Select Language




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8



Zeissの新生ミラーレスレンズライン"Touit"。その超広角大口径レンズとしてラインナップされたのは伝統の広角レンズ"Distagon"の名を冠された『Touit 12mm/f2.8』です。そのスペックだけでも広角レンズユーザーとしては非常に魅力的な1本ですが、その描写はいかなるものなのか。8群11枚と言うそのレンズ構成の複雑さからも、その実力のほどが気になる所です。

近接領域ではフローティングエレメント機構を搭載。近接域に光学補正をかける事で好描写を実現したとありますが、その効果はしっかりとあるのでしょう。遠景から近景にかけても実にシャープ、全域で安心して使用することが出来ました。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/290秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

F2.8の大口径はこうした薄暗いシチュエーションで真価を発揮します。せっかくの高画質ですから、手ぶれでの劣化は避けたいもの。特に高画素機でこうした大口径は役に立ってくれるでしょう!




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8






X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/64秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8



12mmのパースペクティブはAPS-Cとはいえ強烈なものです。ただ驚くのは周辺光量落ちの無さと全域に渡っての歪みの無さ。どのカットを見返してみても直線が綺麗に伸びており、「大口径広角だから…」という言い訳を感じさせないその好描写は、このレンズの画角以上に広がりを感じさせる写真につながっている様です。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F3.6 / シャッタースピード:1/147秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

描写は細部にわたって緻密。細かいタイルや壁面の模様までしっかりと描きます。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/271秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

この大口径ですから、スナップ等にも使いやすい1本でしょう。ホイールの鈍い光の反射などに御注目下さい。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

フォーカススピードもストレスを感じないスムーズなもの。絞り込んでのMF撮影等も、スナップには活用したいポイントです。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/114秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8





X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

しかしどのようなシチュエーションでも細部に緻密な描写です。逆光耐性も驚くほどしっかりしており、立派な花形フード無しでもかなりのシチュエーションでゴーストなどは見受けられませんでした。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

葉の柔らかな質感まで伝わってくる様です。歪みや周辺光量落ちが無い分、こうしたシチュエーションでは超広角感が薄れますね。




X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/282秒 / ISO:200 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8






X-E1 + Touit 12mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/53秒 / ISO:250 / 使用機材:X-E1 + Touit 12mm/f2.8

逆にこうしたシチュエーションでは超広角レンズらしい描写に。使い方次第で異なる雰囲気を演出できる1本です。





付属の花形フードも実に立派。レンズ自体は小さいですし、逆光耐性もしっかりしているので携帯性重視では外してしまっても、想像以上に良い描写をもたらしてくれます。いつもの光景もがらりと変えるその画角、そこにZeiss渾身の光学設計を詰め込んだ本レンズ。その描写をぜひ楽しんで頂きたいと思います。



Photo by MAP CAMERA Staff


このレンズのお買い物はこちら


Kasyapaトップへ戻る"



カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:162票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |