Select Language



Kasyapa_topimg
421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』

421:ハイスペック超広角ズーム『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』

焦点距離:8mm(換算16mm)/ 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX DC-GH5+LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. パナソニックから、新たに超広角ズームレンズが登場しました。その名も『Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.』。 「エルマリート」の明るさを誇る超広角ズームレンズですが、本レンズの特徴はその明るさだけでなく、ライカの基準...
続きを読む 2017年05月25日
この記事を面白いと思った人2人

SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

420:破壊力抜群のライト・バズーカ『SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM』

焦点距離:400mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV+SIGMA C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM シグマから小型軽量と高い光学性能を両立した新しい望遠ズーム『Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 』が発売されました。 新レンズのポイントは、何と言ってもその軽さです。約1160gにまで軽量化されたレンズは想像以上に持ちやすく、被写体の動きに合わせ自由に振り回すことができます。まずはこのメリットを活かすべ...
続きを読む 2017年05月19日
この記事を面白いと思った人16人

null

419:誰しもが楽しめるF0.95『中一光学 SPEEDMASTER & CREATOR』

純正レンズでは無い、いわゆるサードパーティー製と呼ばれるレンズの中でも絶対的な明るさで注目されているのが、中一光学『SPEEDMASTER』シリーズです。F1.4よりも明るいF1.2~F0.95という開放値を持ちながら、価格は想像以上にリーズナブル。でも国産レンズじゃないんでしょ?肝心の写りはどうなの??という皆様の疑問に答えるべく、今回はSPEEDMASTERを含む中一光学製レンズ6本のフォトプレビューとなります。ぜひご覧ください。 絞り:F0.95 / シャッタースピード:1/8000秒...
続きを読む 2017年04月22日
この記事を面白いと思った人18人

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』

焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む 2017年04月21日
この記事を面白いと思った人16人

417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』

417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』

絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む 2017年04月20日
この記事を面白いと思った人27人

416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』

416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』

絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む 2017年04月06日
この記事を面白いと思った人18人

415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』

415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』

絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む 2017年03月30日
この記事を面白いと思った人33人

414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』

414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』

絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む 2017年03月26日
この記事を面白いと思った人42人

413:ポートレート撮影がもっと楽しくなる『SONY FE 85mm F1.8』

413:ポートレート撮影がもっと楽しくなる『SONY FE 85mm F1.8』

絞り:F2/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250/ 使用機材:SONY α7II ボディ + FE 85mm F1.8 今回のKasyapaでは、ソニーから新たに発売されたレンズ『SONY FE 85mm F1.8』をご紹介いたします。 ソニーEマウント用85mmと言えば『FE 85mm F1.4 GM』が真っ先に頭に浮かびますが、今回ご紹介するレンズはお値段がなんと『FE 85mm F1.4 GM』の3分の1以下というリーズナブルっぷり。昨年発売された『FE 50mm F1.8』と同じ位...
続きを読む 2017年03月26日
この記事を面白いと思った人32人

Panasonic GH5

412:目覚ましい進化を遂げた"GH"『Panasonic LUMIX GH5』

絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S 冒頭から少し失礼な言い方に聞こえてしまうかもしれませんが、『Panasonic GH5』が発表になった際、「あの動画に強いカメラ(GH4)がモデルチェンジするのか」というのが最初の印象でした。先代のGH4の登場で『4K動画が撮れる一眼カメラ』というイメージが定着し、それと共にカメラブランドとしてのパナソニックのイメージが向上したと感じ...
続きを読む 2017年03月21日
この記事を面白いと思った人42人

1 2 3... 40 41 42 Next»

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |