【Rollei】二眼でニャン!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Rollei】二眼でニャン!!

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月31日 21時00分]


Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)


カメラを持ってのお散歩中、街中で猫を見かけると、ついレンズを向けてしまいます。
でも、たいていそれを察知したかのようにダッと逃げられてしまいます。
まぁ、私だって見ず知らずの人間にカメラを向けられたら、顔を背けてしまいますが…
(それ以前に平々凡々なおじさんにカメラを向ける人もいませんが…)

特に東京の猫は、警戒心が強いのか、なかなか撮らせてくれません。

ところが、ここ広島 尾道の猫は違います。

カメラを全く意識していません。 …というか、人をあまり意識していません。
もう、とにかく自由気ままという感じ… 自分たちの生活を謳歌しています。

そんな坂の街の猫たちを、こちらも自由きままに、ローライの二眼レフカメラで撮影させてもらいました。

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

1958年登場の ローライフレックス 3.5F 。

古き良き佇まいのこちらのカメラは、ピントは勿論、露出もマニュアル設定。
フルオートで「瞬撮」の現在のカメラと違い、1枚1枚手動で巻き上げ、じっくりと吟味しながらの撮影です。

でも、6×6㎝ スクエアフォーマットのファインダースクリーンに浮かぶ猫たちは、のんびりと待っていてくれます。
…というか、スクリーンの中で、いつも通りの自分たちの生活を見せてくれます。

なので、こちらもゆったり気ままにシャッターを切らせてもらいます。
「カショッ」 二眼でニャン…

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

朝の尾道。 日差しが気持ちよさそうです。


Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

縁側で日向ぼっこ。 …ザ 日本の風景!

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

上の猫、日向ぼっこをやめ、数メートル先の階段から下を眺め、何やら思案… たぶん考えてます…


Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

坂の途中、家々の間にぽっかり存在する休憩スペースは、猫たちの溜まり場でもあります。
兄弟でしょうか、三者三様に出迎えてくれました。

ベンチから動かないのをいいことに、急いでフィルム交換をしようと、バッグから銀紙に入った
ブローニーフィルムを取り出し、ガサゴソと詰め替え。
さて、撮影続行と正面を向くと、さっきまでの空間に3匹はいず…
逃げちゃったか… と、あきらめかけていると、足元になにやら当たります。

見ると、先の3匹がこちらを見上げながらスリスリ…
……あ、銀紙ガサガサやってるの、餌くれると思ったのね…
ゴメン、何も持ってない…
必死に謝ると、察したのか離れていきました。 散るのも早い…

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

それでもあきらめずに、バッグのそばで待機する子。

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

こちらの子は、気ままです。

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

…っていうか、気まますぎ…


Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)
街が見下せる広場にて。

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

運河沿いののどかな風景を眺めながらの毛繕い… 気持ちよさそうです。

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

ちょっとしてから戻ると、こんな感じに…


Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

広場を出て坂に戻ると、そこにもニャン。 ちょっと不機嫌か…

Rollei (ローライ) ローライフレックス 3.5F (プラナー)

見上げてもニャン…


勿論、猫だけでなく、街全体がのどかで魅力にあふれた尾道。
たくさんの素敵な景色をフィルムに収めることができました。
そちらもいずれ紹介できたらと…

でもその前に、今度はおやつを持って、また行きたいニャン。
















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月31日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初のCMOSセンサーが裏面照射型を採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]