Select Language



CP+2018レポート その1

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月01日 16時52分]


CP+2018レポート

2018年3月1日、パシフィコ横浜で「カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+」が開幕しました。
今年もこの展示会に合わせて、メーカー各社が新製品を続々発表!話題のモデルや会場の雰囲気をお伝えすべく、見学レポートを掲載いたします。



CP+2018レポート


SONYブース

まずは3月27日に注目の新製品「α7III」を発表したソニーブース向かいました。開場直後、真っ先き向かったのにも関わらず、撮影コーナーは長蛇の列。列に並ぶにも制限がかかるほどの注目度の高い商品です。


ソニーブース入口SONY α7III

ブース入口にはαシリーズのカメラ・レンズが一同にお出迎え。もちろんその中にはお目当の「α7III」の姿を見ることができます。

SINY α7IIISONY α7III

列に並びようやく手にした「α7III」。まず筆者が注目したのはモードダイヤルにロック解除ボタンが無いこと。幅広いユーザー層を意識してロックをなくしたとの事。
高感度に強い裏面照射型2420万画素CMOSセンサーに、シリーズ最多となる693点の位相差AFと425点のコントラストAFによる素早いAF。人気の高さが伺える使いやすいモデルです。

瞳AF

強力なAFは望遠レンズコーナーでも体感することができました。ブース端の壇上からモデル撮影コーナーを100-400mmでクローズアップ。離れた位置から狙った横顔でも強力な瞳AFは、モデルさんの瞳を離しません。

FE400mmF2.8 GM OSS

望遠レンズと言えば、「FE400mm F2.8 GM OSS」もお披露目。優れたAFを体験した後なだけに、こちらの商品にも期待が高鳴ります。

モデル撮影コーナでは撮影データの持ち帰りが可能だったため、α7IIIでの撮影画像も掲載いたします。色再現に優れ、自然な印象で描写する優れた性能をぜひご確認ください。

α7III実写データ
焦点距離:105mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:250 / 使用機材:SONY α7III +FE24-105mm F4 G OSS

α7III実写データ
焦点距離:105mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III +FE24-105mm F4 G OSS

α7III実写データ
焦点距離:65mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III +FE24-105mm F4 G OSS








CP+2018レポート


Nikonブース

ニコンブースも充実のラインナップが一同に並びます。昨年は創立100周年記念モデルが注目を集めましたが、今年は直前の新製品発表はなく、少し寂しい印象も受けます。
とは言え、昨年も突然D850を登場させるなど、何が潜んでいるか分かりません。今後の動向には常に注意が必要です。

ニコンブースニコンブース

展示は主に現行モデルをより理解してもらうといった作りになっており、プロカメラマンが実際に使用している機材の紹介や、実際に撮影できるスペースが大きく設けられていました。

ARCRESTAF-S180-400mm

用品コーナーに高性能プロテクトフィルターARCRESTのラインナップに52mm、58mm、62mmが追加される告知を発見!高性能商品のラインナップの充実は嬉しい限りです。
そして望遠レンズコーナーには、3月9日発売予定の「AF-S NIKKOR 180-400mm F4E TC1.4 FL ED VR」の実機が。
1.4倍のテレコンバーターを内蔵した注目の望遠ズームは、カメラのグリップを握ったままで等倍/1.4倍の切り替えが可能です。実際にファインダーを覗きながら操作しましが、とても使いやすい印象を受けました。これも注目の商品です。












CP+2018レポート


リコーブース

RICOH PENTAXの注目は何と言っても、パワーアップしたフルサイズ機「PENTAX K-1 Mark II」です。

K-1IInull

アクセラレーターユニットを搭載することで、高感度性能がさらに向上。また、手持ち撮影でリアル・レゾリューション撮影が可能になりました。
実際にカウンターでリアル・レゾリューション撮影に挑戦。薄暗いブース内でも手持ちでブレなく撮影することができました。

アップグレードアップグレード

そして驚いたのが、従来モデルであるK-1も「Mark II」に改造可能であるということ。54,000円の料金がかかりますが、最新モデルのアップグレードができるのは朗報です。
ちなみに改造モデルは、レンズマウント左下の「SR」バッチが「II」に変更されるとのこと。レアなモデルになる予感がします。

DAレンズ

ボディが新しくなれば、気になるのがレンズラインナップですが、


DFA50mmDA11-18mm

フルサイズ用の「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW(仮称)」とAPS-C用の「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)」がお披露目。共に発売が待ち遠しいレンズです。








[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月01日 16時52分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
ロク・ヨン・ゴ。 ロク・ヨン・ゴ。 2018年06月12日
「CONTAX645」 筆者がフィルムカメラを始めた頃からずっと憧れていたカメラです。 「645」というのはフィルムの大きさを表します。 一般的なフィルムカメラは35mm判。 この645は「ブローニーフィルム」という35mm判に比べ、少し大きいフィルムを使用します。 左が35mmフィルムで右がブローニーフィルム。 ブローニーフィルムは「中判(ちゅうばん)」と呼ばれるカメラに使われます。 「ブローニー」や「120」、「220」という名前で呼ばれることが多いロールタイプのフィルムです。 220は120...
続きを読む
【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 2018年06月11日
今から15年近くも前のこと、筆者がまだ小学校高学年だったころ。 機会あって父から真新しいデジタルカメラをもらいました。Canon 「IXY DIGITAL 30a」でした。 大したものを撮るでも訳でもありませんでしたが、写真というものが新鮮で色んなものを撮った記憶があります。 修学旅行では周囲はレンズ付フイルム(いわゆる使い捨てカメラ)が普通なところ、 私はひとりデジタルカメラ。その便利さと写真の面白さにすっかり目覚めていったのでした。 使っているうちにもらったIXY DIGITAL 30aでは色々と不満...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]