Select Language

SONY RX100 M3 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY RX100 M3


初代の発表から早くも2年、依然高い人気を誇る『RX100』シリーズに新モデルが発表されました。『RX100 M3』とされた本モデルは搭載レンズの刷新や処理エンジンのリニューアル、そしてEVFの内蔵などさまざまなブラッシュアップが加わった期待のモデル、ぜひその描写をご覧頂きたいと思います。

まずは夕日のカット、完全な逆光ですが嫌なゴーストも現れず、四隅に至るまでしっかりと描ききっています。『RX100 M3』ではレンズの広角端が28mmから24mmに拡大されました。たった4mmの違いに思えるかもしれませんが、広角域での4mmの違いは想像以上に大きいもの。ダイナミックな画角で被写体の存在感を描きます。




SONY RX100 M3 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY RX100 M3

見上げたり、見下げたり、マクロ撮影の時でも重宝なのが背面のバリアングル液晶です。『RX100 M2』と比べて可動範囲の広がった背面液晶は、広角24mmまでの画角の自由さと相まって自在な撮影が可能です。明暗の激しいこうした被写体でも、実に自然な質感描写が可能です。




SONY RX100 M3 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY RX100 M3


かなりアンダーに振っての撮影ですが、浮かび上がってくる様なタイルの存在感、建物の重厚な重みは、もはや"コンパクトデジタルだから"とくくれない素晴らしい描写です。初代『RX100』から定評のあった高い描写力ですが、それを更に研ぎすました印象で、ポケットサイズながらその仕上がりには驚いてしまいました。

更に、今回の『RX100 M3』の最大のポイントがポップアップEVFの搭載です。これまでストロボの格納されていた位置に高精細EVFを内蔵。ボタンでポップアップし、ファインダー部を引き出して固定する2アクションでの使用ですが、この小型EVFの精細な見え方には驚いてしまいました。小型のファインダーともなるとどうしてもちらつきや粗粒子感、ホワイトバランスの悪さなどを感じる事が多かったのですが、この『RX100 M3』のEVFは驚く程クリア。ファインダーガラスにまでT*コーティングを施したという力の入れようが伝わる入魂のファインダーで、逆光時やマニュアルでのピント合わせには絶大な力を発揮してくれました。




SONY RX100 M3 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1200 / 使用機材:SONY RX100 M3

陰影も綺麗に描きます。夕暮れの迫る喫茶店に仄かに灯るあかり、その優しい陰影をしっかり捉えてくれました。




SONY RX100 M3 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:600 / 使用機材:SONY RX100 M3

最短撮影距離はテレ端で30cmと『RX100 M2』と比べて大幅に短縮。マクロ撮影に弱い点がRXシリーズの数少ない弱点でしたが、そのポイントもしっかりとブラッシュアップされています。




SONY RX100 M3 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY RX100 M3

それにしても、このサイズ感で35mm換算24-70mm F1.8-2.8の大口径ズームレンズが搭載されている事には驚きを隠せません。こうした光の少ない場所でも手持ちで難なく撮影出来ます。それでいてズーム全域から質感描写とも実に優秀。水面のゆらぎやつぼみについた雨粒までしっとりと描くのですから、頼りがいのある万能コンパクトに違いありません。




SONY RX100 M3 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1200秒 / ISO:1000 / 使用機材:SONY RX100 M3






SONY RX100 M3 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY RX100 M3

花びらの1枚1枚まで、その柔らかさがしっかりと伝わってくる描写です。




SONY RX100 M3 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:600 / 使用機材:SONY RX100 M3






SONY RX100 M3 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY RX100 M3








小さいですね…そして軽量。タテヨコのサイズはほぼ同等ですが、厚みが少々増したためしっかりとしたホールディングを好む方には別売のグリップがおすすめです。 シンプルで高品質な外観デザインはそのままに、新しい機能や描写のブラッシュアップをしっかりと加えてきた新生『RX100 M3』。コンパクトデジタルの決定版、そんな感すらある待望の1台が完成しました。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る







[Category: SONY|掲載日時:2014年05月31日 11:55:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!175票


Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

554:立体感のある描写が光る1本『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』[2019年12月06日]

焦点距離:32mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 24-70mm F2.8 PanasonicLUMIX S PRO 24-70mm F2.8 『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』は、ズーム全域で高い描写性能を発揮する、大口径ズームレンズです。赤い「S」のエンブレムは、ライカカメラ社の品質基準を満たす証。明る...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
SONY α6100

552:ソニーの想いが詰まったベーシック機『SONY α6100』[2019年11月30日]

焦点距離:50mm(35mm換算:75mm) / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:2000 / 使用機材:SONY α6100 + E 50mm F1.8 OSS SONYα6100 α6000ユーザーにとって待望のタッチ操作やサイレントシャッター、そしてリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングAFなど大幅に強化されたAF性能。さらに4K動画撮影機能を搭載し、JPEGのエクストラフ...
続きを読む
Canon RF50mm F1.2L USM

551:主役を、主役たらしめるレンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』[2019年11月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM CanonRF50mm F1.2L USM キヤノンの50mm F1.2といえば、12年前に発売されたEFレンズを思い浮かべる方も多いかと思います。『R』『RP』とフルサイズのミラーレスが登場した今、ミラーレス用レンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』はEFレンズとは異なった新...
続きを読む
Canon PowerShot G7X Mark III

550:ポケットに本格的なコンデジを『Canon PowerShot G7X Mark III』[2019年11月29日]

焦点距離:22mm(換算59mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon PowerShot G7X Mark III CanonPowerShot G7X Mark III Canon G7Xが3年半ぶりにリニューアル。カメラだけでライブ配信ができるなどスペシャルな機能も搭載され、話題を呼んでいます。特筆すべきはF1.8-F2.8という明るいレンズ。撮影の幅がグンと広がり...
続きを読む