Select Language



Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:400

Canon EF24-70mmF4L IS USM


先日人気の大口径ズームレンズ「EF24-70mm F2.8L IS USM」を10年ぶりにリニューアルしたキヤノンから、同じ焦点距離の新製品「EF24-70mm F4L IS USM」がリリースされました。
このニュースを最初に聞いたときは、なぜ同じ焦点距離のレンズを続けて出すのだろう?と疑問に思いましたが、さらに小型軽量化されたレンズを見て、なるほど「EOS 6D」にベストマッチなレンズだと納得しました。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:100


約25%も軽量化されたレンズはさらにフットワーク良く撮影をサポートしてくれます。
開放F値が4に抑えられたものの高感度に対応したデジタルカメラが主流の現在なら、光量が足りなくて困るということも少なく、軽量になった方の恩恵のが大きいのではとも思えます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200


アクリルの椅子は透明感が強く、AFによるピント合わせを苦手とすることが多いのですが、最新カメラの優れたセンサーとの組み合わせなら素早く反応してくれます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:53mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:400


高いコントラストでシャープな描写は壁の質感や瓦の細かい模様もしっかり捉えています。道沿いに続く奥行き感やボケも美しく高い光学性能が伺えます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400


このレンズのもう1つの魅力、マクロ撮影機能も見逃せません。マクロ切替レバーを操作することによって、ズームリングが70mm側からさらにマクロ領域へ移行します。
スペック上最短撮影距離20cmとありますが、レンズ前面から被写体までのワーキングディスタンスは3〜4cmほど。コンパクトデジタルカメラかと思わせる驚異の接写能力は、ファインダー内に気を取られていると危うく被写体にぶつかりそうになります。フードがバンパー的な役割も果たしてくれました。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:45mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800


「EF100mm F2.8L マクロ IS USM」にしか搭載されていなかったハイブリッドISも搭載。2つのブレを同時に補正するマクロアシスト機能は室内での接写時などで威力を発揮してくれます。
標準ズームとは思えない驚愕の接写性能は、質感描写の素晴らしさに加え、美しいボケの中に芯のある力強い解像力で被写体をハッキリ浮かび上がらせてくれました。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:26mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:24mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:200


広角端でも歪みの少ない綺麗な直線を描いています。ガラス越しにも関わらず手前から奧まで素晴らしく解像しています。モヤのかかった曇り空の空気感はもちろん、師走の寒さも伝わってきます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:39mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200


撮影中に突然降りだした雨も、防塵・防滴性の高い構造でカバー。この軽くて小さなレンズによくもこれだけの高機能を詰め込んだものだと関心します。


Canon EF24-70mmF4L IS USM

今回は「EOS 5D Mark III」での撮影になりました。その小型軽量さから一見「EOS 6D」用と思われがちですが、Lレンズの名に恥じない優れた描写力と軽量ながら高級感ある質感でどのカメラにもベストマッチしします。
ボディを選ばず優れた性能を発揮する「EF24-70mm F4L IS USM」は撮影中はもちろん、撮影後の疲労感も軽くしてくれる魅力あるレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Canon EOS 5D Mark III +EF24-70mm F4L IS USM


Kasyapaトップへ戻る"


カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:183票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 498:バランスの取れた逸品『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S』 2018年11月08日
焦点距離:49mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:450 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 先月の終わりごろに10日間ほどプライベートで海外旅行に行く予定があり、何の機材を持っていこうかと考えに考え抜いた結果、発売したばかりの『Nikon Z7』と『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』を持っていくことにしました。 このセットにした決め手としては、やはりそのコンパクトさ。そ...
続きを読む
SONY FE 24mm F1.4 GM 497:広角レンズの概念を覆す1本『SONY FE 24mm F1.4 GM』 2018年10月28日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:SONY α7RIII + FE 24mm F1.4 GM SONY FE 24mm F1.4 GM 今回のKasyapaでは『SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM』をご紹介いたします。 解像力とボケ味が両立された、ソニー最高峰のレンズだけに与えられる称号「G Master」。本レンズはそのシリーズの8本目にあたります。今までソニー純正の単焦点レンズラインナップに広角レンズは無かったので、本レンズ...
続きを読む
Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |