Select Language
PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F4.5|シャッタースピード:1/2000秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

PENTAX Q-S1

ペンタックスQシリーズの最新モデル「Q-S1」が登場した。イメージセンサーは「Q7」と同じ有効画素数約1,240万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを搭載する。このセンサーは画素数と解像感のバランスが良く、ファイルサイズが大きいRAWでの撮影も気軽にできる点が良い。今回使用したレンズ「08 WIDE ZOOM」とのマッチングも良く、1/1.7型のイメージセンサーとは思えない解像感と滑らかなグラデーションに驚かされた。

クラシックカメラ風のデザイン故にマニアックな印象を受けるが、1枚目の写真は露出モード「AUTO」で撮影したもので、ご覧のように逆光という難しい 条件でも綺麗な写真が撮れた。Q-S1はカメラに詳しくない初心者にもオススメの一台だ。また、Q-S1は豊富なカラーバリエーションも用意されているので、お気に入りの一台を見つけて写真撮影を楽しんで欲しいと思う。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F3.7|シャッタースピード:1/30秒|ISO:800|露出補正:-2|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

Q-S1はバッグから出してすぐ撮れるので、シャッターチャンスに強い。これは小さくて軽いというコンパクトボディー故の機動性の良さによるもので、常に持ち歩けるサイズだからこそ最高のシャッターチャンスをモノにできるのではないかと思う。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F4.5|シャッタースピード:1/500秒|ISO:200|露出補正:-0.7|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

コンパクトデジタルカメラと同じセンサーサイズなのでどうしても画質が気になってしまうのだが、この繊細な解像感・凝縮された情報量を見ると十分過ぎるほどの実力を持っていることがわかる。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F3.7|シャッタースピード:1/30秒|ISO:250|露出補正:0|デジタルフィルター:フェードカラー|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

Q-S1のスマートエフェクトには新たな「フェードカラー」と「アンティーク」が追加された。どちらも退色したような仕上がりになるものだが、重厚感のあるフェードカラーと優しい色合いのアンティークの使い分けも楽しみの一つ。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F4|シャッタースピード:1/40秒|ISO:200|露出補正:0|デジタルフィルター:アンティーク|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

アンティークはトイカメラの光学的なシミュレーションとは違い、どちらかというとプリントした写真の質感を出すような傾向にあるように思える。比較的暗めの被写体の場合はそれが顕著で、プリントの周辺から退色して中央に色が残ったような雰囲気となるようだ。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F3.7|シャッタースピード:1/30秒|ISO:100|露出補正:-3|デジタルフィルター:クロスプロセス|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

「Q7」にあったスマートフィルター「クロスプロセス」と「水彩画」がQ-S1では上記の2つのスマートエフェクトと入れ替わってしまったが、撮影後のデジタルフィルター機能で、クロスプロセスをはじめとする効果を写真に掛けることができる。また、カメラ内RAW現像機能を利用すれば、ホワイトバランスや露出の変更と同時にデジタルフィルターを掛けてJPEG出力も可能なので、こちらも是非オススメしたい。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F4|シャッタースピード:1/60秒|ISO:100|露出補正:-0.7|デジタルフィルター:ミニチュア|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

デジタルフィルター「ミニチュア」はジオラマ風の写真以外に、縦横斜め自由にピント位置を設定できるので限定的なぼかし機能として応用できる。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F4|シャッタースピード:1/50秒|ISO:250|露出補正:0|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

Q-S1のイメージセンサーは小さいものだが、葉の一枚一枚の形状をしっかりと再現し、さらに葉脈まで記録されていることに驚きだ。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F4.5|シャッタースピード:1/125秒|ISO:200|露出補正:0|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

35ミリ判換算約17-27ミリ相当の超広角ズームレンズの08 WIDE ZOOMは、広角ならではパースペクティブが楽しめるQシリーズ唯一のレンズだ。そして、天井のガラスの細かいワイヤーのようなものまでしっかりと解像しており、このレンズの性能も素晴らしいと感じた。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM 絞り:F3.7|シャッタースピード:1/30秒|ISO:1000|露出補正:0|使用機材:PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

オートフォーカスはテンポ良く合うので撮っていて楽しい。何気なく使っている機能だが、オートフォーカスが遅いとこのような気持ちにはならない。また、暗い場所でも極端にオートフォーカスの速度は低下しないのも良い。Q-S1は新たに動画撮影時のコンティニュアスAF機能を搭載するなど、オートフォーカス機能も進化している。



PENTAX Q-S1 + PENTAX 08 WIDE ZOOM

Q-S1はクラシカルなデザインとコンパクトボディー故にスナップ撮影でも威圧感を与えず気楽に撮れる点が良い。初心者でも使いこなせる簡単な操作モードの他に、「P」「Tv」「Av」「M」の本格的な露出モードも用意されているので、使いながらステップアップできるのだ。本格的なRAW撮影も可能なので、中上級者のサブカメラとしてもオススメしたい。



Photo by MAP CAMERA Staff







Kasyapaトップへ戻る"

[Category: PENTAX & RICOH|掲載日時:2014年08月29日 11:40:55 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!172票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む