CP+2018レポート その3 | THE MAP TIMES 
Select Language



CP+2018レポート その3

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 13時15分]


CP+2018レポート
シグマブース
シグマブース センサークリーニング
  

シグマブースにも沢山の新商品が並びました。
ブース入口にディスプレイされた商品ラインナップ。豊富なレンズ群に圧倒されますが、ブース内ではセンサークリーニングの実演をするなど、唯一無二のFoveonセンサー搭載カメラの存在感も際立ちます。

 
art35mm art14mm
art70mm art105mm
  

レンズ群は、ソニーEマウントレンズにアップデートされたArtシリーズの単焦点レンズが並びます。すでにマウントコンバーターを介して使用可能なレンズ群ですが、専用マウントになったことでAFがより正確で、高速になりました。α7IIIの登場もあり、Eマウントレンズからますます目が離せなくなりました。
さらにカミソリマクロの呼び声高いの「Art 70mm F2.8 DG MACRO」やディストーションゼロの大口径超広角ズームレンズ「Art 14-24mm F2.8 DG HSM」、F1.4シリーズ最長焦点距離のBOKEH-MASTER「Art 105mm F1.4 DG HSM」を見ることができました。

 




CP+2018レポート
タムロンブース
タムロン新レンズ sp70-210
  

タムロンブースでは、新製品の「70-210mm F4 Di VC USD」とタムロン初の35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズ「28-75mm F2.8 Di III RXD」がお披露目。新製品ながら焦点距離の値を見ると少し懐かしい感じになる商品です。「70-210mm F4 Di VC USD」は実際に撮影を体感することができました。ズーム全域でF/4固定の利便性に加え、軽量且つ強力な手ぶれ補正機能が相まってとても使いやすい印象を受けました。

 


kenko
ケンコーブース
Firin opera
  

ケンコー・トキナーブースで真っ先に目に飛び込んできたのが、トキナーの新レンズ2本です。
画質に定評のあるソニーEマウント用単焦点レンズ「FíRIN 20mm F2 FE」が光学系そのままにAF化。カメラのAF機能が向上しているだけに嬉しい進化です。
そして高級レンズの新シリーズとして「opera 50mm F1.4 FF」が新登場。イタリア語で作品という意味をもつ名称が与えられた新レンズ。その名に相応しい活躍が想像できるレンズです。

 
samyang samyang
ゼクロス
  

韓国製レンズ「SAMYANG」レンズにも新製品が登場。キヤノン用のAFレンズ「AF14mm F2.8 EF」や、ニコン用マニュアルレンズ「XP14mm F2.4 ED」、そしてキヤノン用マニュアルレンズ「XP50mm F1.2」が紹介されていました。
XP50mm F1.2をブースに置かれていたEOS 6D に装着してみましたが、なかなかの迫力です。ピント面はすごく薄いものの、明るい開放Fのおかげでスムーズなピント合わせが可能です。
他にもフィルムスキャナーや5月発売予定の新製品ゼクロスC-PLフィルターを見ることができました。

 


マルミ
マルミブース exus
  

新製品のフィルターといえば、マルミ光機からもEXUSブランドのNDフィルターが発表。9段、10段分相当のND500、ND1000もありバリエーション豊富です。

 


LAOWA
ラオワブース YI M1
  

高いコストパフォーマンスが魅力なLAOWAレンズを集めたサイトロンジャパンのブースも大盛況です。
展示レンズに紛れて見たことのないカメラを発見!マイクロフォーサーズ用の7.5mmF2レンズを装着したカメラは中国の「YI」というメーカーの「M1」というカメラでした。いたるところに新しい発見があるのもCP+の醍醐味です。

 







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 13時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)を...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]