Select Language



【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月14日 18時50分]


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


皆様こんにちは!
今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。
この日はタンバール M90mm F2.2ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。
撮影していてすごく楽しい1日でした!

私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって)
夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。

まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。
上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバランスもあえてそのままに。
レンズが明るいおかげでISO感度は640で済みました。
F2のレンズで撮っていたらISO2500くらいだったでしょう。
感度を上げずに撮影出来るのでノイズが気にならず、レンズ本来の滑らかな階調が楽しめます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


上に小さい照明があったので、キャッチライトを入れてみました。
光源がない場所だったら小さめのLEDライトなどで演出してみるのもいいかもしれません。


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


目線をあえて外してもらってパシャリ。
膝を立ててもらったら構図の中に動きが出ていい感じに。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


また階段がありました。
必ずと言っていいほど階段を見つけたらそこで撮ります。
上からも下からも撮れて動きが出るからというのもありますが、何故だか好きな階段。
番町皿屋敷は怪談。偉い人が集まるのは会談。言いたいだけです、すみません。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


喧騒を離れて小路でパシャリ。
この道は以前も写真を撮って気に入っている場所なのです。
まさにノクティルックス、という大きなボケと程よい遠近感です。
90mmなどの中望遠レンズでは全身を写そうとすると被写体とかなり距離を取らないといけなくなるのに加えて
背景が圧縮されるので広がりが無くなってしまいます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


絞り開放ではピント合わせがシビアなレンズですが、Leica SL(Typ601)との組合わせなら、かなり扱いやすいです。
ファインダーが見やすいだけでなく、グリップも大きく握りやすいのが大きなポイント!
ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHは770gとMマウント用レンズにしては重量級です。
M型デジタルカメラに装着すると、ずっしりとその重さを感じます。

Leica SL(Typ601)の大きなグリップは、重量級レンズを装着してもガッシリとホールドできる安定感が魅力。
ノクティルックスを装着しても重心がボディ側に残るので、手ブレしにくく安定した撮影が可能になります。

マップカメラ店頭では実機でのお試しも出来ますので是非ご体感ください!







5月10日にライカの価格改定があります!!
今回ご紹介したノクティルックスも価格改定の対象になっています!!
今ならまだ値上がり前の金額で手に入ります!
魅惑の大口径レンズ、一度写真を撮れば虜になること間違いなしです!
是非ご検討ください!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月14日 18時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]