Select Language




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8



Zeissの新生ミラーレスレンズライン"Touit"。その超広角大口径レンズとしてラインナップされたのは伝統の広角レンズ"Distagon"の名を冠された『Touit 12mm/f2.8』です。そのスペックだけでも広角レンズユーザーとしては非常に魅力的な1本ですが、その描写はいかなるものなのか。8群11枚と言うそのレンズ構成の複雑さからも、その実力のほどが気になる所です。

近接領域ではフローティングエレメント機構を搭載。近接域に光学補正をかける事で好描写を実現したとありますが、その効果はしっかりとあるのでしょう。遠景から近景にかけても実にシャープ、全域で安心して使用することが出来ました。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/290秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

F2.8の大口径はこうした薄暗いシチュエーションで真価を発揮します。せっかくの高画質ですから、手ぶれでの劣化は避けたいもの。特に高画素機でこうした大口径は役に立ってくれるでしょう!




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8






X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/64秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8



12mmのパースペクティブはAPS-Cとはいえ強烈なものです。ただ驚くのは周辺光量落ちの無さと全域に渡っての歪みの無さ。どのカットを見返してみても直線が綺麗に伸びており、「大口径広角だから…」という言い訳を感じさせないその好描写は、このレンズの画角以上に広がりを感じさせる写真につながっている様です。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/147秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

描写は細部にわたって緻密。細かいタイルや壁面の模様までしっかりと描きます。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/271秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

この大口径ですから、スナップ等にも使いやすい1本でしょう。ホイールの鈍い光の反射などに御注目下さい。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

フォーカススピードもストレスを感じないスムーズなもの。絞り込んでのMF撮影等も、スナップには活用したいポイントです。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/114秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8





X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

しかしどのようなシチュエーションでも細部に緻密な描写です。逆光耐性も驚くほどしっかりしており、立派な花形フード無しでもかなりのシチュエーションでゴーストなどは見受けられませんでした。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

葉の柔らかな質感まで伝わってくる様です。歪みや周辺光量落ちが無い分、こうしたシチュエーションでは超広角感が薄れますね。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/282秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8






X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/53秒 / ISO:250 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

逆にこうしたシチュエーションでは超広角レンズらしい描写に。使い方次第で異なる雰囲気を演出できる1本です。





付属の花形フードも実に立派。レンズ自体は小さいですし、逆光耐性もしっかりしているので携帯性重視では外してしまっても、想像以上に良い描写をもたらしてくれます。いつもの光景もがらりと変えるその画角、そこにZeiss渾身の光学設計を詰め込んだ本レンズ。その描写をぜひ楽しんで頂きたいと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら


Kasyapaトップへ戻る"



カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:167票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY (ソニー) FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 530:Eマウント待望の超望遠ズーム『SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』 2019年08月24日
焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7R III + FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SONYFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 一言でズームレンズと言っても、焦点域やF値など様々な種類が存在します。その中でも400mmを超える焦点域をカバーできる超望遠ズームレンズは近年注目を浴びているジャンルの一つ。今までは一眼レフ用やマイクロフォーサーズ用しか存在していなかった超望遠ズームレンズですが、ついにフル...
続きを読む
SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |