Select Language



【Nikon】FAN MEETING 2017 見学レポート

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月28日 19時00分]



Nikon FAN MEETING 2017

2017年8月26日〜27日に東京有明のTFT HALLにて
ニコン創立100周年を記念したファンイベント「ニコンファンミーティング2017」が開催されました。
会場では先日発表されたばかりのD850が一足早く試せるということもあり、一時は入場規制がかかるほどの人気ぶり。
CP+とはまた違った、ニコンだけのファンイベントの様子をお伝えします。


Nikon FAN MEETING 2017

会場に入ると現行モデルが一堂にお出迎え。改めてニコン製品の充実ぶりを感じることができます。


ニコンのスペースカメラ

さらに奥へ進むと、宇宙事業に携わったニコンならではのスペースカメラの展示や、
記念モデルなどの希少カメラを見ることができます。さながら100周年の資料館といったところでしょうか。
上の写真は、1980年にNASAへ納入したF3ベースの「F3スモールカメラ(左)」と長尺フィルム用の「ビッグカメラ(右)」。


NASA仕様フォトミックFTN NASA仕様D4

1971年にアポロ15号に搭載されたNASA仕様の「フォトミックFTN」から
2013年、2016年に納入された「D4」まで、歴代のNASAモデルが勢揃いです。


記念モデル

記念モデルコーナーでは、当店にも中古商品が並ぶことのある 「F5 50th」や「S3 Limited Edition」などが紹介。
記念モデルならではの貫禄があります。


FM in GOLD F50 ゴールド

FAやFM、F50のゴールドモデルはその輝かしい色から特に目を引きます。


歴代のニコン機

一般発売された歴代機種も多く並びました。


創立100周年記念製品

記念モデルと言えば、現在受注受付中の100周年記念製品も。
こちらのご注文受付は8月31日まで。もう悩んでいる時間はありません。お早めにご決断を...










Nikon F 分解・清掃デモコーナー

また、普段では見ることのできないカメラメンテナンスの様子も見ることができました。


メンテナンスデモンストレーション メンテナンスデモンストレーション

歴史あるメーカーだけに、修理するカメラも豊富。
レンジファインダーのSシリーズから、フィルム一眼レフのFシリーズまで、
旧モデルもしっかりサポートするのはさすがです。


D850体験

歴代のニコン機を楽しんだ後は、最新「D850」のお試しです。


Nikon D850

一際長い長蛇の列の先にお目当の商品がありました。
パッと見た感じは、D810と同じフルサイズボディ。
ペンタ部分のポップアップストロボが無くなり、シャッター周りの操作部分がD5、D500と同じ配置になりました。
驚愕は大きな0.75倍の光学ファインダーです。薄暗い会場内でも視認性の高さは一目瞭然。
電子ファインダーに押され気味のデジタルカメラですが、改めて光学ファインダーの凄さを感じることができました。


Nikon D850

背面液晶はD5と同じ3.2型236万ドットに。チルト式、タッチパネルの採用で操作性も向上。
高画素で撮影したデータを綺麗に表示してくれます。
驚いたのがライブビュー時のAFポイントの小ささ。ごく狭いエリアに高精度でピントを合わせることができます。


Nikon D850

底面にはマルチパワーバッテリーパックとの接続端子が見えます。
電池ボックスとほぼ同じ大きさのグリップは、スリムで高さがあるのでとても握りやすく、
スペック上では1Kgを超える大型ボディでも、使いにくいという印象は全くありません。


Nikon D850

マルチパワーバッテリーパック MB-D18にD5用バッテリーEN-EL18bを装着すると
最高7コマ/秒の高速連写が9コマ/秒にパワーアップします。
実際試してみましたが、「タタタタタ」と小気味良いシャッタ音と微かに伝わる振動が気持ち良く、
写真を撮るのが楽しいと思えるカメラです。


最後にD850で、モデル撮影にも挑戦。


Nikon D850

使用機材:Nikon D850 +AF-S 58mm F1.4G

用意された交換レンズの都合上、画角に余裕のある構図になりましたが、
4575万画素ですからトリミングしてもなお高画質で楽しめるのは大きな魅力です。
本ブログの仕様上、画素を落として掲載しています。
気になる高精細な画像は近日公開予定のフォトプレビュー「Kasyapa」をお楽しみに。

混雑のため、長時間試すことはできませんでしたが、短時間でも「凄い!」「欲しい!」と思わせる商品です。
ますます発売日の9月8日が待ち遠しくなりました。











グッズショップ

会場を出ると、隣のスペースにファンミーティング限定グッズを販売するコーナーがありました。
こちらも大人気で、開場数分で売り切れてしまった商品も。


100周年歴代ポスター限定Tシャツ

ファン必見の歴代機種ポスターやTシャツ、思わず笑ってしまうニコン羊羹のパッケージ柄のクリアファイルなど、
面白い商品がたくさんありました。

9月2日、3日にも同様のイベントが大阪の堂島リバーフォーラムホールで開催されますので、
お近くの方は、足を運ばれてはいかがでしょうか。

D850は本当に凄いです。ぜひお試しください。



[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月28日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】マイクロレンズを使ってみる。 【Nikon】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 2018年06月08日
私が長年手放せなかった1本のレンズ、 それは Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF です。 私がこのレンズを購入したのは20年ほど前のことになります。 当時はボケ味やシャープさが気に入っていたため、よく使用していました。 その後も、あまり出番はなくとも結局今まで手放せなかったレンズでした。 久しぶりに触ってみて懐かしくなり、使ってみることにしました。 撮影してみて素晴らしいと思ったのは、 何より金属の光沢や硬さといった質感がよく表現できていることです。 ...
続きを読む
【Nikon】天空のポピーとD810 【Nikon】天空のポピーとD810 2018年06月01日
とある休日。 秩父でポピーが見頃を迎えていると知り、秩父高原牧場へ行ってきました。 高原一面に咲き誇る花々。 【天空のポピー】と呼ばれています。 平日ということで人は少なめ。 これはいい写真が撮れそうです。 絶好の撮影ポイントがあったのでカメラを構えてパシャり。 真っ青な空に映える赤と緑のコントラストは抜群。 お気に入りの一枚が撮れました。 今度は少し寄って撮影。 ポピーにも数種類ありますが、私はこの色鮮やかなシャレーポピーが一番好きです。 次は...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 2018年05月30日
梅雨に入りそうでいて、なかなか入らない関東ではそんな天気です 今年は暑くなったり涼しくなったり雨が振ったり晴れの日が続いたりと不安定な気候が続いている気がします さて、今回はNikonの最新機種 D850とAF-S24‐70㎜F2.8Gを携えて茨城は牛久にある牛久シャトーに行ってきました ここは茨城県牛久市にあるワイン醸造施設です 自分の住んでいる近所である牛久にあるとは正直意外だったりします 実は結構有名なのでしょうか 数年前に存在を知ったのですが改修工事をしていると聞いていたので...
続きを読む
【Nikon】58年目の58mm 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]