【Leica】金曜フードショー☆第33回 SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード
みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。

今回紹介するのは、 赤ズマロン28mmF5.6用のSOOBK フードです。

Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード
レンズが隠れてしまうほどの大きなフードです。
1955年発売のこのレンズは、被写界深度目盛が赤く塗装されているため赤ズマロンと呼ばれています。

Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード
ざらざらとした焼き付け塗装仕上げで高級感があります。
上面に「Summaron 2.8cm」側面に「Ernst Letiz Gmbh Wetzlar Germany」の刻印があります。

Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード

Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード
対物側は、角を丸くした四角形で、レンズレンズへの固定方法は押しネジ式です。
Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード
SOOBKの内側は、乱反射防止用に細かい溝が切ってあり、艶消し塗装されています。
3ヶ所ある小さな突起は、レンズに取付ける際にフードの位置を決めるためのもので
レンズ先端に3つの突起が当たる所で側面のネジを回して水平に固定します。



Leica (ライカ) SOOBK 赤ズマロン28mmF5.6用フード

レンズ鏡胴の奥の方に小さなレンズがあり、光の影響は少なそうですが
60年前の古いレンズですから、フードを使うことによって有害光をカットして
レンズの性能を引き出したいものですね。

SOOBKの表面仕上げとカメラのグッタペルカ(貼り革)がマッチしています。

いや~フードってほんとにいいもんですね!












↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓



↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓






〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:09月15日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む
【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 2017年10月29日
50mm F0.95 1/50秒 ISO1600 突然ですが、人間の目というのは暗い場所でもよく見えるものです。 カメラのレンズに換算すると「F1.0」だそうです。 明るいレンズというのは昔から誰しもが憧れるものですが 1966年にカメラ界の一線を走り続けるLeicaから「M50mm F1.2」が登場して以来 Leica最高峰の明るさを誇る名レンズとして君臨し続けているのが 「ノクティルックス」というレンズ。 今回ご紹介するのはノクティルックスの現行Ver.である「M50mm F0.95 ASPH」 レンズの明るさは驚異の「F0.95...
続きを読む
【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]