Select Language




Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


名門Carl Zeissの勢いが止まらない。前までは一眼レフ対応レンズとライカMマウントレンズのみでしたが、ミラーレス機の普及と高画素機の登場によりTouit、Otus、Loxiaという鳥の学名から付けられたレンズシリーズを展開。そこへまた新たな名が加わりました。今回のKasyapaは『Carl Zeiss Batis 85mm F1.8』、Batis(セワタビタキ)の名を持つフルサイズEマウントレンズのご紹介です。
Carl Zeissからは昨年Loxiaというレンズを発売していますが、マニュアルフォーカスのLoxiaに対し、Batisはオートフォーカスレンズという仕様の違いがあります。そして本レンズはα7ユーザー待望の明るい中望遠レンズということで注目している方も多いのではないでしょうか。新しいZeissレンズはいかなる写りを見せてくれるのか、早速試写へ出かけました。

クロームメッキの輝きが美しくてシャッターを切ったアメリカンスタイルのバイク。絞り開放で撮影したのですが、艶やかな映り込みを見事に表現してくれました。こってりとした発色はいかにもZeissレンズらしい味付けです。

Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8





Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


巨大な歯車が回転するオブジェを撮影。浮かび上がるような立体感のある描写ですね。質感表現も見事です。ゾナータイプらしく非常にコントラストの高い写りを見せてくれるレンズです。


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8





Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


街中のスナップでは印象的なシーンを程よい画角で切り抜けるのも85mmレンズのいいところ。ふと気付いた海外旅行先のような風景を写真に収めることができました。モノクロームで仕上げましたが階調表現もいいですね。トレーラーに合わせたフォーカス部はしっかりと解像されていますが、角が立つようなザラつきは感じられません。画作りは全体的に滑らかな印象なので被写体と周りの空気感を上手に表現してくれました。


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8





Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


Carl Zeissレンズは、Distagon、Biogon、Planar、Tessar、Sonnarなどレンズ構成別に名称がつけられており、誕生から現代まで同じ名が脈々と引き継がれています。今回の『Batis 85mm F1.8』はSonnarということで、真っ先に頭に思い浮かんだのが『Sonnar 8.5cm F2』というレンズでした。戦前にルートヴィッヒ・ベルテレが設計し、その高性能な描写から世界中の光学メーカーがお手本にした伝説の1本。一眼レフがカメラの主流となってからはSonnarよりバックフォーカスを長くとれるPlanarがZeiss大口径単焦点の顔となりましたが、フランジバックの短いミラーレス機の登場により復活した中望遠Sonnarは「Sonnar 8.5cm F2の再来では!?」と心を揺さぶられてしまいました。
その描写は濃厚な色合いと粘度を感じるようなボケ味。『Batis 85mm F1.8』は現代に甦った銘レンズの末裔と言えるかもしれません。


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


臨月を迎える妻。重くて辛いと言いつつも顔は嬉しそうです。『Batis 85mm F1.8』の芯がありつつも柔らかな表現はポートレート撮影の良き相棒となってくれるはずです。


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8





Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


走り去る英国の黒豹。厚みを感じるような色表現は艶やかな黒いボディをより美しく写し出してくれました。

今回の試写で少し気になったのがAFスピード。この写真はピント位置をあらかじめ予想してたので走る車に合わせる事ができましたが、本レンズはそんなにキビキビと素早くAFが動く仕様にはなっていません。AFだとピント合掌まで少しの間が空くように感じたので、状況によってはMFと使い分けた方が撮影がスムーズに行えるかと思います。


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


夕方の公園での一枚。風に流される噴水に西日が当たりキラキラと輝いていました。絞り開放での撮影だったのですが、細かな水滴まで鮮明に捉えてくれました。


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


Carl Zeiss Batis 85mm F1.8


『Carl Zeiss Batis 85mm F1.8』は開放から高い解像力と濃厚な発色とボケ味を見せてくれるとても魅力的な一本でした。本レンズの持つ美しいコントラスト表現はただ強い色を塗ったような類ではなく、まるで油絵のように何層にも色を重ねて生まれる色のような深さと厚みを感じる発色です。そしてレビューとしては曖昧すぎる表現かもしれませんが、なんかこのレンズの画は雰囲気があるんです。毎回様々なレンズを試写で使わせてもらっていますが、シャープやボケなどでは言い表せられない1枚の写真として見たときの印象が他のレンズとは何か違うんですよね。これがZeissレンズの魔力かもしれません。
今回『Carl Zeiss Batis 85mm F1.8』を使用してみて改めてZeissレンズは良いものだなと感じました。高性能はもちろんですが「このレンズじゃないと撮れない」と思わせる独特の画作りをしてくれるレンズです。最新のSonnarは最高のSonnarと呼べる一本です。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:106票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 493:進化するNIKKORレンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』 2018年10月04日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S 今回のKasyapaでは、大注目のフルサイズミラーレス『Nikon Z7』と共に発売された単焦点レンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』をご紹介いたします。 ナノクリスタルコートが施されていることをはじめ、高い品質基準をクリアしたレンズにのみ与えられる「S-Line」という称号。本レンズは現在3本ある...
続きを読む
Canon EF-M32mm F1.4 STM 492:コンパクトなだけじゃない『Canon EF-M32mm F1.4 STM』 2018年09月25日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM Canon EF-M32mm F1.4 STM 今回のKasyapaでは、EF-Mレンズとしては初となるF1.4の明るさを持つレンズ『Canon EF-M32mm F1.4 STM』をご紹介いたします。 「F1.4」と聞くと、多くの方が「大きくて重いレンズ」を想像されることでしょう。しかし本レンズは重量僅か235g、全長56.5mm、そして極め付けには6万円に収まるリーズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |