【Nikon】FAN MEETING 2017 見学レポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Nikon FAN MEETING 2017

2017年8月26日〜27日に東京有明のTFT HALLにて
ニコン創立100周年を記念したファンイベント「ニコンファンミーティング2017」が開催されました。
会場では先日発表されたばかりのD850が一足早く試せるということもあり、一時は入場規制がかかるほどの人気ぶり。
CP+とはまた違った、ニコンだけのファンイベントの様子をお伝えします。


Nikon FAN MEETING 2017

会場に入ると現行モデルが一堂にお出迎え。改めてニコン製品の充実ぶりを感じることができます。


ニコンのスペースカメラ

さらに奥へ進むと、宇宙事業に携わったニコンならではのスペースカメラの展示や、
記念モデルなどの希少カメラを見ることができます。さながら100周年の資料館といったところでしょうか。
上の写真は、1980年にNASAへ納入したF3ベースの「F3スモールカメラ(左)」と長尺フィルム用の「ビッグカメラ(右)」。


NASA仕様フォトミックFTN NASA仕様D4

1971年にアポロ15号に搭載されたNASA仕様の「フォトミックFTN」から
2013年、2016年に納入された「D4」まで、歴代のNASAモデルが勢揃いです。


記念モデル

記念モデルコーナーでは、当店にも中古商品が並ぶことのある 「F5 50th」や「S3 Limited Edition」などが紹介。
記念モデルならではの貫禄があります。


FM in GOLD F50 ゴールド

FAやFM、F50のゴールドモデルはその輝かしい色から特に目を引きます。


歴代のニコン機

一般発売された歴代機種も多く並びました。


創立100周年記念製品

記念モデルと言えば、現在受注受付中の100周年記念製品も。
こちらのご注文受付は8月31日まで。もう悩んでいる時間はありません。お早めにご決断を...










Nikon F 分解・清掃デモコーナー

また、普段では見ることのできないカメラメンテナンスの様子も見ることができました。


メンテナンスデモンストレーション メンテナンスデモンストレーション

歴史あるメーカーだけに、修理するカメラも豊富。
レンジファインダーのSシリーズから、フィルム一眼レフのFシリーズまで、
旧モデルもしっかりサポートするのはさすがです。


D850体験

歴代のニコン機を楽しんだ後は、最新「D850」のお試しです。


Nikon D850

一際長い長蛇の列の先にお目当の商品がありました。
パッと見た感じは、D810と同じフルサイズボディ。
ペンタ部分のポップアップストロボが無くなり、シャッター周りの操作部分がD5、D500と同じ配置になりました。
驚愕は大きな0.75倍の光学ファインダーです。薄暗い会場内でも視認性の高さは一目瞭然。
電子ファインダーに押され気味のデジタルカメラですが、改めて光学ファインダーの凄さを感じることができました。


Nikon D850

背面液晶はD5と同じ3.2型236万ドットに。チルト式、タッチパネルの採用で操作性も向上。
高画素で撮影したデータを綺麗に表示してくれます。
驚いたのがライブビュー時のAFポイントの小ささ。ごく狭いエリアに高精度でピントを合わせることができます。


Nikon D850

底面にはマルチパワーバッテリーパックとの接続端子が見えます。
電池ボックスとほぼ同じ大きさのグリップは、スリムで高さがあるのでとても握りやすく、
スペック上では1Kgを超える大型ボディでも、使いにくいという印象は全くありません。


Nikon D850

マルチパワーバッテリーパック MB-D18にD5用バッテリーEN-EL18bを装着すると
最高7コマ/秒の高速連写が9コマ/秒にパワーアップします。
実際試してみましたが、「タタタタタ」と小気味良いシャッタ音と微かに伝わる振動が気持ち良く、
写真を撮るのが楽しいと思えるカメラです。


最後にD850で、モデル撮影にも挑戦。


Nikon D850

使用機材:Nikon D850 +AF-S 58mm F1.4G

用意された交換レンズの都合上、画角に余裕のある構図になりましたが、
4575万画素ですからトリミングしてもなお高画質で楽しめるのは大きな魅力です。
本ブログの仕様上、画素を落として掲載しています。
気になる高精細な画像は近日公開予定のフォトプレビュー「Kasyapa」をお楽しみに。

混雑のため、長時間試すことはできませんでしたが、短時間でも「凄い!」「欲しい!」と思わせる商品です。
ますます発売日の9月8日が待ち遠しくなりました。











グッズショップ

会場を出ると、隣のスペースにファンミーティング限定グッズを販売するコーナーがありました。
こちらも大人気で、開場数分で売り切れてしまった商品も。


100周年歴代ポスター限定Tシャツ

ファン必見の歴代機種ポスターやTシャツ、思わず笑ってしまうニコン羊羹のパッケージ柄のクリアファイルなど、
面白い商品がたくさんありました。

9月2日、3日にも同様のイベントが大阪の堂島リバーフォーラムホールで開催されますので、
お近くの方は、足を運ばれてはいかがでしょうか。

D850は本当に凄いです。ぜひお試しください。



[ Category:Nikon|掲載日時:08月28日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】Nikon (ニコン) SP復刻モデル 2017年11月20日
D850が大好評のニコンは、今年創立100年周年を迎えました。 そこで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。 Nikon (ニコン) SP復刻モデルをご紹介いたします! Nikon SPは、1957年(昭和32年)に発売された、ニコンSシリーズの最高峰モデルです。 Nikon SPの特徴は、なんと言っても「ユニバーサルファインダー」です。 左側に広角専用(28mm、35mm)ファインダー、 右側に標準・望遠用(50mm、85mm、105mm、135mm)の4種類のブライトフレームを内蔵した 距離計連動ファインダーが...
続きを読む
【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 2017年11月10日
【 KeyMission:Impossible 】 あなたのミッションは何ですか? 何をするのか・・・なぜそれをするのか・・・ 目指すものはさらなる高みへ・・・攻め続ける! 様々なミッションに可能な限り挑む! それが KeyMission:Impossible! ミッションはあなたをより近くへ導く ミッションはあなたをより遠くへ誘う ミッションはあなたを解き放ち・・・大胆に、生き生きと、自由に! どこへでも行くことができる! あなたのミッションは・・・I AM KeyMission! 【 KeyMi...
続きを読む
【Nikon】一眼で秋を撮ろう!キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 【Nikon】一眼で秋を撮ろう!キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 2017年10月16日
【I AM SPECIAL AUTUMN】 紅葉の秋を撮る! 彩りの秋を撮る! 魅せる秋を撮る! 一眼で秋を撮る! 一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン終了迫る! キャンペーン期間 8月25日(金)~11月5日(日) 11月30日(木)当日消印有効 対象商品はコチラ 小型軽量ながら高画質で、秋の行楽に気軽に持ち出せるD5600やD3400がキャッシュバック! ボディ+レンズの組み合わせ本数によって5,000円から最大15,000円のキャッシュバックが受けられます。 ・D5600orD3400ボディ...
続きを読む
【Nikon】D850 本日発売!! 【Nikon】D850 本日発売!! 2017年09月08日
2017.9.8 Nikon D850 発売 今年創業100周年を迎えたNikonが全てを注ぎ込んだ、 渾身のFXフォーマットデジタル一眼レフ。 Nikonユーザーのみならず、 カメラファンならば誰でも憧れる、最高のカメラに仕上がりました ニコンのデジタル一眼レフで初めて裏面照射型構造を採用。 有効画素数4575万画素と常用感度ISO 64-25600を両立。 画像処理エンジンには、D5と同じEXPEED 5を採用しています。 高画素モデルでありながら、ボディー単体で最高約7コマ/秒、 マルチパワーバ...
続きを読む
【Nikon】 D850 先行展示実施中 !~激震の凄いカメラ~ 【Nikon】 D850 先行展示実施中 !~激震の凄いカメラ~ 2017年09月01日
『I AM THE D850』先行展示中!! 忘れることのできない3年前の衝撃を覚えているか・・・驚異のD810が登場! あれから3年!ついにこの日がやってくる!いよいよ9月8日だ! あの衝撃を超えて・・・激震が走る! 待ちに待った・・・待望の新製品『Nikon D850』が登場します! ただいまマップカメラ本館3階にて、 待望の新製品『Nikon D850』の発売に先駆けて、先行展示を行っております。 いったい、どこが凄いのか? 倍率約0.75倍の光学ファインダーとは・・・! 最...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]