Select Language

ZEISS Loxia 2/35 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2

ZEISS Loxia 2/35


今回は正式発表されましたSony α7シリーズ対応の新レンズ『Carl Zeiss Loxia 35mm F2』のご紹介です。 既に発売されているLoxia 50mm はプラナータイプでしたが、今回の Loxia 35mmは広角のビオゴンタイプ。 Carl Zeissレンズ群の中でもビオゴンは優れた描写性と明るさのレンズ構成です。しかし設計上バックフォーカスが短くなるため、一眼レフがカメラの主流となった現在では広角レンズ座をディスタゴンタイプに譲るかたちになっていました。今回はミラー干渉の心配のないα7の利点を生かしデジタル用レンズ初のCarl Zeissビオゴンとなります。
銘レンズの再来となるのか、Zeissファンとしては非常に気になる一本です。早速試写へ出かけました。

ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


1枚目はF8まで絞ってでの撮影。細かな線を写し出す本レンズの解像力にも驚きですが、建築物の質感表現が見事です。 変わって2枚目はF2.8で撮影。ロードバイクのハンドル部に合わせたフォーカス部はクッキリ解像し、アウトフォーカスは被写体を浮かび上がらせるようなボケ味が特徴です。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


最短撮影距離は30cmから。薄いピントの中に水の滑らかさが伝わってきます。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2

フォーカスを合わせる為のヘリコイドは程よいトルク感と滑らかな動きで非常に気持ちのいい感触です。絞りリングは50mmと同様にムービーユーザーの使用を考えたデクリック機能を搭載。小振りなレンズですが Carl Zeissらしい物作りの良さを感じられる一本です。 絞り開放の描写力はピント面のシャープネスはもちろんですが、その被写体の質感や重さも感じられるような写り味。そしてアウトフォーカスのじわりと滲むようなボケ味が一層ピントを合わせた被写体を際立たせます。絞り込んでも固いという印象はなく、より忠実に表現していると言ったらいいのでしょうか、人の目以上に被写体の特徴を細かく写し出してくれます。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


モノクロームでの表現でも本レンズは実力を発揮します。高コントラストで黒に見えるシャドウ部も中にしっかりと被写体が描写されており、グレートーンながら実に深みのある色を再現してくれます。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


影を意識し、すこしアンダー気味で撮影。Zeissらしいこってりとした色合いが金属の魅力をぐっと引き立てます。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


夕方の強い逆光の中で撮影。シャドウ部の緻密な描写力は流石という印象です。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


本レンズは撮影者の意図をより印象的にし、写真の楽しさと美しさを再認識させられます。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


焦点距離35mmは撮影シーンを選ばず活躍をしてくれるレンズです。何気ない日常を特別な写真にしてくれるのもZeissレンズの魅力かもしれません。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


夕日の繊細な空の色。美しい表現力です。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


深みのあるシャドウ部の色彩が、より被写体を印象的な物にします。


ZEISS Loxia 2/35 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Sony α7R + ZEISS Loxia 35mm F2


光と影のコントラスト。人の美意識を刺激してくれるレンズです。


ZEISS Loxia 2/35


『Carl Zeiss Loxia 35mm F2』は非常に魅力ある1本でした。35mm F2というスペックは他メーカーからも多く出ているスタンダードなレンズです。その中でも本レンズの性能は非常にハイレベルなものですが、スペック値だけでは語れない写真にしたときの魅力と言ったらいいでしょうか、このレンズにしか撮れないと思わせるものが『Carl Zeiss Loxia 35mm F2』にはあります。 α7はSonyからのZeiss銘レンズ『Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA』やマウントアダプターを通して歴代のZeissレンズを使用することができます。その中でも高い描写性と独特の味を併せ持つ本レンズは贅沢な選択肢の一つかもしれません。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2014年12月04日 12:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!139票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む