN】 紅葉の秋を撮る! 彩りの秋を撮る! 魅せる秋を撮る! 一眼で秋を撮る! 一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン終了迫る! キャンペーン期間 8月25日(金)~11月5日(日) 11月30日(木)当日消印有効 対象商品はコチラ 小型軽量ながら高画質で、秋の行楽に気軽に持ち出せるD5600やD3400がキャッシュバック! ボディ+レンズの組み合わせ本数によって5,000円から最大15,000円のキャッシュバックが受けられます。 ・D5600orD3400ボディ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]