Select Language

SONY RX100II 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY RX100II



SONYハイエンドコンパクト・ライン、RXシリーズに新しいモデルが登場しました。『SONY RX100 II』、裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、液晶はバリアングル化。EVFの装着も可能になり、より一層使い勝手良く進化した印象です。先代の『SONY RX100』も完成度の高いモデルでしたが、今回の改良点がどう違いとなって現れるのか、撮影しました。

まずは近接での撮影。フォーカススピードの早さは先代譲りの気持ちの良いものです。そして、このカットでISOは1250。高感度という感じもほぼなく、色彩もニュートラルで美しい再現です。裏面照射型CMOSセンサーは高感度への対応が強みとのことですので、ここも大きな『SONY RX100 II』のポイントでしょう。




SONY RX100II 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY RX100II

今回撮影していて感じたのはアンダー部のトーン再現の美しさ。こうした少し暗がりの、その暗部の描写がとても美しいのです。時代を経た事物の存在感や、窓の外との明暗のコントラストなどが実に自然に描かれています。コンパクト機で暗部の表現の楽しみなモデルは、これはなかなか少ないものです。




SONY RX100II 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:3200 / 使用機材:SONY RX100II

そして、ISO3200。いかがでしょう?ラチチュードは少し狭まる様です。鮮明さも、少し減じています。ただそれも言われればのレベルではないでしょうか。色や光も美しく、ノイズもほとんど気になりません。正直ここまで高感度に強くなっているとは思いませんでした。撮影中も手ぶれや暗すぎて撮れないなど気を遣うことなくサクサク撮影していましたし、『SONY RX100 II』の最大口径はF1.8ですから、光の条件を気にかけることなくいろいろなシチュエーションで活躍してくれることでしょう!




SONY RX100II 絞り:F4.9 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:640 / 使用機材:SONY RX100II

明度差の大きい条件ですが、上手くまとめてくれています。この感じは撮影していても実に助かるポイントでした。




SONY RX100II 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:3200 / 使用機材:SONY RX100II

これも、ISO3200ですね。撮影データを見返して驚いた1枚です。「ノブや金属の光沢感まで素晴らしい描写!」そうこの感度で言わせるのが『SONY RX100 II』の底力なのでしょう。




SONY RX100II 絞り:F10 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY RX100II






SONY RX100II 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1000 / 使用機材:SONY RX100II






SONY RX100II 絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:500 / 使用機材:SONY RX100II

モノクロームで見て、更に感じるトーンの美しさです。大理石の肌の質感や光の照り返し、ぜひご覧ください。




SONY RX100II 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY RX100II






SONY RX100II 絞り:F4.9 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:3200 / 使用機材:SONY RX100II

暗い中でも望遠が生きてくるのはこの大口径と、高感度の強さによるものでしょう。 コンパクトデジタルでいて、この使い勝手の良さは特筆ものです。




SONY RX100II 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:250 / 使用機材:SONY RX100II








改めてみて、その小ささに驚きます。それこそジャケットのポケットに入るサイズながら、この描写力。先代『SONY RX100』の時も強く感じましたが、コンパクトデジタル機の昨今の進化は驚くべきものです。その進化の先鋒に間違いなく位置する銘機、『SONY RX100 II』の登場です。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る"






[Category: SONY|掲載日時:2013年07月05日 10:35:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!151票


Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S

541:高解像の明るい広角『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』[2019年10月18日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 24mm F1.8 S 大口径単焦点『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』は、Zマウントで4本目になる開放F値1.8の明るい広角レンズです。高い解像力を誇り、風景・星景やスナップ撮影はもちろんのこと、明るさを活かした室内写真、ボケを活かしたポートレートなど、幅広く楽しむことができます。そんな当レンズを持って、秋口の江ノ島へ行ってきました。...
続きを読む
Canon EOS M6 Mark II

540:14コマ/秒の高速連写と小型軽量を両立『Canon EOS M6 Mark II』[2019年10月16日]

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:2000 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM CanonEOS M6 Mark II この瞬間を逃したくない──!そんな思いのある方にピッタリなのが、『Canon EOS M6 Mark II』です。小型軽量だからと侮るなかれ。14コマ/秒の高速連写が、シャッターチャンスを逃しません。初心者が扱うには難しいのではと思われるかもしれませんが、そんなことありません。液晶...
続きを読む
539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』

539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F10 / シャッタースピード:30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN SIGMAArt 35mm F1.2 DG DN シグマが「最高画質の追求」をさらに先鋭化させた大口径単焦点レンズ『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』をご紹介します。なんと数々のレンズを生み出してきたシグマにおいて初の開放値F1.2。浅い被写界深度を活かした写真だけではなく、様々な表現に挑戦できるレンズです。 まずは工場夜景の写真から。撮影したのは、夜中の3時...
続きを読む
538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』

538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応) SIGMAContemporary 45mm F2.8 DG DN 『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)』は、シグマが提案する新しいフルサイズミラーレス専用標準レンズです。全てにおいてベストバランスが追求されています。50mmではなく45mmであることに、シグマのこだわりを感じます。 このレンズを手に...
続きを読む
TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

537:毎日持ち歩きたくなる超広角ズーム『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』[2019年09月24日]

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD 超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、...
続きを読む