CP+2018レポート その2 | THE MAP TIMES 
Select Language



CP+2018レポート その2

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 10時35分]


CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

今年のCanonブースの目玉は何と言っても『EOS Kiss M』です。本格的な画作りができるエントリー一眼レフとして、世界中のユーザーから絶大な支持を得てきたEOS Kissが次のモデルからミラーレス機に生まれ変わります。実機を試せるタッチアンドトライコーナーでは、若い女性から大きなカメラを肩から下げたベテランまで、幅広い層のカメラファンが撮影を楽しんでいました。2018年はキャノンの一眼レフにとって大きな節目となる年になるかもしれません。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート








CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

FUJIFILMブースでは発売されたばかりの『X-H1』が一番の注目機種。第3のフラッグシップ機として登場した本機ですが、ラインアップが紹介されたディスプレイを見ると、頂点に君臨しているのが『X-H1』です。タッチアンドトライ、動画システムの紹介、写真作品を紹介するブースなど、『X-H1』に対するメーカーの本気度が伝わってくる展示でした。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート










CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

オリンパスブースはフラッグシップ機である『E-M1 MarkII』に加え、3/9発売予定の『PEN E-PL9』がメインに展示されています。毎回面白いディスプレイがあるイメージのオリンパスですが、今年はヴィンテージ風に加工されたPENやOM-Dの展示が多くの注目を集めていました。また、メーカー純正で本格的な水中撮影ができるハウジングを出していることもあり、水中撮影の特設コーナーも用意されていました。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート








CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

今年のパナソニックブースは静止画撮影のフラッグシップモデルとして登場した『G9 PRO』のタッチアンドトライが一番のメイン。そして3/15に発売予定の『GX7 MK3』と新しい望遠レンズ『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. 』も試すことができます。例年だと独自のデジタル技術を紹介する展示が目立っていたパナソニックブースですが、今年は写真とカメラを前面に押し出す展示へと大きく変わっています。『G9 PRO』の登場をきっかけに今後のパナソニックのカメラブランドイメージが大きく変わる予感がしました。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート








CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

近年は一眼レフ用やレンジファインダー用のレンズのみならず、魅力的なEマウントレンズも次々と発表するコシナ。今年はCP+開幕直前に『NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM』『COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount』『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount』の新レンズ3本を発表しました。そのうちNOKTONとMACRO APO-LANTHARはデモ撮影可能で、新レンズの描写をいち早く体感することができます。個人的に最も興味のあった『NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM』は想像以上にコンパクト。開放からのピントの立ちもよく、F1.2らしい深いボケ味が大変美しい描写でした。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート












[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 10時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]