【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。
そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。
無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ!
と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。

相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


エントランスを通るとすぐに現れる車両展示コーナー。
激動の時代を駆け抜けた歴史ある7両の車両達が、今にも動き出しそうなピカピカな姿で並んでいます。
停留所標識や敷石も当時の姿で保存され、タイムスリップした様な気持ちになる事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


車両の中に入る事もできます。内部は木造で味わい深く、クラシックなムード満点!
あちこちに残るキズも当時の利用者がつけたものかな、などと市電が活躍した時代に想いを馳せます。
RX1の美しい描写で、木や金属の質感がしっかり感じられる写真になりました。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電廃止の際に作られた花電車が復活!
お別れの時を飾った車両が、時を経てまたみんなに会いにくるなんて…。感慨深いです。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX


実はこの市電保存館、去年の1月にリニューアルされ、新しく歴史展示コーナーができました。
貴重な資料や解説を見ながら、横浜の歴史や市内の交通のあゆみを知る事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


子供達が釘付けになる鉄道ジオラマコーナー。
地下鉄 私鉄 JR 市電など様々な車両が走っていて、いつまでも見ていられます。
自分で運転できるものもあります。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


鉄道ファンにはたまらないシミュレーター。操作は簡単で、誰でも運転手気分を味わえます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電の歴史を映像で見る事ができるシアターコーナー。
横浜市電が街を走る姿はもう映像でしか見る事ができませんが、大きな画面で当時の雰囲気がしっかり伝わってきます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


訪れたのは平日の昼間だった為、ゆっくりじっくり見学できました。横浜市内を元気に走り、市民に愛された市電。
なんだか暖かい気持ちになり、私も現代を頑張って生きなければ、と元気をもらった1日でした。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


相棒のRX1は絞り操作リングや露出補正ダイヤルが使いやすく配置され、快適に撮影できました。
ズーム機能の無い単焦点レンズが素晴らしい描写はもちろん、工夫しながら写真を撮る楽しさも与えてくれます。
適度に重さがあり、質感やデザインにも優れたボディが持っていて満足感があります。
カメラファンの夢が詰まったフルサイズセンサーコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1
ぜひ手に入れて、素敵な作品を撮ってください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(前編) 【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(前編) 2018年02月12日
冬真っ盛りの1月某日、雪景色に浸かりたくて北海道へ出掛けてきました。 SONY α7IIに数本のレンズを携えて向かった先は、道央・上川地方。 富良野市や旭川市、美瑛町などをレンタカーで回りました。 SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/250s f/8.0 ISO100) SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/3200s f/4.0 ISO100) 旭川空港で車を借りて15分も走らせると、美瑛や美馬牛に代表されるような丘陵地帯に入ります。 緑の綺麗な夏はもちろん、冬...
続きを読む
null α9/α7RIIIのフォーカスエリア設定を"詰める" 2018年02月05日
レンズのヘリコイドに添える手がかじかむ日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 この季節ならではの優しい日差しを求めてひた歩く筆者です。 より幅広いカスタムが可能となったα9とα7RIIIのカスタムキー、何をどう設定したらいいか分からない!というお客様も多いと思います。今回はその中でもフォーカス設定系に着目して筆者お気に入りの設定をご紹介しましょう。 それではどうぞ。 いきなりの答え合わせ、というか筆者が気に入っているフォーカスエリア設定のカスタムを貼...
続きを読む
null 【SONY】相棒と歩いた1年 2018年02月04日
焦点距離 70mm SS 1/40 F5.0 WB晴天 ISO400 にわかに寒さが強まる今日この頃。 どんよりとした灰色の空が続く近頃は、撮りためた写真を自宅でチェックするのが日課となっています。 上の写真は、初めて横浜に行ったとき、展望台から青色に染まっていく市街地を撮った1コマです。 借りたフルサイズ一眼を携え横浜に足を運び、その描写力に購入を決意... そのようなことを考えていたのが、もう1年も前なのかと感慨にふけったり。 昨年春に念願のフルサイズ一眼デビューを果たしてからというもの...
続きを読む
null 【SONY】お気に入りレンズ1本勝負! 2018年02月03日
天気の良い休日の朝、「さて今日はどの機材をお供に出かけようか・・」とワクワクしながら悩む時間も楽しみつつ、 今日の「相棒に!」とチョイスしたのがSONY α7IIとFE 24-240mm F3.5-6.3 OSSに決定!さあ出発です! クルマに乗る1時間、今日のお出かけスポットは『横須賀』に決めました。 以前、テレビで見た横須賀軍港クルーズというのがとても気になっていたので気分も上々に現地に到着。 隣接のショッピングモールのお隣が乗船場でした。『軍港クルーズ』と言えばマニアな人たちの集まり・・・をイ...
続きを読む
マクロで歩く雪景色 マクロで歩く雪景色 2018年02月02日
ここ数日は寒い日が続いています。 都内でも数年ぶりに雪が積もり、久しぶりの雪化粧をした風景が広がりました。 この機会を逃すまじと少し浮かれながら今回は雪の粒を捉えるため、 ソニーのα7Rとあえて通常のレンズではなくマクロレンズ FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28を持ち出すことにしました。 マクロレンズは被写体にギリギリまで近づいて細部を撮るもの、というイメージが強いかもしれませんが しっかり無限遠まで撮ることができます。 むしろ通常のレンズでは「もう少し近づきたい」といった...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]