【Carl Zeiss】Batis 135mm F2.8 5月12日発売!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Carl Zeiss
「Batis 135mm F2.8」本日発売!!



人気のBatisシリーズの新レンズ「Batis 135mm F2.8」が本日発売となりました。

ポートレートや静物撮影に使いやすい「135mm」の画角と「F2.8」の明るさを備えた
「11群14枚」「APO-Sonnar」タイプのレンズとなっております。

もちろん、高速オートフォーカスや光学式手ブレ補正機能もあり、
最短撮影距離も「0.87m」最大撮影倍率にして約0.19倍となかなか寄れるレンズ。

Eマウント機に合わせて使うことを意識してか「614g」とボディとバランスを取りやすい重量になっているのもポイント。
α7IIに装着した状態で持ってみましたが、想像以上に軽く感じます。

更に「APO」の名を冠したレンズということでアポクロマート(Apochromat)仕様、
つまりは「軸上色収差補正」がキチンと成されているレンズということになりますので
卓越した色表現階調表現が可能なレンズとなります。

APO

さて、軸上色収差とはなんぞや?というお客様も
いらっしゃるかもしれませんが、それの一種である
「パープルフリンジ」
という単語には「ああ!あれね!」となるお客様も多いのではないでしょうか。

レンズを通った光が像を成す際に色ごとに結像する面が異なる為に
この様な色ズレが発生しており、これが偽色として写真に現れるのが「色収差」と呼ばれているものです。
色収差にも「軸上色収差」「倍率色収差」の2種類がございますが
今回は前者に焦点を当ててお話します。

この中でも「パープルフリンジ」は光軸上に結像位置が異なる
「軸上色収差」が原因で発生していると言われています。

この軸上色収差、絞る事で低減させることはできるのですが
特に大口径でF値の小さいレンズでは開放付近だと光学設計上出てしまう事が多く
「せっかくの明るいレンズなのに色ズレが出てしまう」
暫し撮影者の悩みの種となります。
更にこの色ズレ、実はアウトフォーカス部のボケの輪郭にも
生じているため被写体によってはとても目についてしまいます。

ですがごく最近の、最新設計の大口径レンズではこの軸上色収差にも配慮し
絞り開放からくっきりシャープに、色乗りも良くしかも色ズレも少ないといったレンズが登場してきております。
同じCarlZeiss製レンズですと「Otus」シリーズなどはその頂点に位置すると言っても過言ではありません。

そして今回の「Batis 135mm F2.8」
この「色ズレ」を徹底的に廃したのがポイントのひとつとなっています。

現代の技術で新規設計されたこの「APO-Sonnar」の写りは
Mapcameraスタッフがお届けする作例サイト『Kasyapa』でも紹介しております。
今回の内容にも登場した「軸上色収差」の部分もチェックしながらご覧になってみてください。
Batis 135mm F2.8


非常に高価なレンズとなっていますが、開放から十分にシャープで色乗りも良く
更に色ズレも殆ど発生しないということで、ポートレートにスナップに
様々なシーンで極上の表現が行えるレンズです。

↓お求めはこちらから↓





ハイクオリティなレンズにはハイクオリティなプロテクターを。
今回はとびきりの上玉ですから、なるべく元のレンズの性能を損なわないものを並べてみました。


マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『第47回 ミノックス写真展』 2017年06月29日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第47回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2 2017年06月28日
皆様こんにちは! 6月30日まで開催中のLEICA FAIR 今日を入れてあと3日となりました!! 対象商品が追加され、更にパワーアップしています!! 今回はVol.2ということで引き続きスタッフ一押しの中古商品をPick up!! 早速いってみましょう! Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH 近年目覚しい成長を遂げている「ミラーレスカメラ」の市場に Leicaが初参戦を遂げた記念すべきモデル! APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型・軽量設計で持ち運びも楽々♪ アルミのインゴッド(塊)から...
続きを読む
【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 2017年06月27日
伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。 その名は「SONY α9」 好評発売中です! 今までご紹介した部分を踏まえつつ 更に突っ込んだところを見ていきましょう。 今回は「マウントアダプター」編第2弾! なぜ、今更マウントアダプター編をもう一度お送りするのかというと キヤノンEFレンズを使う際の制限に進展があったからなのです! 今回は前回の「α9」に「LA-EA3」を付けた際の挙動を踏まえた上で、お話を進めさせていただきますので まだお読みになられていない方は先にそちらをご...
続きを読む
【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 2017年06月25日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。 ↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。 バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。 フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。 ↑クリックすると大きく表示され...
続きを読む
【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 2017年06月24日
皆さんこんにちは! Leica ゾフォート 最近巷で人気のインスタントカメラ その中でも他機種と一線を画すのがこちらのゾフォートです! 最近テレビでも紹介されてましたね~ 本日はモノクロフィルムでの作例をご覧下さい。 カラーフィルムの作例は 本日掲載している写真は全て Leica T + Leica アポ・マクロ・エルマリートTL60mm F2.8 ASPH.で撮影しています。 思っていた以上に解像度があります。 都会はモノクロがマッチしますね。 ピントの設定を間違えてしまいま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]