子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ

[ Category:SONY|掲載日時:2017年12月16日 21時13分]




null

突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。
今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ
SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。

私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。
だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。
でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。

画質の良いカメラで撮るとスマホで送るためにPCで編集したりと、何かと時間がかかってしまい
結局送らなかったり動画をシェアすることが苦痛になってしまったり。
画質を我慢して送るための動画を撮るのか、画質を優先してシェアするのをあきらめるのか、
そんなことに悩むパパさん達は多いと思います。

ところが、RX100M5はこのサイズでありながらそれを「同時ビデオ記録」という機能で両立できてしまう
優れたカメラなので、個人的に子育てカメラとして一押しです!

null

設定もとても簡単で、メニュー画面から「同時ビデオ記録」を「入」にするだけで、
動画撮影時に3840×2160pix(4K)と1280x720pixの動画が同時に作成されます。

RX100M5は、このサイズからは十分すぎるほどの高画質4Kを記録しつつ、
同時にスマホで簡単にシェアできるサイズの動画も同時に撮ってくれます。
この機能が子育てパパにとってまさに「神」なのです。

そんなのRX100M4でも出来ると思われるかもしれませんが、RX100M5はAFスピードが動画撮影中でも高速なのです。
ちょこまかと動き回る子供についていくために少しでも高速なAFであってほしい。









「同時ビデオ記録」の動画は、サンプルのとおり画質は荒いのですが、
【撮影してスマホに転送、そしてシェア】と一連の作業を1分程度で完結できるので、忙しいパパにはうってつけです。
しかも、編集ソフトを覚える手間も無し!


1年くらい子育てで使ってみて、このカメラは本当にすごいなと、ソニーは本当に佳いカメラを作ってくれたなと思います。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M5

一緒に遊ぶ時もコンデジなら遊びの幅も広がります。操作系が右手側に集中しているのもメリットです。
遊びだけでなく日常的に抱っこや荷物で片手がふさがることも当たり前なのですが、やはり片手だけで操作できるのは便利です。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M5

子育てにおいて軽いは正義。ここぞというときはハッセルブラッドも使っているので、そのサブカメラとしても優秀。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M5

日々の子供の成長記録には、ポケットからサッと取り出せてよく写る。そんなカメラが理想です。
でも、それだけでなく写真も動画も簡単にいろんな人にシェアできるからRX100M5がお勧めです。









また、同時ビデオ記録以外にも便利なのが、インテリジェントアクティブという強力な手振れ補正機能。
インテリジェントアクティブを選択すると、ジンバル要らず!とまでは言えませんが、補正能力はかなり優秀です。
画質はHDのみとなり同時記録機能は使用できませんが、大きなジンバルを持ち歩かずに済むのはとても助かります。


至れり尽くせりのまさに死角なしと思われるRX100M5ですが、唯一バッテリーの持ちが悪いという弱点があります。
丸一日撮影で使うなら、予備のバッテリーは必須です。
機能に足りない点がある場合はどうしようもないですが、バッテリーなら予備を買えば済むため
そういう意味ではカバーできる弱点です。

「子供を撮るためのカメラ」は、それこそ優秀なカメラが各メーカーからたくさんでいてます。
けれど、「子育てをする家族のためのカメラ」としてなら、やはりRX100M5が一押しです。








〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年12月16日 21時13分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 2018年04月27日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Kozue Kawabe Art Exhibition Shibuya @Shibuya Le DECO』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]